普通選挙

社会

普通選挙

ふつうせんきょ

1925年加藤高明内閣のときに実現される。一般に「普通選挙」と「制限選挙」の違いは、納税額の多寡により選挙権を与えるか否かで区別される。女子にも選挙権が認められるのは戦後になってから。