スマートフォン用の表示で見る

宝塚大劇場

アート

宝塚大劇場

たからづかだいげきじょう

兵庫県宝塚市にある宝塚歌劇団専用劇場。

現在の宝塚大劇場1993年星組公演「宝寿頌」「PARFUM DE PARIS」で杮落としされた。

スペインのお城をイメージして作られており、シャンデリアに赤い絨毯、ロビーにはグランドピアノと乙女の憧れをつめたような建築物である。音楽は生演奏、ライトの数は日本一(多分)ととにかくきらびやかな劇場である。劇場内に稽古場を併設しており、団員はここでお稽古をする。

大階段・銀橋宝塚の代名詞の一つ。

最大収容人数2527人。

通常料金*1

  • S席(1425席)7500円(4000円)
  • A席(873席)5500円(3000円)
  • B席(229席)3500円(2500円)
  • 立ち見2500円*2

劇場内カフェテリア「フルール」のたこ焼きは名物。

7つの飲食店、6つの土産物屋、郵便局宝塚グッツ販売店、ミュージアム、バウホールを兼ね備えた一大施設。

阪急・JR「宝塚駅」より徒歩10分。

周辺には花の道、セルカ、ソリオなどのショッピングモールがある。

ファミリーランドがあった頃は歌劇のチケットでファミリーランドに入園できた。

銀橋のスペースを狭くしてSS席を作る計画アリ。

旧大劇場

1924年に3000席を擁する大衆劇場として建設。1992年雪組公演「忠臣蔵」でその幕を閉じた。

客席は3階まであり、3階席はかなり身を乗り出さないと銀橋が見えないなど、欠点も多かったが、その分値段は良心的だった。

ファミリーランド内にあり、歌劇のチケットを持っていてもランドのチケットを買わねばならなかった。

*1新人公演は()の値段。TCAスペシャルはこれより高い

*2:ただし立ち見は座席完売時しか販売されない