スマートフォン用の表示で見る

立秋

一般

立秋

りっしゅう

立秋

二十四節気の一つ。旧暦七月(文月)の節気。

二十四節気 : 大暑→立秋→処暑

初めて秋の気配が現われて来る頃。毎年8月7〜8日頃。

天文学的には、太陽が黄経135度の点を通過する瞬間。黄道十二宮では獅子宮(しし座)の15度。この日から暦の上では秋になるが、実際には残暑が厳しく、一年で最も暑い時期である。この日から「暑中見舞い」ではなく「残暑見舞い」を出すことになる。高校野球が始まる時期でもある。

立秋をうたう詩

秋來ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかされぬる 藤原敏行

木の間よりもりくる月の影見れば心づくしの秋は來にけり よみ人しらず(『古今和歌集』)