梁塵秘抄

音楽

梁塵秘抄

りょうじんひしょう

中世の大衆歌謡集。平安中期ころに発生し、後白河法皇もこれに熱中し、撰者になって編纂されたのが本作。

当時の世相を風刺する歌もあれば、現代でも通用するような粋な歌もある。