スマートフォン用の表示で見る

林羅山

読書

林羅山

はやしらざん

天正11年(1583年)〜明暦3年1月23日(1657年3月7日)

日本の江戸時代初期の学者。羅山は号で、諱は信勝。字は子信。通称は又三郎。出家した後の号の道春の名でも知られる。京都出身

朱子学派の儒学者として活躍し、初期の江戸幕府の土台作りに大きく関わった。