臨界

サイエンス

臨界

りんかい

核燃料物質に核分裂性物質の量・形状・中性子に対する条件が整うと起こる核分裂連鎖反応が継続している状態。

原子炉においては、制御棒等で中性子数を制御しており、制御棒を徐々に引き抜いて連鎖反応が維持される状態。通常、核燃料施設では、この状態を回避するために核燃料物質の取扱い量を制御する臨界管理が行われている。