スマートフォン用の表示で見る

IRA

一般

IRA

あいあーるえー

Irish Republican Army(アイルランド共和軍)の略。一般にProvisional IRAアイルランド共和軍暫定派)のこと。

カトリック過激派武装組織。イギリスからみるとテロ組織*1民族主義ゲリラ集団。北アイルランドおよびイングランドで数々の爆弾事件、銃撃事件、誘拐事件などを行なってきた。政治部門はシン・フェイン党


イギリス植民地だったアイルランドが独立する過程で「イギリスの一部」として残された北アイルランドアイルランド共和国と統合し、統一アイルランドを実現させることを目指す。なお、「北アイルランドの独立を目指す」という説明は誤りである*2


IRAという名称は1920年ごろに使われ始めているが、「北アイルランド紛争」で「IRA」と呼ばれるのは、“本家”のIRAから1969年に分派した「暫定派 (Provisional IRA: PIRA)」のことである。暫定派からは、1986年に「継続派 (Continuity IRA: CIRA)」が、1997年か98年に「真のIRA (Real IRA: RIRA)」が分派している。


暫定派 (PIRA: いわゆる「IRA」) は2005年に「武装闘争」の終結を宣言し、保有していた武器・爆薬などを無能力化し、以降は武力活動は行なっていない。


継続派(CIRA) と真のIRA (RIRA) は停戦の宣言すらしておらず、武器なども保持したままである。組織の規模は非常に小さいと見られているが、2009年3月、RIRAが北アイルランドアントリム州にある英軍基地の入り口で兵士2名を銃撃し死亡させ、CIRAがアーマー州クレイガヴォンで警官1名を銃撃し死亡させるという事件が発生、両組織とも声明でその襲撃を認めている。


参考になる書籍

北アイルランド紛争の歴史

北アイルランド紛争の歴史

IRA(アイルランド共和国軍)―アイルランドのナショナリズム

IRA(アイルランド共和国軍)―アイルランドのナショナリズム

大英帝国のなかの「反乱」―アイルランドのフィーニアンたち

大英帝国のなかの「反乱」―アイルランドのフィーニアンたち

アイルランド紛争 (世界差別問題叢書) (世界差別問題叢書 10)

アイルランド紛争 (世界差別問題叢書) (世界差別問題叢書 10)

異邦のふるさと「アイルランド」―国境を越えて

異邦のふるさと「アイルランド」―国境を越えて

The Ira

The Ira

Behind the Mask

Behind the Mask


関連動画

D

※映像の末尾にCIRAのグラフィティが入っているので、PIRAではなくCIRAの宣伝映像と思われる(詳細は確認できない)。


D

IRAの歴史的記録映像/宣伝映像。1916年のイースター蜂起、1921年アングロアイリッシュ条約の次にあったアイルランド内戦を飛ばして(非常に大雑把かつ乱暴に言って、この「内戦」はナショナリスト史観では「なかったもの」とされがちである)、「北アイルランド」をイシューとし、1969年のOfficialsとProvisionalsの分裂は飛ばしている。映像はその後、1980年代まで (CIRA, RIRAの分裂前なので、自動的に、PIRAについての内容となる)。いつ制作された映像なのかが不明なので微妙なところだが、資料映像としては貴重。ナレーションはプロパガンダ


D

1990年はじめの英国のニュース。検問所にIRA (PIRA) の「人間爆弾」の攻撃があったときのもの。2:00のあたりでインタビューに応じている男性は、当時ナショナリスト第一党だったSDLPという政党アイリッシュナショナリズム政党だが、暴力を完全に否定していた)の英国下院議員


D

※劇映画の一部。フィクションであって記録映像ではない。


D

※2008年5月、Real IRAによるブービートラップ攻撃(標的は警察)のときのベルファストテレグラフのニュース映像。(Real IRAによるものであり、いわゆる「IRA」によるものではない。)


D

※英民放ITV北アイルランド地方局UTVのニュース。1994年、ベルファスト市内で英軍を標的とした攻撃が行なわれたときのもの。詳細はこちら(英文)


*1イギリスの「テロ法」で「特定テロ組織」に指定されている。

*2:「アイルランドでもイギリスでもない独立国家としての北アイルランド」を目指した勢力は、プロテスタント側に存在。