スマートフォン用の表示で見る

NSX

一般

NSX

えぬえすえっくす

1990年に発売されたホンダの初のスーパーカー

初代(1990年発売)

車体はアルミで出来ておりこのクラスでは重量が1.3トンと抜きん出て軽い。エンジンはV6の3リッターNAエンジン、DOHCのVTECで280馬力を出力。トルクは最大30kg-mを発生。これを横置きミッドシップレイアウトとする。

2005年生産終了。

初代生産終了後

新型のスポーツカーの開発が進められているというが、NSXという名が残るかどうかは不明であった。

本格的スポーツモデルNSXの生産を終了―後継モデルとなる新たなスポーツカーを開発中―

当初はFRレイアウトアキュラブランドの日本導入とともに投入されるのではと噂されたが、リーマンショックアキュラ日本導入白紙とともに開発凍結。スーパーGT・GT500にて2010年からHSV-010として投入されるにとどまる。

2代目NSX

モデルはMRレイアウトハイブリッドマシンであり、アメリカを拠点として開発が進められた。

2015年1月にデトロイトショーにて初公開。その際に2015年後半に北米での発売としたが、延期。

NSXの歴史

1989年2月シカゴオートショーにてミッドシップスポーツカープロトタイプ「NS-X」を発表。
1989年10月東京モーターショーに「NS-X」を出展
1990年8月アメリカにてアキュラNSX販売開始。
1990年9月日本にてNSXを発表。
1992年11月ピュアスポーツモデルNSX-Rを追加。ホンダ伝統の赤バッジモデル。
1993年2月マイナーチェンジ(助手席SRSエアバッグ採用など装備の充実)。
1994年2月マイナーチェンジ(前16/後17インチタイヤ、強化ブレーキパッド採用)。
1995年3月マイナーチェンジ(電子制御スロットルDBW、Fマチック採用、NSXタイプTを追加)。
1997年2月マイナーチェンジ(MTモデルを3.2L化、最大トルク31kg-mに、6速MT採用、NSXタイプS ZEROを追加)。
1999年9月マイナーチェンジ(低排出ガス化、装備の充実)。
2001年12月マイナーチェンジ(4灯プロジェクターヘッドライト採用、フロントグリル形状一新、前後17インチタイヤ採用)。
2002年5月新型NSX-Rを追加。
2003年10月マイナーチェンジ(イモビライザーの追加、新色追加)。
2005年2月NSX-R GTを発表。スーパーGT参加のホモロゲーション取得用モデル。5000万円。
2005年7月2005年12月末の生産中止が決定。
2015年1月北米国際モーターショーにて2代目モデルが初公開。