スマートフォン用の表示で見る

SIMロック

SIMカードと呼ばれるICカード携帯電話会社がロックをかける状態。

概要

SIMカードとは、携帯電話会社が発行するカードで、電話番号などの契約者情報を記録したもの。これをロックすることによって、携帯電話会社にも、ユーザーにもメリットがもたらされていたが、世界標準とかけ離れた日本独自の制度であった。この制度により、日本のSIMカードそのものも海外標準規格とは程遠いものとなった。

近年は日本でもMVNOSIMフリーの海外製スマートフォンを購入できる機械が増えたため、以前よりは柔軟となった。

メリット

携帯電話会社のメリット
  • 携帯電話用のSIMカード特定のキャリアでしか使えないようにして顧客を囲い込む仕組みで、これがあるとキャリア側は通話契約料で利益を上げることができた。
ユーザーのメリット
  • その利益により、キャリアが販売奨励金を出して端末が1円で売られるという特殊な現象が日本では起こっていた。

SIMロックのデメリット

SIMロックとは携帯電話用のSIMカード特定のキャリアでしか使えないようにして顧客を囲い込む仕組みと同義であると言え、これについては

  1. 「競争を阻害し、キャリアのメーカー支配を強めている」という批判が強い。
  2. キャリアが全量買い取って代理店に卸し、販売奨励金を出して「1円端末」を売る特殊な商慣行とともに携帯電話の「ガラパゴス化」をもたらしている。
    • 特に2.に関しては、日本は大きな経済的損失を被った。

関連語:SIMロックフリーSIMロック解除

SIMロック
目次