スマートフォン用の表示で見る

n95

コンピュータ

N95

えぬきゅーごー

X02NK

N95は、Nシリーズのフラッグシップとなるモデルで、500万画素カメラやGPS機能など最新のスペックを持っている。対応する通信方式はW-CDMAGSMで、ノキアとしては初めてのHSDPAにも対応している。発売は2007年第1四半期の予定で、欧州の販売価格は550ユーロ(約8万円)となっている。

スライド型のデザインを採用して、ボタン部が上下両方にスライドする「デュアルスライド」型を採用する。下にスライドさせると数字ボタンが、上にスライドさせると音楽再生時に利用するボタンが現われ、画面の縦横が切り替わり、カーソルボタン部が右側にある横長スタイルでも利用できる。

N95の通常の状態。カーソルボタンなどは常に露出する、スライド式のデザイン ボタン側を下にスライドさせた状態。数字ボタンが現れる ボタン側を上にスライドさせると、音楽再生ボタンが現れる。画面表示も横に切り替わる

本体サイズは99×53×19〜21mmで重さは120g。実際に手に持ってみると日本のハイエンドケータイより小さく感じられる。その一方で画面は2.6インチのQVGA液晶を搭載し、日本のハイエンドケータイ並もしくはそれ以上の大きさとなっている。

カメラは500万画素で、オートフォーカスに対応したカールツァイス製のレンズを採用し、最大で2,592×1,944ドットの静止画を撮影できる。光学ズームや静止画手ぶれ補正には対応しないが、ソフトウェア処理による動画手ぶれ補正機能がある。

ノキア端末としては初めてGPS機能を搭載し、ノキアでは、このGPSを利用したナビゲーションサービスも提供する。GPS機能の仕様は公開され、サードパーティーがこのGPS機能を利用したサービスを提供することも可能となっている。GPS機能の詳細は、別記事にて紹介する。

ネット関連としては、従来のノキア端末同様に、フルブラウザやPOP対応のメーラーなど、インターネットの標準規格に対応したアプリケーションを搭載する。Atomプロトコルで写真画像をアップロードする機能があり、写真撮影時のメニューには、標準で写真共有サービスFlickrへのアップロードリンクが用意されている。Flickr以外にも、Atomに対応したサービスであれば、アップロードリンクを追加することが可能となっている。

マルチメディア機能としては、各種フォーマットに対応した音楽再生機能を搭載する。前述の音楽再生用ボタンや3.5mm径のステレオミニプラグなど、ミュージックプレーヤーとしての機能も充実している。「Visual Radio」に対応したFMラジオステレオスピーカーも搭載する。動画機能としては、MPEG-4の再生に対応し、テレビに本体の画面を出力する機能も搭載している。

OSSeries 60 3rd Edition, Feature Pack3.1で、同プラットフォームに対応する各種ソフトウェアを利用できる。OfficeのファイルやPDFファイルの閲覧アプリやPIMアプリなども搭載している。

通信方式としては、W-CDMAGSMに加え、無線LAN802.11b/g)やBluetooth赤外線通信、USB2.0に対応する。対応メモリカードはmicroSDカード。連続待受時間は215時間で、連続通話時間は160分(W-CDMA時)。