4310

2010-02-08 撮影:玉井正夫

[][]『大大阪観光』(1937年)

D

玉井正夫さんがまだJ.O.スタヂオに在籍していた頃ですか。

甲高いナレーション……浜村淳さんかと思いました(笑)


大阪市交通局DVD発売中!(ちょっと欲しい…)

http://www.kotsu.city.osaka.jp/news/news/h20/showa_retro_dvd1.html

本も出てました。

2007-01-07 白カビさんでVHSテープ危うし!

shimizu43102007-01-07

[][]10人のCMディレクターによる「モラル」(1992)

TBS深夜番組『大帝国劇場』内の1コーナー。

番組本体は桑原茂一さん人脈のシュールコントでしたが、

(参考サイト【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイト」)

電通古川裕也CD企画に名を連ねていて

ポカリスエット番組CM連続テレビ広告『純白の家』」

を挟んだりしていました。

(迷曲『ピエールとカトリーヌ』もこのコンビの作品でした…)


で、「モラル」は一回約5分のシリーズですが

今見てもゼイタクなメンバー

本田昌広の場合」ホテトル嬢の職業倫理

出演:南理香 撮影:猪瀬雅久


今村直樹の場合」介護される夫の性欲

出演:山内明・丹阿弥谷津子 撮影:猪瀬雅久


黒田秀樹の場合」エレベーター〜着衣の社会

出演:鶴間東・小松美幸 撮影:小林


「瓦林智の場合」雀卓を囲むおまわりさん

出演:制服警官4人 撮影:小林


「関谷宗介の場合」亡き母について語る

出演:関谷一家 撮影:清家正信


山内健司の場合」殺人カニバリズム

出演:長塚京三・田井順三 撮影:清家正信


中島哲也の場合」マニアな夫との性生活

出演:中村基子・土手内潤 撮影:阿藤正一


加藤良一の場合」お金を燃やせ!

出演:十貫寺梅軒・鈴木珠水・平山慶子・大久保鷹・ギリヤーク尼ケ崎

撮影・美術音楽加藤良一


前田良輔の場合」恋人たちHIV検査

出演:桐島かれん吹越満 撮影:山口俊夫


結城臣雄の場合」喪服で生まれ変わる女

出演:永島暎子・中村有志 撮影:清家正信


(参考サイトノイズハッシンゲン」no title

監督の持ち味が存分に発揮されていて、どれも見応え十分。

瓦林さんはワンカット、山内さんは演劇加藤さんはアングラ

中島さんはエロい黒田さんはメガネが『リゲイン』ぽく光る(笑)

しかも1992年当時はデジタルビデオなんてないし、

ハイビジョンは中継車から長〜いケーブルを引っ張ってたような時代。

という事情から深夜のミニコーナーにも拘わらず

かなりの作品がフィルムで撮影されています。

予算を考えると制作ENGINE FILMさんはさぞ大変だったことでしょう!

でもその甲斐あってか(?) 15年後の今見ても面白いです。

後年の類似企画『24人の加×あ×』の余興感覚とは比較にならないほど

しっかりした「作品」になっていました!

今からでもぜひ二次利用(再放送とかソフト化とか)を…!


本田昌広監督作品(『チャーシュー麺』)

好き [DVD]

好き [DVD]

今村直樹監督作品

Say Hello! あのこによろしく。 [DVD]

Say Hello! あのこによろしく。 [DVD]

黒田秀樹監督作品(『ドッグフードメーカーCM』)

■瓦林智監督の本

瓦林智の仕事と周辺 (Director and Designer SCAN)

瓦林智の仕事と周辺 (Director and Designer SCAN)

山内健司監督の本(2002年春の特別編『マンホール』のノベライズ

中島哲也監督作品

加藤良一監督作詞のあの歌

前田良輔監督作品

真心 [DVD]

真心 [DVD]

2007-01-03 1月3日のサンタクロース

shimizu43102007-01-03

[][]サントリー サスケ(1984)

YouTube

・雷鳴と共に「サスケ」ロゴ

・夜、時代劇風の街並を走る人影

・剣を構える少女忍者

・怪獣と格闘する忍者、両手で持ち上げる

・交番の電話がジリリン ジリリン…

 警官二人「何?サスケ?」

・街並を走る馬

・忍者、大蝦蟇の上で自来也風のポーズ

・教会の電話がジリリン ジリリン…

 ガイジン神父「ナニ?サスケ?」

・仏像の脇に立つ忍者

・グラスに注ぐシズル(ここだけカラー)

・ズームバック、並んだボトル

ナレーション

「コーラの前を横切るヤツ。

 冒険活劇飲料サスケ、新登場。」

・字幕「つづく」

「冒険活劇飲料」というフレーズだけを我々の心に刻み込んで

一瞬のうちに消え去った伝説の清涼飲料。

この演出はパッと見だと林海象さんを連想しますが、

(『夢みるように眠りたい [DVD]』は森達也さん降板の頃?)

調べてみると↓川崎徹さんだったんですね〜。

サスケ (清涼飲料) - Wikipedia

キャストが仙道敦子さんというのも知らなかったなあ。

多分その頃、彼女は劇団ひまわりの宣伝ポスターにも出ていて

「ノンちゃん、波に乗る」というコピーが付いてたのを思い出しました。


ところで「サスケ」と共に忘れられないカルトCM

[][]チェリオ スイートキッス(1982)

スイートキッス - YouTube

♪(ゲルニカ『銀輪は唄う』)

 夢を語ろう 二人の未来

 君はあの夢 僕はこの夢…

ナレーション「健全な青少年にですな、スイートキッス。」

Chu!

ゲルニカ:リライティング・ヒストリー 1982 1989 [DVD]

ゲルニカ:リライティング・ヒストリー 1982 1989 [DVD]

この二人(戸川純さん+上野耕路さん)が

いきなりテレビに出てきた時の「場違いな感じ」を

思い出しました(笑)

同様のケースとして

・『600こちら情報部』の特集「'80春 テクノ・ポップって何?」

 (P-MODEL、ヒカシュー、プラスチックス/1980年1月らしい)

YouTube

YouTube

YouTube

(↑ビデオに録った方がいらっしゃったとは……エライ!)

・『8時だヨ!全員集合』のコントの直後に

 チャクラの「福の種」(やっぱり1980年頃)

・『幾山河は越えたれど−昭和のこころ 古賀政男』(1979)で

 渥美清さんの前で「丘を越えて」を熱唱する矢野顕子さん

(渥美ちゃんのニコリともしない表情が余計に笑いを誘います)

を挙げさせていただきます。


おや、「スイートキッス」はまだ現役ですか??

no title

mochi-mmochi-m 2007/01/03 20:44 先日(といっても去年か)は、イメリン忘年会でお目にかかれず残念でした。参加してないと、出席者のブログのタイトルがなぜ「王の帰還」で統一されているのか「?」だと思います。う〜ん、残念でしたー。
あのビデオは、コツコツとエアチェックしたものです(ということにしといて!)仙道敦子は、「鬼龍院花子の生涯」「白蛇抄」などで天才子役と騒がれていた頃ですね。特に「白蛇抄」ではブラウスが雨に濡れてスケる場面があり、そのスジのシュミ人の間では爆発的な話題を集めました。当時の合言葉は、「ルミ子より敦子!」でしたね。今年もよろしくお願いいたします。

43104310 2007/01/03 21:19 年末はお伺いできず失礼致しました。今年も宜しくお願い申し上げます。
仙道敦子さんの『白蛇抄』の噂はかねがね……未見ですので今度(ってそのスジか!)
妥当なところでは唐十郎さん作の『匂いガラス』(1986)とか思い出します。

mochi-mmochi-m 2007/01/03 21:40 「王の帰還」の王サマも、かなりそのスジの人らしくて、2次会のオモニ食堂でちょっと話を合わせたら(山添みずきの話題とか)、同類を見つけたのかのようにその手の話題ばかり盛んに振られて、かなり閉口しました。

43104310 2007/01/03 23:02 王様とは面識がございませんのですが、山添みづきさんは年女のようです(驚)

kananokanano 2007/01/05 00:17  『冒険活劇飲料サスケ』  懐かしかったです。はずかしながら、ガマと怪獣を作ってました。 映像は面白かったけど、名前のせいかキワモノ扱い?ですが、映像の方がレトロ方向に冒険してたと思ったんだけど。
という訳で今年もよろしくお願い致します。

43104310 2007/01/05 17:19 kananoさま…
なんと!ガマと怪獣を製作されましたか!!
『冒険活劇飲料サスケ』は20年ぶりに再見したのですが、いま見ても十分面白かったです。味は覚えていないのですがボトルはしばらく保存していた記憶があります(笑)
件のビデオには川崎徹さんの他に、李泰栄さんや市川準さんの初期作品も入っておりまして、いまのCMとはちょっと違うエネルギーが感じられて、懐かしさに留まらない面白さがありました。

mochi-mmochi-m 2007/01/07 09:46 関谷宗介作品に注目しなきゃダメですよ。「ダメ! いま降りちゃ!!」 ♪若さゆえ〜(ジャガーズですぜ)「エメラルドの伝説」編なんて、オンエアされてないボツ作品なんだから!!
風間杜夫と平田満は、これがCM初出演のはず(って、いつのハナシだ!?)。たこ八郎が泣けますね。亜子が煙草をふかしてるシーンは、現在ならオンエア不能でしょう。日立インターフェイス「風のいろ」編でチラッと出てくる和服の女性は余貴美子さんですよ。もちろん、CM初出演。ライオン企業広告の風吹ジュンさん、美しいわー。このCMも現在ではオンエアできないかも。井上陽水のサントリー角瓶は、ジャームッシュの影響を浮けてますね。石原真理子やショーケンのも、いまとなっては笑うしかない。あー、YOU TUBEにアップしたいなー。

43104310 2007/01/07 17:52 あ〜、関谷さんでしたか。なるほど。おかげで「10人のCMディレクターによるモラル」(1992)を思い出してしまいました(→1月7日の日記につづく!)
ところで昨日たまたま亜湖さんのHPを発見しました。現在は闘病されているそうです…。
http://www.geocities.jp/acodna/index.html

2006-11-23 法華の太鼓?

shimizu43102006-11-23

[][]どろろの唄

D

どろろの唄

作詞鈴木良武 作曲:富田勲 唄:藤田淑子

♪ホゲホゲタラタラ ホゲタラポン

 ホゲホゲタラタラ ホゲタラピー

 ポケポケざむらい ヘーラヘーラ

 トロトロざむらい ヘーラヘーラ

 ヘロヘロざむらい ヘンラヘラ

 メロメロざむらい ヘンラヘラ

 赤い夕日に 照り映えて

 燃える鎧に 燃える馬

 天下目指して 突き進む…

 とぼけちゃいけねえ 知ってるぜ〜

 お前らみ〜んな ホゲタラだ〜

 ホゲホゲタラタラ ホゲタラポーン!


 ホゲホゲタラタラ ホゲタラポン

 ホゲホゲタラタラ ホゲタラピー

 プニョプニョ ホゲタラ ヘーラヘーラ

 ホキャホキャ ホゲタラ ヘーラヘーラ

 ビョロビョロ ホゲタラ ヘンラヘラ

 ヘロヘロ ホゲタラ ヘンラヘラ

 青く 果てない 空の下

 茨の道を 踏み越えて

 これも世のため 人のため…

 とぼけちゃいけねえ 知ってるぜ〜

 お前らみ〜んな ホゲタラだ〜

 ホゲホゲタラタラ ホゲタラポーン!

…このくらい無意味だといいなあ。

mochi-mmochi-m 2006/11/23 06:25 もっとデタラメな映像の「どろろ」版OPのビデオを持ってますけど、YOU TUBEへのアップのやり方がワカラン。
塩田明彦監督版の試写も見てきましたが、終了後の感想は「………」でした(号泣)。
顔をあわせた知り合いと、「いや、でも『あずみ』よりはいいじゃん!」「『陰陽師』よりは…」「『戦国自衛隊1549』よりは…」「『ゲド戦記』よりは…」「『着信アリ Final』よりは…」「『バルトの楽園』よりは…」「『東京フレンズ The Movie』よりは…」
というわけで、必見です!!!!

43104310 2006/11/23 22:28 『あずみ』以外は今のところ回避しております(笑)
試写に行かれた皆さんが「………」では宣伝にならない気もしますが、
ステキなサプライズでもあるのかなーと誤解して(!)楽しみにとっときます。
どうせなら主題歌もミスチルよりこっちにして、鈴木良武さん(またの名を五武冬史さん)に印税が振り込まれてほしかったです。
ちなみに鈴木良”紀”さんはまたの名を砂本量さんでした。追悼…。

mochi-mmochi-m 2006/11/24 01:33 いや、でも結構、頑張ってもいるんですよ。アブナイ映画がメジャー系では作られなくなった昨今、なんとかヤバい映画をという塩田監督の想いは痛いほど伝わってきました。
これがコケたら、ますます映画の企画の幅が狭くなるだろうから、なんとかソコソコの線までいっていただきたいと切に願います。妻夫木と柴咲、結婚しろよー。

saitoooooooosaitoooooooo 2006/11/24 13:12 この唄、だいすきです!
足立ケーブルで最近はじめて見て聴いて、『スゲーーー』とうなりました。
本編より唄のほうに!

43104310 2006/11/25 00:28 mochi-mさま…
なるほど「メジャー系でのヤバい映画」ですか。ある種の”怨念”が込めてあれば案外成立するんじゃないかと思ったりしておりますが(お父さん版バトロワとか)、『どろろ』にどんな”怨念”を込めて企画されたのか興味津々です。「いや、そもそも込めてない」ってのはナシですよね、ね??
ちなみに今週は「亀井文夫の金曜スペシャル」こと『人間みな兄弟』のあこぎな演出姿勢にノックアウトされました(笑)

saitooooooooさま…
足立ケーブルに拍手!やっぱり本編より唄ですよね(笑)
ちなみに手塚先生が「水木先生へのライバル心だけで描いた」と評判の原作(秋田漫画文庫/全4巻)は、残酷ネタ×手塚まんまるキャラのミスマッチがオススメです。

2006-11-03 おだいじに…

shimizu43102006-11-03

[]ザ・ドリフターズ ビートルズ来日公演前座

D