Hatena::ブログ(Diary)

茶懐石料理教室 FLUSH

2018-08-10 茶懐石・向付・鱧湯引き

ハモ湯引き2018-8-10

本日「茶懐石」講座は初夏から晩夏の味噌汁をテーマに、4種の椀種と吸口を実習し、八丁味噌西京味噌を合わせる加減などもお伝えした。お茶事の参考にして頂けるようなら嬉しく思う。

写真の向付、鱧湯引き、午前のクラスは包丁使いが良くて美味しく仕上がった。夕刻のクラスは、もう少し練習が必要で今後の課題としたい。

焼き物の鯖味噌焼きの後は、素麺南瓜の和え物で後味がスッキリとした。箸洗いは鱧の笛、八寸は蒸し鮑と青唐辛子をお楽しみ頂いた。

午前と午後、どちらのクラスもおしゃべりしながら、反省点も見つかり、楽しい時間をご一緒させて頂き、心から感謝。では、皆さま楽しい夏休みを!来週まで、ごきげんよう〜。

`食`の講座  FLUSH http://www.gix.or.jp/~tea-fan/ http://www.facebook.com/takako91

2018-08-09 茶懐石・八月の八寸・鮑

アワビ・2018-8-9

今朝は鮮魚店青果店他を回って講座食材を揃え、千種へ戻って、配達して頂いたアワビ、サバ他をさばいて茶懐石講座の準備をした。

明日は夏ならではの食材を使って、涼しげなお席で浴衣会をお楽しみ頂くような提案をしますね。それと夏の味噌汁をテーマに、複数の実習を予定しています。

写真のアワビは八寸の為に醤油漬けにしました、お楽しみに。では、また明日!

`食`の講座  FLUSH http://www.gix.or.jp/~tea-fan/ http://www.facebook.com/takako91

2018-08-08 夏に爽やか、フレッシュハーブティー

フレッシュハーブティー・ミント・レモ

先週末にふらっと立ち寄った初めてのお店、うなぎ専門店で定食を注文し、うな丼、うざく、うまき卵、吸い物を味わった。どれもサッパリとした個性的なお味で、うざくは美味しいと思った。

うなぎは焼き方と、タレの味にお好みがあるようで、今月「季節の和食」講座で提案しようかと、色々迷う。白焼きの状態から、または捌いた生のうなぎを焼くことから、どちらがご自宅で調理して頂き易く、参考になるだろうか。もう少し考えたい。

写真はフレッシュハーブティーレモングラススペアミントの組み合わせは、スゥッと爽やか、真夏に最適。では、また明日!

`食`の講座  FLUSH http://www.gix.or.jp/~tea-fan/ http://www.facebook.com/takako91

2018-08-07 ふっくら、マサバ

マサバ2018-8-7

本日、お陰様でふっくらしたサバが届き「旬の魚料理」講座は、〆サバを笹寿司とおろし和えに、他は味噌煮と香味焼きを提案した。アラは勿論、アラ汁にしてお楽しみ頂いた。

サバは生姜と相性が良く、より美味しく感じられ、先日作った甘酢漬けを忘れずに添えた。

写真は太っている状態を強調した撮り方になったが、海の青色を連想する背の模様はキラキラと美しい。

そろそろ夕刻の講座が始まる時間、また明日!

`食`の講座  FLUSH http://www.gix.or.jp/~tea-fan/ http://www.facebook.com/takako91

2018-08-06 新設講座を載せてホームページを更新しました。

八寸・稚鮎有馬煮・夏野菜寒天寄せ2018

7月30日のブログhttp://d.hatena.ne.jp/takako91/20180730でお知らせしたように、ご受講システムを変えて「茶懐石・入門」と「旬の魚料理」に1回完結の個人レッスンを新設し、ホームページに載せました。

今まで伺った皆様のご意見を反映させたつもりで、1年ほど試してみたいと思います。

具体的には茶懐石基本ダシの取り方と季節の真薯、鯛のおろし方と昆布〆と向付の盛り付け。旬の魚料理はアジ、タイ、ヒラメをお選び頂けます。

テーマ別のご参加をご希望の方は、どうぞご覧下さい。

茶懐石http://www.gix.or.jp/~tea-fan/chakaiseki.html 

旬の魚料理にhttp://www.gix.or.jp/~tea-fan/sakana.html

明日「旬の魚料理」講座はサンマの入荷が芳しくなく、繰り上げてサバを実習予定です。〆サバをお寿司にしますよ、お楽しみに。

写真は7月の茶懐石・八寸、稚鮎有馬煮と夏野菜寒天寄せ。では、また明日!

`食`の講座  FLUSH http://www.gix.or.jp/~tea-fan/ http://www.facebook.com/takako91