Hatena::ブログ(Diary)

地下生活者の手遊び このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-09-30 敵は同じだったんだよ

売春が悪とされてきた本当の理由と非モテ童貞の真の敵


単純売春は禁止されていない

例えば僕が金持ち父さんで、とある♀とねんごろになり、しかもその♀に経済的な援助をしていたとしますにゃ。いわゆる愛人というやつにゃんね。これは少なくとも法的にはまったく問題にゃーよね、純粋に私的な関係での話ですにゃ。

警察権力というのは民事不介入が原則なので、私的な関係において性関係があるとか経済的に援助しているとかについては介入しにゃー。介入されたら困りものにゃんな。


で、この♂と♀の私的関係にゃんが、例えば僕がある♀にヒトメボレして、しかも向こうもまんざらではにゃーようで、デート誘ったらオッケーで、飯代もホテル代も僕がもって、しかも♀が経済的に困っているのを見かねてカネをだしたとしても、愛人のケースと同じようなものだよにゃ。法で禁止するような話ではにゃー。


性関係において金銭の授受があることそのものは単純売春などといわれるけれど、この単純売春を法的に禁止することはきわめてムツカシイ。親密な関係にある異性に金銭的な援助をすることを法的に禁止することなどできるわけはにゃーのだ。

というわけで、多くの自由主義諸国では単純売春を禁じる法律はにゃーわけだ。日本もその仲間。


売春防止法という法律で禁止され刑事罰の対象となっているのは、

  • 1. 売春勧誘(同法5条1号)
  • 2. 売春の周旋(同法6条1項)
  • 3. 売春をさせる契約(同法10条1項)
  • 4. 売春をさせる業(同法12条。俗にいう「管理売春」は、これに含まれる。)

などの売春を「助長」する行為である。


wikipedia:売春より


というわけで、「売春合法化」という主張を今の日本でするということは、勧誘・斡旋・売春をさせる業、などの合法化を主張するということになりますにゃ。


売春の何がいけないのか

売春は「被害者なき犯罪」の典型と言われますにゃ。


売春、賭博、麻薬、堕胎、ポルノ、自殺、不法移民、武器の所持などが典型例として挙げられる。シャーなどによれば「被害者がいないにもかかわらず、社会道徳的に悪であるから、あるいは社会的法益を侵害するからなどという理由により、これを処罰の対象としている国家が多い」との提起がなされた。そして、個人の自由を広く認める立場や、この類の活動の違法化は裏社会の温床となり、二次犯罪が多発して社会的被害が大きいとする立場から、これを非犯罪化ないし非刑罰化すべきである旨の主張がなされている。


wikipedia:被害者なき犯罪より


芸能ビザで入国させ、売春を強要するというような組織的強制売春が犯罪であることはいうまでもにゃーことだ。暴力団などの資金源になっているのはこれが大きいようですにゃ。日本がILO(国際労働機関)から人身売買について批判されたのは、この強制売春によるものでしたにゃー*1

参考:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-11/10_01.html


こうした強制売春の場合は、被害者がはっきりしているわけですにゃ。

しかしこれは売春そのものが悪いというわけではなく、他者を性奴隷として扱うことがダメだといえますにゃ。

売春を悪とする論者はいろいろと理由をあげるけど、それらのほとんどは売買春そのものが悪いということを論証することには成功していにゃーようだ。売春そのものが悪いということを論証したいのなら、

  • 教育を受け、経済的な余裕もあり、職業選択の実質的な自由がある♀が、自由意志に基づいて売春をすること

を禁止する理路をひねくりださなければならにゃー。


こうした事例を否定するためのロジックは主に2種類

  • A)道徳や公序良俗を個人の自由の上位に置く
  • B)性あるいは身体をニンゲンの尊厳の中核に置く

どちらも自由主義とは相性がよくにゃーんだな。


愚行権

加藤尚武「現代倫理学入門」講談社学術文庫P167によれば

自由主義の原則は、要約すると、

  • 1判断能力のある大人なら
  • 2自分の生命、身体、財産に関して
  • 3他人に危害を及ぼさないかぎり
  • 4たとえその決定が当人にとって不利益なことでも
  • 5自己決定の権限をもつ」となる。

ここで

3の原則を「他者危害原則」、4の原則を「愚行権」と言うのですにゃ。ここが自由主義のキモなんだにゃー。

他者の愚行(お馬鹿な行為)に対して、説得することはできても禁止することは「自由主義社会」ではできにゃーのさ。いったん「愚行」の禁止を認めてしまったら、公権力やら多数派の気に入らないあらゆる行為が「愚行」の名のもとに禁止されるのは明白なんだにゃー。自由主義の原則である私的自治を実効的なものにするためには、こういう考え方が必要になるわけですにゃ。


この自由主義の原則をあてはめると、売買春を禁止することは非常にムツカシイことになりますにゃ。

先ほどのAなんだけど、

道徳や公序良俗が法的な保護に値するということはわかるけれども、それらが個人の自由に優越するとカンタンに言えることではにゃー。また、売買春を禁止することこそいっそう不道徳な事態を招き公序良俗を乱しているという批判が、この主張にとってブーメランとなってくるわけですにゃ。

次に、Bの主張なんだけど、

これは一種の信仰告白なのではにゃーかと。1万歩くらいゆずって、仮に性・身体をニンゲンの尊厳の中核に置く考え方が万人にとって妥当なものだとして、ここで主張されているのは愚行をする権利でしてにゃ。「ええ、愚行ですがそれが何か?」というだけのことですよにゃ*2


売春が悪とされた本当のわけ

この話を細かくするとキリがにゃーので粗っぽくいきますにゃ。


ここではあまり突っ込む余裕はにゃーけど、キリスト教の異様なセックス嫌いというのがまずありますにゃ。創唱宗教というのはセックスに厳しいものだけれど、キリスト教のように体位まで指定して、正常位以外は罰したなどという神経症的な宗教は他ににゃーですね。

で、そういう穢れた行為であるセックスを正当化する唯一のものが「愛」だったわけですにゃ。ロマンティック・ラブ・イデオロギーにゃんね。日本は明治期にキリスト教的なロマンティック・ラブ・イデオロギーを輸入したので、こういう考え方が根付いてしまったという面がありますにゃ。


キリスト教における♀の伝統的なイメージというのは、「聖女」と「悪女(誘惑者)」の二極的なものですにゃ。聖女性というのは聖処女マリアとかジャンヌ・ダルクのイメージですよにゃ。一方、誘惑者というのは智慧の実を食べるようにアダムにそそのかしたエヴァのイメージですにゃ。性的にアクティブな♂というのは、キリスト教世界では近代以降のイメージであり、長らくは性的にアクティブかつ貪欲であるのは♀のほうだということになっていたのですにゃ。

で、あと述べるけど、この「性的にアクティブな♂」ってのが資本主義の原動力のひとつにゃんね。


ただ、売春を(正確には売春婦を)悪と見なす考えはキリスト教に特有のものともいえにゃーですね、儒教や仏教でもそういう見方はあるようですしにゃ。

共通項として父系の財産相続があると僕は考える。

バッハオーフェンが構想した母権制というのはどうやら夢想だったようだけれど*3、母系制というのは実際に結構あるようですにゃ。日本においても近代まで残っていたようにゃんね。

で、母系制の場合は財産相続が母系で行われる、つまり父親が誰かは財産承継において関係なくなるんですにゃ。だから、♀のセックスを管理する必要性が原則的になくなるんですにゃ。日本が江戸時代まではセックスについてはユルユルの社会だったのは、根強く残っていた母系制的感覚のおかげだという話もありましてにゃ。


とにもかくにも、父系で財産などの権利を承継するのであれば、♀の性を管理する必要があるってのは自明となりますにゃ。ガキの父親が誰かをはっきりさせにゃーと、この社会システムは成立しにゃーもんね。

というわけで、不特定多数の♂とセックスする♀は、それだけでこの社会システムを乱す悪役となってしまうわけですにゃ。


さらーに、♂側としては一夫一婦制においてこそ売春というシステムが必要だったという事情がありましてにゃ。

  • 父系のイエ相続のために、家長は妾をもつことを奨励までされた
  • 独身男性の性的欲求を満たす相手が必要だった

つまり、ガキをつくるためのスペアとか、独身♂の欲望を満たす相手として、「聖女」つまり母・妻・娘をもってくるわけにはいかにゃーわけだ。「聖女」のセックスはちゃんと管理しておかにゃーといけにゃーからね。ここに売春婦の必要性が出てくるわけですにゃ。


そのうえ、だ

不特定多数とセックスする存在をおとしめることは、その性をコントロールすべき母・妻・娘への効果的な恫喝となるんだにゃ。

「幼きにおいては父に従い、嫁いでは夫に従い、老いては子に従う」のでなければ、売春婦としておとしめるぞ、と。いつだって分割支配は有効なものですにゃ。


  • 聖化された母・妻・娘と、おとしめられた売春婦、この両者が♀のセックスをコントロールするためのシステムの車の両輪

ということですにゃ。うーん、にゃんとうまくできたシステム。

売春婦蔑視は、社会の必要性において作られたものですにゃ。



カネがなければセックスできません

さて、明治政府は夜ばいやらを禁止すると同時に、♀の経済的地位を奪うような政策を行いますにゃ。自分でカネを稼ぐことができなくなると、♀は♂に頼るしかなくなりますよにゃ。具体的には、貞淑な妻となるか売春婦となるかということですにゃ。

実際に江戸時代末期には離婚率は60%以上だったのに、明治になると離婚率が激減(10%台だったと記憶している、自信ないけど)したという話がありますにゃ。


♀に経済力があるということは、自分の好みの♂を適当にパクパクできるということを意味しますにゃ。♀に経済力がなければ、自分の好み以上に経済力を考慮して♂を選ぶ必要が出てくるわけですにゃー。


農村にも都市の長屋にも夜ばいシステムはあり、もちろん美少年がもてたということは間違いにゃーようだけど、それでも親切なおねえさんとかおばさんとかがいて、たいていの♂はちゃんと手ほどきを受けていたということらしいにゃ、明治以前は。

非モテ童貞なんていなかったわけ。


ところが、庶民の乱交を禁止して、♀の経済力を奪うとどういうことになるかというと、♀は自分の好みで好き勝手に♂をパクパクすることができなくなる。妻となるにしろ売春婦となるにしろ、カネのある♂以外は相手にできなくなるわけですにゃ。

というわけで、♂は♂で、働いてカネを稼がにゃーと、セックスすることができなくなっちゃたんですにゃー。にゃんてこったああああああああああ!


これがまた資本主義に都合がたいへんよろしいことは火を見るよりファイヤー。

江戸時代の町人は、月に数日しか働いてなかったというけど、最低限のメシが食えて、自立した♀とただでセックスできれば、それ以上働く必要なんてにゃーだろ? 僕なら働かにゃー(きっぱり

長屋では♀がガキ産んでも、誰の子かわかんにゃーのでみんなで世話してたって話だし、教育費だってそんなにかかんにゃーので、過剰に働く必要ナシ。


働かなければセックスもできにゃーようなクソ社会にしてしまったなんて、僕たちはご先祖様にどうおわびすればいいんだろか?


一身に属する権利

さて、話を戻しますにゃ。

経済的な自由がなければ、自由などは絵に描いた餅にすぎにゃー。だから、♀の経済的地位がまだまだ低いのに、売春の合法化とか自由化といってみても、それは抑圧にしかならにゃーといえますにゃ。経済的自由のないところに、性的な好みを選択する自由などはにゃーのだ。

そして、♀に性的な選択の自由がないとき、経済力のない♂もまた性的に疎外され抑圧されるということもまた明らかなのですにゃ。


しかし、だがしかし

だからといって、セックスと経済的な見返りを交換することそのものが否定されるわけではにゃーのだ。


専業主婦って何だ?

ガキを産んで育てることも含めた性的資源を夫に独占させ、そのかわりに経済的な見返りを求める存在だという見方は十分に成りたちますにゃ。♀に経済力がまったくにゃーとしたら、「夫の専属売春婦」あるいは「不特定多数の妻」あるいはその中間のどれかしか選ぶことができにゃーのだ。

では、経済力があったとして、性的な資源をパートナーに提供しつつ経済的な庇護をえることに問題があるかというと、べつにオッケーだよにゃ? 

ならば

性的資源を独占させるのはオッケーで、不特定多数はダメってどうよ?

長期リースはオッケーで、レンタルはダメってか?


  • 現代社会においては、自由な意志に基づく性的な選択は抑圧されている

というのは事実であっても、そこから

  • だから自発的意志の発露としての売春は存在しないので、禁止せよ

を導くことはできにゃー。

「社会がゆがんでいるので自由意志はありません」、という論法は成りたたにゃーんだ。


暫定的な結論

性差別と欲望で駆動する社会においては、結婚制度と売春制度・聖女と娼婦は相補的な関係にあり、そこでは自由な性の選択は抑圧される。しかし、売買春つまり性的資源と経済的資源との交換を否定するロジックは自由主義には存在しない。

恋愛の自由(含、恋愛しない自由)とは自らの性的資源の処分権であり、それは一身に属する権利ということができる。

一身に属する権利としての売春する権利があるからこそ、強制売春は決して認められない。

*1:売春合法化がこうしたタイプの強制売春を撲滅する特効薬になるとは思えにゃー

*2:「奴隷になるという愚行は認められるか」という話をだすとものすごくややこしくなるけど

*3:心理学的には母権制にもみるべきものはたくさんあると考えますけどにゃ

pankattepankatte 2008/09/30 17:40 非常に参考になりましたが、セックルを最も価値のある行為であると考える俺にとっては売春=セックルバーゲンセールとなるのが許せないのです。いっそ多夫多妻制なんてどうでしょうか?

pusherpusher 2008/09/30 20:17 一つ気にかかる点がありましたのでコメント致します。
純然たる自由意志から女性が売春を行うこと自体には一切異論ないのでありますが、それ故に売春がさも一般的な職業選択における一つの可能性として扱われることには強い抵抗を感じます。無論、愚行権として売春の権利を主張なさった様に、売春は一般に広く受け入れられる職ではないと示されている、ということは分かります。しかし、貴方の文を読むにあたり、「人には売春をする権利がある。故に(当人の自由意志によって行われる限り)、売春婦はれっきとした職業の一つである」と主張なさっているように思えるのです。私が反論したいのはこの点です。
売春は、比較的少ない労働量で多くの収入を期待出来る職業です。しかも、年齢・容姿などの問題さえクリア出来るのであれば、女性ならば誰でも容易に就きうる職業です。この様な選択肢が一般的に存在するならば、経済的に困窮した女性はその職に就くのが当然である、とされてしまうでしょう。その結果、経済的な問題からなんらかの社会的解決(破産、生活保護など)を求める女性が「福祉に頼るより先に身体を売れ」と強いられる、売春の自由を公に認めたあまりに実質的な強制売春が助長される、と言うことが起こるのではないかと危惧しております。
繰り返しますが、私は純然たる自由意志から女性が売春を行うこと自体には一切の異論はありません。しかしそれを公的に認めるというのであれば、最低限それを拒否するための根拠と成りうるものもまた同時に用意されるべきである、売春=合法とするならば同時に売春=愚行とその法で定義し、愚行であるが故に困窮した場合でもそれを選ばない権利を認める、などの対応が取られて然るべきと考えます。
以上拙い文ではありますが、ご考慮の足しにでもして頂ければ幸いです。

tukinohatukinoha 2008/09/30 20:45 >江戸時代末期には離婚率は60%以上だった
これはいくらなんでもありえないのでは?特に人口の大半を占める農村で、そう簡単に離婚が出来たとは思えないのですが……。同じ理由で
>働かなければセックスもできにゃーようなクソ社会にしてしまった
というのも暴論ではないかと。全国の年貢の半分を消費したという江戸を基準にして江戸時代を語るのは一面的な見方に過ぎません。
あと、夜這いの風習は地方だと大正くらいまで残っていましたよ。宮本常一の著作にその話が頻繁に出てきます。

とおりすがりとおりすがり 2008/09/30 21:39 離婚は結構簡単にしていたみたいですよ。農村でも人別帳が残っていますので、その辺のデータは調べれば結構出てきます。歴史人口学か何かの文献で見た気がしますが数値までは覚えていないので、興味があったら渉猟してみてはいかがでしょう。

売春合法化の結果として何が起こるかについては、AV女優の例と最近の成人向け雑誌のゾーニングが参考になるかもしれません。前者は地位が若干向上してきた感じがしますね。後者は……却ってゾーンギリギリのところを狙う雑誌が増えた気がします。

tukinohatukinoha 2008/09/30 22:36 たぶんですけど、60%なのは離婚率ではなく、再婚率じゃないですかね。全人口の半分以上が離婚しているっていうのは、ちょっと想像し難いものがあります。どんなに高くても10%以内でしょう。

EMANONEMANON 2008/09/30 23:05 強制売春を心配してる方がおられますが、問題の根源は過度な貧富の差や困窮であって売春の自由とは別のところにある。
現在だって経済的な理由で売春している人たちはた〜くさんいるわけだし…

闇で行われる管理売春はかなり悲惨なようですよ。
それよりも、ほぼ公然と行われているソープランドは、健康管理などもそれなりにちゃんとしている。

であれば、いっそ売春を悪とは考えず単なる職業の一つとすれば良いのですよ。
野球などのプロスポーツのように、稼げる時期はかなり限定されてしまいますけどね。

たくさん稼いでいる方には税金もちゃんと払ってもらう(笑)

munyuumunyuu 2008/09/30 23:29 売春を合法化すれば、売春を行わない女性の価値が上がるだけ。

tikani_nemuru_Mtikani_nemuru_M 2008/10/01 00:09 どもですにゃー>みにゃさま
本文でも断っているとおり、確かに記述がいろいろと粗いんでツッコミどころはそこかしこにあると思われますにゃ。すまにゃーこってす。

では個別に応答。
>pankatte
多夫多妻というと乱婚制ですよにゃ。個にゃん的にはぜんぜんおっけーなんだけど、いやがるヒトもたくさんいるでしょうにゃー。
婚姻制度は社会制度そのものという側面もあるわけで、複数の婚姻制度が並立する状態ってのもいらぬ緊張を強いられるかもしれにゃーですね。僕はいろいろあってもいいと思うけど。

>pusher
職業としての売春を否定するロジックを見たことがにゃーというだけのことですにゃ。売春を合法化・非罰化せよという主張は最近のフェミの主流みたいですしにゃ。
そもそも、売春は感情労働としても身体的にもそれなりの強度のあるキツイ労働だと思いますにゃ。マグロでは客はつかにゃーので商売にならにゃーです。つまり売春はそれなりの適性が要求される専門職であると僕は考えているわけですにゃ。
例えば、合法化して免許制にすることで、職業としての専門性を認知させていくということだっておかしくはにゃーでしょ? それに、現在だって生活保護を求めるものに「腎臓を売れ」とか「血を売れ」とかいったら公務員としては大問題のはずにゃんが。

>tukinoha
現段階では数字についてはソースを示すことができませんにゃ。確かどっかで見たデータ、以上のものではありませんにゃー。
ただ、江戸時代までの下層階級での婚姻は、そうとう適当だったみたいですにゃ。継がせるべき財産もなく、♀の経済的地位も高いとなれば、嫌な思いをして無理にいっしょにいる必要などにゃーわけです。

>とおりすがり
吉原の遊女の地位も低くはありませんでしたにゃ。
まあゴザもってうろうろしてたヨタカもいたけど。

>EMANON
売春は悪とされている、という前提で話をする方は多いですよにゃ。

>munyuu
日本の風俗においては、遊女よりシロウトのほうが価値があったと断言はできにゃーんだけどね。

deepbluedragondeepbluedragon 2008/10/01 01:16 う〜ん、ほとんど江戸時代ユートピア説っぽくて、小谷野敦あたりにぶっ叩かれそうな内容ですね。さすがに歴史認識が甘すぎかと。まあ、江戸時代に関しては暗黒説からユートピア説まであって私にも訳分からん観もあるのだが。

gonaigonai 2008/10/01 01:33 文藝春秋の「性的唯幻論序説」と同じ内容ですね。
納得いかない方は↑の新書を読んでから、各種ソースにアクセスするといいと思います。

istanbulingistanbuling 2008/10/01 06:50 感動すますた!

tikani_nemuru_Mtikani_nemuru_M 2008/10/01 11:22 コメさんくす ですにゃー>みにゃさま

>deepbluedragon
愛読書「カムイ伝」である僕としては、江戸時代はユートピアだと考えているわけではにゃーです。ただ、ある種の保守的言説に対して江戸を対置するのはそれなりに有効だとは考えておりますにゃ。
小谷野は「もてない男」一冊しか読んでにゃーのですが、まったく感心するところがなかったのでどうでもいい著述者ですにゃ。性に関する言説においては、小谷野本人のバイアスもそうとうに酷いのではにゃーでしょうか。
あと、小谷野はユングやエリアーデをオカルトよばわりしているその同じ口で、タバコについてのオカルト言説をまき散らしているのも気にくわにゃーですね。


>gonai
うん、たしかに岸田の性的唯幻論序説はおおいに参考にしていますにゃ。ちゅうか、いま性的唯幻論序説を見直してみたところ、自分で思っていたより多くをこの本の言説に依拠していることに気づいてびっくり。
ただ、岸田のさらにネタ本としてフロイトとかライヒがあるし、フェミの言説としても流通している内容だともいえると考えますにゃ。それに岸田は母系相続と愚行権には触れてなかったような・・・。


>istanbuling
さんきゅ

こまいぬこまいぬ 2008/10/01 12:19 とっても面白かった。

他の視点としては、不特定多数との性交渉は、疫学的に感染症の拡大の元になるため、社会的に不利益である、
というロジックもあると思うんよ。

medicinemanmedicineman 2008/10/01 12:29 そもそも離婚が減ったのは、明治に入ってからではなくて明治後期からです。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2777.html
あと上のサイトだと人口千人辺りの離婚件数を離婚率としていますが、tikani_nemuru_Mさんが言っているのは、結婚したカップルが離婚した割合ですよね。

tikani_nemuru_Mtikani_nemuru_M 2008/10/01 23:02 >こまいぬ
まあ、梅毒も江戸時代にあっという間に広まっておりますからにゃ。

>medicineman
おお、明治後期。訂正さんきゅ。
なにせ資料を見ずに「えいやっ」と書いてしまったので、勢いでだしてしまった数字のフォローに困っていましたにゃ。
>結婚したカップルが離婚した割合
の数字を見たことがあるんだけど、どこで見たかがわかんなくなってしまっていますにゃ。イイカゲンにゃんなあ>僕

chocochoco 2008/10/02 01:10 「被害者なき犯罪」の内、「堕胎」は胎児がその生命を絶たれているため、明確に被害者はいるぞ。
「被害者なき」とは言えないのではないかな。

ま、ここにコメントするより、ウィキペディアの記述の訂正、引いてはエドウィン・シャーに反論すべき点なんだろうけど。
ちと、気になったので一言。

kurakamikurakami 2008/10/02 01:17 楽しいけど楽しく無い世の中だったんだね。
もっとも今も楽しい世の中とは思えんし、どっちゃにしろ何らかの形で勝ち組と負け組は出るようになってんのかな〜?
セックスと言う行為に関しては別に子孫は残せなくても一人で行えるけど、何やら詐欺らしいと言われる逆援やら普通の援助・売春…童貞売りはするのは仕方無い。
とりえの無いと思われる人間がそう簡単に仕事に就けるとも思えないし(ある意味俺の事も言っているが)、それしか金を稼ぐ方法が思いつかないなら…まぁそれしかないんだろう。
男女の開放が出来たら面白いなとは思えるけど、その時は俺は独り身で暮らした方が精神的に楽そうだw 性交を少しだけ重要視してる若造だからね。
…俺はこう捉えたけど、自身の精神と肉体を大切にする事は当然であり…自身の生活や夢?自由の為に体を売ると言う事は正当な恋愛としてであれば許可されるのかな。
だとしたらやっぱり奴隷なんだろうけど、俺は男だから金にはならないだろうけど…それで生きれたり好きな人の生活が支えられるなら別に構わんな(飢え死にしたり保護の中で圧力けられるよりは、きっとましだろうさ?)。

taroumaru_ootaroumaru_oo 2008/10/02 18:38 単純売春はリスクが高くてとても勧められる仕事ではないね。
援助交際が下火になった一番の理由は、「ただ乗り」が多かったからだ。さらに密室で相手の素性がわからないもの同士、暴力沙汰はしょっちゅうである。有名な渋谷の売春婦殺人事件の被害者も個人営業だった。
同じ売春でもデリヘルやホテトルの場合は上のようなことがほとんどない。裏にやくざがらみの組織があるという先入観からか、客も立場をよくわきまえているのだろう。
いずれにしても非合法組織であるし、中には人身売買と同じようなひどい組織もある。そういう世界だからやくざが堂々と絡んでくる。早く合法化してオープンにしたほうがよいのではないだろうか。

東京の繁華街にあるような売春組織は意外と安全であり、組織と売春婦の契約も4:6で売春婦の取り分が多く、広告費や事務所費・電話番の給料・みかじめ料などの経費を考えれば妥当な範囲である。広告をうち続け、おんなのこの質を保ち続けないとすぐに成り立たなくなる商売のようでつぶれる店は結構多いのだ。

若くて美人ならそこそこに客もつくが、プロとして一人前の商売を続けるためには他の仕事と同じように努力が必要だ。そんなに甘い商売じゃないよ。

mackymacky 2008/10/02 23:31 <教育を受け、経済的な余裕もあり、職業選択の実質的な自由がある♀が、自由意志に基づいて売春をする
もちろんこの理由でやる人は存分にやっていただきたいと思いますし、合法化には賛成です。しかし、この理由で売春やる人はどれくらい居るんでしょうか?さらに、合法性だけでは売春婦蔑視自体を規制することはできないわけですし、実際私は蔑視しているわけですがそれは良いのでしょうか?また、pusherさんと同じ事を聞きたいのですが、<実質的な強制売春が助長されるのでは?という問いに<「腎臓を売れ」とは言えない、というのは売春を臓器売買に例えているのでしょうか?自己決定権や愚行権から臓器売買を認める、ということなのか、働きたくない者は須らく救済すべし、なのか、どちらでしょう。

”売春が悪とされた本当のわけ”までは大変よくわかる話なのですが、それ以下のキリスト教や江戸時代云々は何が言いたいのか良くわかりません。キリスト教や江戸時代の様式が自然だから良いとか、異常だからだめだ、という話なのでしょうか?江戸時代の話などは、現在から見れば男女共に非モテである権利が全くない最悪のシステムだと思うのです。とくに女性は性行為を拒むことがほぼ不可能なのではないでしょうか?
<非モテ童貞なんていなかったわけ>というのは大変悲しい、異常なことのように思われます。非モテ童貞万歳、と、売買春大好き、はどちらが異常でしょうか?

本文中にあるとおり、売春というシステム自体がロマンチックラブイデオロギーや資本主義に支えられています。ならばとりうる手段は、?江戸時代的な乱婚制をとった後、売春自体をなくす、もしくは、?消えない蔑視の中、合法的に売春が好きな者のみが、価格設定、誰に売るかどこで売るかなどを自己責任で決め、売買春をする、の二択しかないように思います。売春が成立するのなら蔑視は消えようがない。で、私などには拒否権抜きのフリーセックス社会の方がよっぽど気持ち悪く感じられるのですが、いかがなものでしょうか?

「自由恋愛は結婚から神聖性を奪った」というようなことをおっしゃっていたわいぴーさんの意見を聞いてみたいなあ。

と、4点ほどつらつらと考えておりました。長文、大変失礼いたしました。

tikani_nemuru_Mtikani_nemuru_M 2008/10/02 23:51 >choco
胎児の扱い次第ですよにゃ。まあ、僕もこの話題をここで議論するつもりはにゃーけど。

>kurakami
他者に危害を加えないかぎり、何をして生きていこうがいいというだけのことだと思いますにゃ。

>たろうまる
単純売春は商売としては確かにリスクが高すぎますよにゃ。ヤクザのピンハネといっても、そこは助け合い分業という側面があるわけで、合法化して警察という暴力装置にはいってもらったほうがいろいろマシかもしれにゃー。

>macky
>この理由で売春やる人はどれくらい居るんでしょうか?
少なければ無視していいの?

>実際私は蔑視しているわけですがそれは良いのでしょうか?
チミがどう思おうがそんなことはどうでもいいことだろ?

>売春を臓器売買に例えているのでしょうか?
売春をする権利は一身に属する権利であるといっているにゃ。

>とくに女性は性行為を拒むことがほぼ不可能なのではないでしょうか?
どこにもそんなことは書いていないけど。

>非モテ童貞万歳、と、売買春大好き、はどちらが異常でしょうか?
ニンゲンの性は多形倒錯であり、すべて異常。

>私などには拒否権抜きのフリーセックス社会の方がよっぽど気持ち悪く感じられるのですが、いかがなものでしょうか?
拒否権がないものをフリーとはいわにゃーんだが。

ニルヴァーナニルヴァーナ 2008/10/09 23:09 しかし、江戸時代の頃は重病になったら死ぬしかなかったわけで、その辺は一長一短あるとおもいます。おまんこできるか
できないかだけではない。

生江生江 2009/01/06 17:05 そもそもセックスなんてみんなそんなにしたいものなんですか?
食事や睡眠と違って、しなくても死なないんですし。

tikani_nemuru_Mtikani_nemuru_M 2009/01/07 22:11 カマキリの♂にいってみたいセリフですにゃ>そもそもセックスなんてみんなそんなにしたいものなんですか?

梨 2009/01/08 08:39 いや、カマキリの♂にしても野生では食べられないように必死だそうですよ。http://ghop.exblog.jp/4098779/共食いは♂の逃げ場のない水槽などの狭い場所で起こりやすいようです。それでも人間とは比較にならないリスクを負ってますね・・・・・・。

tikani_nemuru_Mtikani_nemuru_M 2009/01/09 09:59 ニンゲンの♂は比較的楽してセックスしとるかもね。
♀に拒否権のにゃーコロニー型の場合は、ほとんどの♂はせくーすできにゃーしな

tikani_nemuru_Mtikani_nemuru_M 2009/01/09 10:00 文化というのは、♂が楽してセックスするための装置だ、というのはどうだろう?

梨 2009/01/10 00:02 >文化というのは、♂が楽してセックスするための装置だ、というのはどうだろう?
あまり文化とはなにかってのに詳しくないから積極的な賛同も否定もできないんですけど、たしかに男性が優位に立ってきた社会ではそういう風にはたらいていても進化生物学の視点からはおかしくないかもしれませんね。いつかそういったエントリーを書いてくださいな。

sakurai0905sakurai0905 2009/09/03 17:50 売春は反対です。お金ではなく心の問題だ

changsachangsa 2012/01/11 23:29 >tikani_nemuru_M
>多夫多妻というと乱婚制ですよにゃ。個にゃん的にはぜんぜんおっけーなんだけど、いやがるヒトもたくさんいるでしょうにゃー。
>婚姻制度は社会制度そのものという側面もあるわけで、複数の婚姻制度が並立する状態ってのもいらぬ緊張を強いられるかもしれにゃーですね。僕はいろいろあってもいいと思うけど。

多様な婚姻制度は、複数愛だけでなく友情結婚やクィアファミリーにも望ましいけど、婚姻制度その物解体して、戸籍をシングル単位にしないと、結局シングル者(死別離婚も含め)は生きにくくなると思うんです。
でも、財産相続が避けられないだろうから、過渡的に多様な婚姻制度で、相続税100%みたいな社会になるれば戸籍シングル単位へ移行できるのかな、とか思ってますが、どうでしょ?

tikani_nemuru_Mtikani_nemuru_M 2012/01/12 16:37 やほ>id:changsa

戸籍なんてものは廃止!
年金その他の社会保障制度はシングル前提でつくり、相続税100%、そのカネでガキを社会で育てる。
にすればいろいろオッケーだと思う。

PP 2014/09/03 01:19 言葉は境界を作るが、現実はそんな境界に左右されない。
男がセックスのために贈り物をし女が受け取る。
これが原始からの慣わしで、アッシーやメッシーやキャッシーもその延長。
性は交換関係なので経済が絡むのは必然。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証