無駄話 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


<ちょっとご連絡>無駄話、10周年すぎてたってよ

<ちょっとご連絡>サイドバーに講談社のKindle雑誌を置いてみた

2015-05-03

男の夢は終わらねぇ!「匿名の彼女たち・第3巻」

※いわゆる風俗を描いた漫画のお話なので、その手の話題が嫌だ(特に女性)という方は見ないほうがいいと思います。俺の好感度的にも。

f:id:toldo13:20150503094524j:image

赤裸々なホンネ

1巻:http://d.hatena.ne.jp/toldo13/20130709/p1

2巻:http://d.hatena.ne.jp/toldo13/20140505/p1

ヤンマガで連載している「匿名の彼女たち」の3巻が出ました。律儀に1巻、2巻と感想を書いてきてしまったので、3巻もやっておこうかなと思ったわけですが・・・・。どう考えても俺の好感度だけが下がっていくという罰ゲーム状態。いや、この漫画好きだからいいんですけどね!

なんというか風俗とかよくわからないので勉強になります。

友人に詳しい人がいますが、そんな友人からの話だったり、この漫画だったりからへぇ〜なんて思う毎日です。俺には、この作品の主人公である山下(33歳、趣味:風俗)のように高頻度で風俗に通えるほどのお金なんてないですから。



f:id:toldo13:20150503095042j:image

あなたの街にもあるかもね

1巻からの伝統ですが、単行本には日本全国の色街マップが載っています。改めて見ると40箇所以上もあるんですね。これまで住んだことのある、石川、新潟、愛知、北海道、東京、全てに色街がありました。それだけ風俗街が廃れないということでしょうか。まぁ、男ってエロエロ大好きですからね。しょうがないね。


なお、3巻で取り上げられているのは、奈良の宝山寺、千葉の西船橋、神奈川の川崎堀之内、香川の八重垣新地、東京からは高円寺、渋谷、歌舞伎町、新大久保、吉原という豪勢な一冊。特に吉原などは風俗街としても超有名ですね。作中では日本一のソープ街などと言われてますが、本当に日本一なのかは謎だと個人的には・・・・じゃなかった、友人が言ってました。

f:id:toldo13:20150503110751j:image

高級店にて

吉原への送迎車、三つ指ついてのお出迎え、即即(即尺、即ベッド)だって当たり前です。HPのプロフィール年齢と本当の年齢が違うのだってご愛嬌。作中では一万円の格安店から10万円を超える超高級店まで〜ということを書いてましたが、さすがに10万円となるとすごいですよね。山下はいくらの店に行ったんだろう?高級店だと言ってるので5〜6万くらいですかね(友人談)。うーん、お金あるなぁ。

余談ですが、友人は吉原のとあるお店のボーイさんと電話番号を交換して、お店ではなくボーイさんに電話する程度になるまで通ったそうです。そんなこともあるんですね。なかなか奥が深いですな、吉原。


f:id:toldo13:20150503094653j:image

高円寺といえばピンサロだろ!

さて、こちらは山下の会社の先輩・滑方さん。生き方がかなり雑なのですが、シモの話題では山下とは違った変化球を見せてくる人です。

そんなわけで、高円寺に住んでる人ごめんなさいな話題。作中では、大学や専門学校が多いので若い嬢がいる・・・・なんてことも書いてありました。若い子か〜。いいなぁ。

そうそう。高円寺=ピンサロなんて言われてますが、ピンサロという言葉を聞いたことがあっても、どんな業種なの?と思う人がいるかもしれません。ソープは、偶然お○ん○んを挿入しちゃうお店。ヘルスは、男女で偶然シャワーを二人で浴びたりシてイチャイチャするけどお○ん○んは挿入されない店です。で、ピンサロはお風呂にも入らず女の子がなぜかフェラーリしてくれるお店です。作中でも描かれてましたが、他の人のプレイが見えてしまう程度の仕切りしかないのも特徴ですかね。山下曰く、シャワーすら浴びないので衛生的にどうなんだろうなんてことも言ってますね。



ちなみに、出てきた女の子ですが・・・・。






f:id:toldo13:20150503095817j:image

キララでっす

これはひどい。

ピンサロだけではないのでしょうけど、風俗では地雷(ハズレ)が出てくることだってもちろんあります。山下曰く、ピンサロだとその可能性が高いようなことを・・・・。とりあえず高円寺のピンサロ怖いです。





f:id:toldo13:20150503095530j:image

塩豚饅女!

一方、こちらは川崎堀之内での一幕。吉原に次ぐソープ街とのことですが、かなり残念な女の子が出てきたようです。最初は愛想もよかったものの、お金をわたしてからの対応が塩塩の塩。クリオネちゃんなんて名前をしてますが、あれはダメ、これはダメの連発で風俗大好き山下ですらブチ切れでした。

こんなこともあるのが風俗の怖いところですね。高いお金、少なくとも万単位を出してても可愛くない可能性だってある。それ以上に、対応が悪い女の子は最悪だ。・・・・そう友人が言ってました。あ、友人は川崎堀之内に行ったことはないそうですよ。


f:id:toldo13:20150503095144j:image

男の夢!

風俗はNGなことがもちろんたくさんあるのですが、お金さえあれば色々できちゃうのも面白いところだったり。

例えば山下の長年の夢だった二輪車。いわゆる3Pです。女の子二人分のお金を払って叶える、男の夢。・・・・夢?いや、夢だな。楽しいかどうかは別問題として、男なら一度は・・・・と思うでしょう。ん?いや、本当にやってみたいか・・・・な?結構、難しいラインですね(苦笑)。

余談ですが、できるお店とできないお店があるので、お店に確認してみてから頼んでください。俺は・・・・じゃなかった、友人は二人分を払うなら二回行きたいなんて言ってました。とはいえ、見開きで女の子二人が股を開くという姿をヤンマガで見れたのは・・・・なんか楽しかったです。圧巻です。←ブログで載せられるラインを超えてたので各自ご確認ください





f:id:toldo13:20150503110748j:image

香川県にて

本当は西船橋の人妻ヘルスの話とか、奈良県の宝山寺での40代女性登場とか、山下初風俗とかについて語りたかったのですが残念ながら割愛。宝山寺なんかは、言い伝え(セックスしたけりゃ民衆に優しくしろと言われる神さまの話)あたりが個人的に興味ありました。まぁ、そんな話を割愛して、とりあえず香川県は城東町・八重垣新地の話題をラストに。

なんでここなのか〜ということですが、去年仕事で月イチ香川県だったんですよね。いやまさか、あんなところにまで風俗街があろうとは。偶然にも八重垣新地の近くのホテルにも泊まったことがありますが(←安かった)、いや〜まさかそんな場所があったんですね。驚きですよ。アメージングですよ。ホント、偶然って怖いですね。

とはいえ、男なら出張先でお風呂に入りたいというのは願望の一つですよ。今年も出張で香川に行く可能性が高いので、機会があれば行ってみたいものですね。ははは。

f:id:toldo13:20150503095430j:image

骨付鳥が美味しいです

香川出張話のついでですが、香川=うどんだと思うじゃないですか。もちろんうどんが美味しいのは事実なのですが、ここ数年で骨付鳥が人気になってます。これがまぁビールにあうんですよ。山下も風俗嬢に教えてもらって食べてるのですが、香川の骨付鳥はおやどりとひなどりがあります。おやどりは少しかたい(歯ごたえがある)です。逆にひなどりは柔らかいです。個人的にはひなどりのほうが好みでした。まぁ、香川県に行くことがあれば食べてみてはどうでしょうか。あとは、シメのカレーうどんも好きでしたよ。







・・・・とまぁ、最後は孤独のグルメみたいな話をしてしまいましたが、そもそも匿名の彼女たち=孤独のグルメ・風俗版みたいなものだと思っているので問題無いですね。←怒られそう

風俗と一言に言っても、色んな種類がありますし、いくらかかるのか?なんてのは体験してみないとわからないかもしれません。もしかしたら出会うかもしれない、残念なアレコレもあるかもしれません。それは全て風俗そのものを知らないからなのだと思うわけで。風俗を知ることのできる作品が「匿名の彼女たち」じゃないかと思いました。しかもお話自体も楽しめるというか、主人公・山下の悲壮感が見え隠れする風俗通いがなんとも言えません。もちろん風俗に行け!という作品でもないです・・・・が、男なら一度は見てみたい(体験してみたい)ものじゃないですか?擬似的なものではありますが、そういった目線からも楽しめる作品だと思います。



あとは、友人が散財しないことを祈るばかりです。

使おうか迷ったけど使いようがなかった1コマ

f:id:toldo13:20150503094613j:image

恐ろしや〜ロシヤ〜ロシヤの核弾頭!!



意味がわからなさすぎて扱いに困ったw

2015-05-01

5月単行本発売日

  • 1日

(講談社)・・でぶせん、匿名の彼女たち、COPPELION、至福の暴対レシピ、みなみけ、雪にツバサ・春、銀河乙女、幸子に幸あれ、貸本漫画集、セブン☆スター、戦闘破壊学園ダンゲロス、モンタージュ


  • 7日

(講談社)・・はじめのニット!、怪談イズデッド、悪の教典、浅見先生の秘密、架刑のアリス、ハナハダハナヤ


  • 8日

(講談社)・・藤原伯爵の受難、湯河原くんは大山田男子高校でモテる方法を考えていたが、GREEN WORLDZ、天空侵犯、アクノヒガン BEYOND EVIL、ホスト漫、FinalRe:Questファイナルリクエスト、ゆかいなお役所ごはん、カニフライフ、銀河は彼女ほどに、中村小江戸と大豆恵亮はうまくいかない、ドリィ キルキル、戦勇。メインクエスト第二章、チャリに乗れない!、DRY&HEAVY、穴殺人


  • 12日

(スクウェア・エニックス)・・ばらかもん


  • 13日

(講談社)・・ひまわり!! それからのだいすき!!、星上くんはどうかしている、オレが魔法をかけてやる、おかあさんとごいっしょ、透明なゆりかご、世界の端っことあんずジャム、ライアー×ライアー、ホリデイラブ〜夫婦間恋愛〜、バラ色の聖戦、女帝の手記、乙女純情エロチカヘヴン〜彩愛のひと〜、血とチョコレート、東京タラレバ娘、伯爵さまは甘い夜がお好き、黒崎くんの言いなりになんてならない、先生は悪いコ、イシュタルの娘〜小野於通伝〜、明治メランコリア


  • 15日

(講談社)・・四月は君の嘘、育てち魔おう!、エア・ギア UNLIMITED、ベイビーステップ、インビジブル・ジョー、ドメスティックな彼女、風夏、フィールドの花子さん、エリアの騎士、煉獄のカルマ、アホガール、FAIRY GIRLS、サマー・ソルト・ターン、彼女の感触、FAIRY TAIL、新 仮面ライダーSPIRITS、ACMA:GAME、山田くんと7人の魔女、レッケン!、盤上のポラリス、リアルアカウント、FAIRY TAIL ブルー・ミストラル


  • 18日

(小学館)・・BE BLUES!〜青になれ〜


  • 22日

(講談社)・・ドーナツ父さん、宝石の国、ヒストリエ、鬼灯の冷徹、怪盗ルヴァン、カラスヤサトシ、銃夢火星戦記、凸凹 DEKOBOKO、コンプレックス・エイジ、波よ聞いてくれ、ベアゲルター、マルさんのスナック、妖怪番長、おねいも、メタラブ、海賊とよばれた男、少女ファイト、ギャングース、新装版 SDガンダム外伝 騎士ガンダム物語 キングガンダム編+円卓の騎士編、天地明察、新装版 超戦士 ガンダム野郎




2015-04-23

世界で一番熱いAO(あお)「ALL OUT!!・第6巻」

f:id:toldo13:20150424015130j:image

青春には青い空がよく似合う

最も熱いスポーツ漫画

今一番好きなスポーツ漫画を聞かれるとするなら「ALL OUT!!」(以下、AO)を挙げたいなと思います。最近ではめっきり減ってしまった“ラグビー”を題材にした作品となりますが、ラグビーってこんなに面白いんだと思わされることが多いです。某キャプ翼のようにものすごい必殺技が飛び出すわけでもありません。どちらかと言えばジャイキリのようなリアル寄りの作品でしょうか。とにかく、鍛えたもん勝ちだと、全国に行くために練習に練習に練習しまくってます。武器は己の身体と仲間、そんな作品です。

ドラマのスクールウォーズもラグビーだったなぁと思ったのですが、あそこほど生徒たちがヤンチャではないのですよね。むしろ今風な男の子ばかりです。ただ、物語的には昭和風の熱血スポ根を感じさせます。言い換えれば、昭和風スポ根を今風アレンジしたような作品といったところでしょうか。あと、何と言っても女性人気が高いです。Twitterなんかで、AOの話をしている男性をほとんど見かけたことがありません。まぁ、気持ちはわかります。かっこいしい、なーんかかわいいんだよね。

f:id:toldo13:20150424013621j:image

合同練習してます

さて、6巻では5巻に引き続き、慶常高校と合同練習をしています。あんまりこういうこと言うと怒られるんでしょうけど、さすがにここまで人数多いと判別つきにくいですね(笑)。主人公がいる神奈川高校、通称ジンコーのメンバーだけでも主要キャラを覚えるので精一杯だったりしますが。ただ、読みこめば読みこむほどキャラへの愛着が湧くような物語になってます(キャラ掘り下げが良い)。だからこそまぁ、このキャラが好きだ!という女性人気も理解できます。←キャラ萌えまでは範疇外で申し訳ないですが

f:id:toldo13:20150424015132j:image

ゴリゴリのラグビー

キャラたちがかわいい(のは分かる)・・・・とか言いつつ、やってることはゴリゴリのラグビーです。肉弾戦です。防具のない体当たりばかりです。6巻まできてようやく分かってきましたが、試合描写がとにかく泥臭くていいんですよね〜。あと、ルールを知らなくてもなんとなくわかるように描いてくれてるのもいいです。本当は戦術・戦略ありきのスポーツなのだろうというのは何となくわかるのですが、作者の雨瀬先生がうまく隠しているように感じます。まぁ、主人公(後述)がド素人(&アホ)なのでそこまで戦術的なものを描けないようにしているんですが。


f:id:toldo13:20150424015133j:image

アホの子

というわけで、主人公の祇園健次。「とにかくでっかいヤツをふっ飛ばしたい」という単純な理由でラグビーを初めました。最初は本当にやみくもに喧嘩してたようなところもありましたが、今ではラグビーを本当に上手くなりたいという欲求がすごいです。

残念ながら、本当に主人公なのか?と思うほどに出番が少ない気もしてますが、彼を中心に動くことがよくあるので、主人公なりの活躍はしているのかなぁとか思ったり。まぁ、一番の活躍どころがコーチの籠さんを連れてきたことなわけですが・・・・。



f:id:toldo13:20150424014041j:image

籠(こもり)さんの休日

AOという作品の中で個人的に一番好きなのが、この籠さん。本当に大好き。渋いしかっこいいんだけど、熱い人。かっこよすぎる。

そんな籠さんは元日本代表だったようです。やることがなくなって、コーチでもしようかなぁと思ってたところ、偶然主人公の祇園から連絡をもらい(この時点では面識なし)コーチを引き受けてます。アホの子・祇園に騙されたつもりで行ったら、ラグビーに飢えた若い子たちがいた。厳しい練習を課してもついてくる子たちがいました。なんだかそれが楽しくなってきた6巻目のお話。

籠さんも良いお年なので、昔の仲間とちょっと飲んだりもしてます。そこで話されるのは昔の話よりも、自分たちの教え子のことばかり・・・・


f:id:toldo13:20150424014124j:image

長く、長く・・・・

この作品は青春を描いた作品です。青春は短い。本当に短い。籠さんがコーチをする子たちは、たった3年しか高校生をやれません。ましてや今から教える子たちの中には、数ヶ月しか教えてやることのできない3年生がいます。ラグビーが大好きでしょうがない、ちょっと不器用なキャプテンもいます。キャプテンの理想を一緒に追いたいと思ってくれた仲間、キャプテンがいるから頑張ろうと思う下級生たちがいます。

そんな人生のほんの一部の短くて長い時間のため、籠さんはラグビーを教えようと決心してます。



f:id:toldo13:20150424015136j:image

それは、残せなかった自分の子供を思っての行動だったのかもしれません。






f:id:toldo13:20150424015137j:image

子供に・・・・

子供の話になったとき、籠さんは嬉しいような悲しいような表情をしてます。誰が悪いわけでもなく自分の子供を授かることができず、でも数十年後にたくさんの子供達とラグビーをやることになった籠さん。仲間からは表情が柔らかくなったと言われました。子供の話が出て以降、暗かった籠さんの表情が柔らかく・・・・。それはもう、ジンコーラグビー部のおかげ以外のなにものでもありません。

・・・・なんかね、泣いちゃったよね。コーチをし始めてからの籠さんを見てたら、絶対に子供が好きじゃん!って性格なだったわけですよ。そんな籠さんに、運命のイタズラのようにたくさんの子供たちができるわけですよ。半ば諦めていたのに、やっぱり嬉しいって表情するんですよ。なんかね、やっぱり読んでて泣いちゃうよね。

f:id:toldo13:20150424014358j:image

気田、部活やめるってよ

AOという作品は試合描写こそが醍醐味だと思ってるわけですが、6巻では試合以外の部分で激動だったと思います。個人的に好きな話である籠さんのお話はもちろん、部活を辞めるという生徒も出てきてます。これが連続するからさあ大変。こまかーいところは是非是非読んでほしいところではありますが、最上級生は特に思うところはあるようで。

特にキャプテンの赤山なんかは内心やばかったようです。


確かにまぁ、大変だし、痛いだろうし、ご飯が食べれないって言われたらね・・・・。難しいところですね。ラグビー部が嫌になったとかでもないですし、応援してるって言われた時の赤山の顔はなんとも言えませんでした。たった3年。その3年に何をするかは自由ですが、赤山は気田にもラグビーを選んでほしかったと思います。ずっとずっと泥んこになって走りたかったと思います。



一緒に全国に行きたい。一緒にそんな想いも叶わない。

自分と他人の熱量の差を埋めるのは・・・・本当に難しいですね。




f:id:toldo13:20150424014516j:image

ガムシャラさが好き

責任を感じた赤山は、そんな状況に追い込んでしまったことにイラつき、八つ当たりまでする始末。そんな赤山を気遣って言葉をかけたのが、やはり籠さん。OTONAってかっこいい。




スポ根で優秀な指導者がいるってのはいいなぁ。ガムシャラにやって強くなりきれなかったところに、強くなる理由(指導者)が来てくれた。「部活」というものにはお約束?でもある退部なんて話題も出てきました。はたしてAOという作品は、ラグビーを描いているのだろうか、若者の成長を描いているのだろうか。

6巻ラストでは、籠さんの奥さんが出てきてます。彼女が喜ぶ(籠さんと同じ気持ちで子供ができたような喜び)姿、表情にまた嬉しくなるのですが、それはまぁ読んでほしいなぁと思いました。






籠さん無双!な6巻だったと思います。そう思うのは自分が籠さんの大ファンだからかもしれませんが。皆さんはどうだったでしょうね?イワシとかですかね?個人的には祇園がフランカーわかってねえwwwwが面白かったです。

読んでいると無性に母性本能・・・・じゃなかった父性本能をくすぐられます。こんな高校時代を過ごしてみたかったなぁという、どこか寂しさも感じます。作中で皆が笑うとこっちも笑顔になります。



あぁ・・・・これが“青春”か。




6巻表紙のAO空が光ってるなぁ(しみじみ)。

籠さんが好きというか、自分(31)がオッサンだから共感してるだけかも。

2015-04-16

[]

更新が止まっていますが、ただ単にアレです。スパロボやってるだけです。