無駄話 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


<ちょっとご連絡>無駄話、10周年すぎてたってよ

2015-09-01

9月単行本発売日

  • 4日

(講談社)・・でぶせん、大日本サムライガール新党、僕たちがやりました、ヴィラネス ―神殿・寛永御前試合―、つきがきれいですね、絶叫ライブラリー 着信は深夜に鳴る、サーマン、戦渦のカノジョ、賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編、亜人ちゃんは語りたい、砂の栄冠、ザ・ファブル、擬人家、みんな! エスパーだよ!

(白泉社)・・4ジゲン


  • 7日

(講談社)・・超2まいめ、甘々と稲妻、オルガの心臓、ハナヨメ未満、疼く春、太陽を堕とした男、鉄風、じったんの時短レシピ、つきみぐさ、悪の教典、K、飴菓子、浅見先生の秘密、つるつるとザラザラの間、バツコイ、KEMARI、はねバド!、U12、ぐらんぶる


  • 9日

(講談社)・・がんばる!ストーカー、CHANGE−R、CHAIN CHRONICLE CRIMSON、雨のち晴れゾン日和、クロックワーク・プラネット、サイコろまんちか、九十九の満月、女なのでしょうがない、トモダチゲーム、ビリオンドッグズ、おにもて、ペルソナQ、こんな編集者と寝てはいけない、零 影巫女、チャリに乗れない!、デビルサバイバー、ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス Side:P4


  • 11日

(講談社)・・ひまわり!! それからのだいすき!!、セキララにキス、オレが魔法をかけてやる、君が隣にいるなんて、海とドリトル、人は見た目が100パーセント、赤ちゃんのホスト、先輩が好き、あさめしまえ、片想いフィーバー、生徒諸君! 最終章・旅立ち、東京アリス、ユー ガッタ ラブソング 鳥飼茜短編集、3D彼女、お隣は1軒で2度おいしい、トモヱ幸福研究所、おはよう、いばら姫、イクメン!、スティーブ・ジョブズ、初恋はじめました。、王子様には毒がある。、ビューティー バニィ


  • 12日

(スクウェア・エニックス ガンガンコミックスONLINE)・・ばらかもん


  • 14日

(KADOKAWA)・・ヒナまつり


  • 17日

(講談社)・・金の彼女 銀の彼女、UQ HOLDER!、ノラガミ、レトリーバー・ハチ、生徒会役員共、エア・ギア UNLIMITED、天のプラタナス、Dreams、ロクダイ、ピンキュー、明智警部の事件簿、金田一少年の事件簿R、TALE OF FAIRY TAIL ICE TRAIL 〜氷の軌跡〜、ボールルームへようこそ、フィールドの花子さん、増すコミ、RiN、あひるの空、鉄拳チンミLegends、FAIRY TAIL、AKB49〜恋愛禁止条例〜、ACMA:GAME、はじめの一歩、DAYS、山田くんと7人の魔女、FAIRY TAIL ブルー・ミストラル


  • 23日

(講談社)・・コトノバドライブ、さぼリーマン 飴谷甘太朗、ALL OUT!!、ねこのこはな、ジパング 深蒼海流、マイボーイ、町医者ジャンボ!!、カバチ!!!―カバチタレ!3―、がんぼ ナニワ悪道編、コンプレックス・エイジ、妖怪番長、白馬のお嫁さん、コウノドリ、あさはかな夢みし、2DK 2015 AUTUMN、GIANT KILLING、ふつつか者の兄ですが、会長 島耕作、独身OLのすべて、K2、インベスターZ、ホーリータウン、夕方までに帰るよ


  • 25日

(白泉社)・・3月のライオン

国立に諸行無常の響きあり

f:id:toldo13:20150901015457j:imagef:id:toldo13:20150831222014j:image

f:id:toldo13:20150901015456j:imagef:id:toldo13:20150831222859j:image

f:id:toldo13:20150831222958j:image

東京に住み始めて最初に使った書店「東西書店」さんが閉店となりました。場所は立川と国分寺の間にある国立駅。

それなりのレベルだろうという自負はある漫画読みの一人ですが、そんな人間がとても嬉しくなる品揃えだった書店です。もちろん立川付近勤務、立川付近住まいの自分にとっては行きつけの本屋でありました。何がスゴいって昭和48年創業で、今年で42年も営業していたということ。自分は生まれてません。というか10歳先輩ですね。東西先輩ちーっす。


せっかくだしということで、8/31の22時閉店に行って来たわけですよ。そしたら人、人、人じゃないですか。個人的には前日の国会前に負けない熱気があったと思います。いや、国会前は知らんけど。ただ、毎週のようにやっていた国立駅前での安保法案反対の人たちの数とは比べものにならないくらいには人が集まってました。というか、国立駅前にこんなに人だかりができたのを初めて見ましたがな。すげーな、東西書店。

まぁ、それだけ愛された書店だったということでしょう。22時閉店というアナウンスだったのに、人が集まりすぎてレジが追いつかず、結局22時20分くらい?にシャッターが閉まりました。店長の最後の挨拶があったり、鳴り止まない拍手があったり。悲しいですけど、これはこれで幸せな結末なんだろうなぁと思いました。というか、そんな素晴らしい書店の最後に立ち会えただけでも自分は幸せものかもしれません。

あ、↑の写真の一番下は東西書店横の自販機が撤去されていた写真です。その隣に証明写真機があるんですけど、それが撤去されると国立駅付近に証明写真機がなくなる(はずな)ので、残しておいてもらいたいものです。


でまぁ、あんまり言いたくないけど、国立駅前はこの書店がなくなると・・・・戦力がガタッと落ちます。もうこうなったら立川駅付近で買うしかないかなぁと思ったり。


ちょっとだけ思い出を語るとするなら、あれだけの品揃えをしていながらマガスペが置いてなかったんですよねw 当然、定期購読させてもらいました。←この時点で俺が誰かは書店の人にバレる。

あと、毎月本当にお金を落とした思いでしかございません。もっと買えばよかった???と思った部分もありましたけど、これ以上はもう無理>□<ってレベルでは買っていたので、あとは他の人に頑張ってもらいたかった?というか、諸行無常だなぁと思ったり。


やはり漫画は地産地消だと思います。行きつけの書店を見つけて、行きつけの書店で本を買って、店員さんと不思議な絆?ができたり。それがやっぱり楽しいと思います。しかも、その行きつけがレベル高いとやっぱり嬉しい。とりあえず東西書店さん、ありがとう!!とだけ言いたい。それ以上の言葉は見つかりませんね。

そうそう。既に辞めた?アルバイトさんたち、社員さんもいたのかな?よく分かりませんが、あー昔見たことある人だーって人が名残惜しそうに集まっていました。こうやって集まるあたり団結力もあったのかもしれませんな。すんげー余談になってくると、可愛いなと思ってた店員さんがいたんですけど・・・・それはまぁ割愛。



話は本筋にいきます。まぁ、これだけ愛されていた書店でも潰れてしまう時は潰れてしまうのだなということですよ。もうね、そういう時代なんだと割りきって生きるべきなのかもしれません。難しい時代になったものです。雜誌の部数も減ってるようですし、売れる本は限定的だし、でも書店が宣伝して売れるという時代でもないですし。この先どうなるんだろう・・・・という不安しかありません。はあ・・・・。

でも、書店って、本を売る場所じゃなくて、買いたい気持ちを売る場所だと思うわけですよ。書店に行って、その書店のレイアウトやPOPを見て、ちょっとでも買いたいと思ったらレジに持っていく。その本が面白かったらなおさら最高。そんな出会いを与えてくれる場所が書店だと思います。やっぱり人生に書店は必要です。絶対に必要です。もうこれ以上、自分の人生で行きつけが消えていく場面を見たくないよ・・・・。つらい。

2015-08-31

『ワンピース』、貴様も人の親か!

f:id:toldo13:20150901004503j:image

貴様も人の親だガープ

「ワンピース」といえば壮大な大冒険だということに疑いの余地はありません。しかし、ルフィや麦わらの一味の夢ある物語だけではなく、“大人(親)”と“子供”という側面も実は描かれています。

エースという息子を助けに行った白ひげ。そこで海軍に騙された部下に「バカな息子をそれでも愛そう」と言った場面もありましたね。そもそもエースはゴールドロジャーの息子であり、エースを助けに行ったルフィもドラゴンの息子。まぁ、そんなこんなをかき集めてくると、ワンピースの中にある親子のお話というものに興味はつきません。

ちなみに、ルフィがエースを助けに行った際、立ちふさがったガープがルフィによって倒される場面があります。そこでセンゴクがガープに言った「貴様も人の親だ」という台詞・・・・。貴様“も”という言葉が印象に残りましたね。

f:id:toldo13:20150831235757j:image   f:id:toldo13:20150901002114j:image

涙を流したこともある

元帥時代のセンゴクは“仏のセンゴク”だなんて言われてましたが、THE海軍と言わんばかりの性格をしていました。あんなのもう鬼ですよ、鬼。マリンフォードではセンゴクにかなりしてやられたな〜と思いましたっけ。



人のために涙する男ではない―。


そう思っていた時期もありました。

しかし、センゴクはロシナンテのために泣きました。息子だと思っていた男が死んだ時、泣いていたのです。センゴク、貴様も人の親だったんだね・・・・。人の親ではないのでセンゴクやガープのような気持ちは分かりませんが、自分の親が自分のために泣いてくれているとすれば、それはやっぱり嬉しいなって。ロシナンテ、君の人生は素敵なものだったと思うよ。



f:id:toldo13:20150901000030j:image

受けた愛に理由はない

さて、場面は変わって、センゴクとローの会話。何かここ最近のセンゴクは柔らかくなったというか、憑き物が取れたというか、わりと話せる人になってますね。本当のセンゴクはこっちなのかもしれません。まぁ、責任ある立場だったしなぁ。

ちなみにこの場面でローが“Dの人”であることをセンゴクに教えています。Dの謎についてはまぁおいおい明らかになるだろうと思いますが、というかセンゴクが何かを知ってて言わない雰囲気ですが、いつか語られるといいですね。それは置いといて、Dだからローを助けたという勘違いをセンゴクが否定してくれています。ロシナンテの愛はそういった類のものではない、ローのためにだからこその愛情でした。というか、それをセンゴクが理解しているのがいいですよね。

f:id:toldo13:20150901000115j:image

命も心も

ローはロシナンテから“ハート”を貰いました。救ってもらった命というハートを貰いました。何もかもを憎んでいた時期から心(ハート)を解放してもらいました。そして、愛情(ハート)をずっと貰っていました。ロシナンテが生き続けてきた時から、死んでしまったあとの今の今まで。まあ、ハートの海賊団という受け継いでますよ感がすごい名前をつけているあたりはローらしい?かも。親と子なんてそんなものかもしれません。

f:id:toldo13:20150901000032j:image

忘れないことが重要

少なからずロシナンテという男の人生を知っている人間が存在すればいいわけです。ロシナンテがどんな男だったを知っている人間がいればいいのです。まさに「人はいつ死ぬと思う?人に忘れられた時さ」ってなもんです。



f:id:toldo13:20150831235439j:image

心のノートにメモっとけ

親(センゴク)と息子(ロシナンテ)。親(ロシナンテ)と息子(ロー)。そんな二組の親子の物語、心(ハート)のノートにメモっておきましょうや。

これで第798話“ハート”に連なる物語は一段落?といったところでしょうか。一国を巡るあの争いの中に、なんともまぁ中身の詰まった物語があるじゃありませんか。さすがは尾田っち!!読み込みが浅いので実はまだ何か仕掛けてある可能性もありますが、まだまだ楽しみだってばよ。




f:id:toldo13:20150831235640j:image

ここからルフィの物語

本筋の方では、ルフィを逃がすために皆さん頑張っております。このあたりは人徳というか、もちろんルフィの体を張った頑張りもありますが・・・・それを無駄にするのもルフィのいいところ!!(ドン)

逃したいという皆さんの思惑とは別に、ふっつーに藤虎に攻撃していくルフィ。誰か止めないのか???と思いつつ、2年前を出されると何も言えねえ。逃げるだけではどうにもならない。それは2年前に理解しました。そこから先を目指すなら、海賊王を目指すなら、ここで止まってはいけないわけです。いや、気持ちは分かるけどね。ルフィさんて、心のノートしか持ってない(頭のノートはない)からね、しょうがないね。

来週は藤虎とルフィの戦いになる感じですかね。あまり時間を使いすぎると援軍が・・・・って来ないか。現状、藤虎以外は逃げてしまってましたね。というか残骸を集めた藤虎の攻撃をどう凌ぐんだろうwwww 傷も癒えてるとはいえ、ドフィからの藤虎はキツいですなぁ。次回も楽しみ!!




余談ですが、今回の記事は「ワンピース最強考察 Δ」を書かれてるワンピ漫研団さんをリスペクトして書いてみました。↑の本はとても面白いワンピースの考察などもあり、一読の価値あり!といえる本です。オススメ。

2015-08-29

「変女〜変な女子高生 甘栗千子〜・第2巻」男子のオ○ニーに興味のない女子なんていません!

ちょっとした回顧録。

こみっく☆すたじおという作品がありましてですね。大ファンの漫画家さんのアシスタントに行ったら、漫画家さんがロリかわ美少女(ロリ痴女?)だったという作品。師弟でありながら恋愛展開へ。お互いに奥手なのでなかなかもどかしい展開も待っていますが、結局は結婚までする関係になってます。個人的にはアシスタントたちの恋模様も楽しい作品でした。

月刊ヤングマガジンで連載していた作品ですが、今でも楽しめる作品です。オススメ。







まぁ、作者の此ノ木よしる先生は現在アニマルを主戦場にしてしまっているわけですが。いつか講談社に戻ってきてほしいものです。こればっかりは縁なので難しいですけどね。

ちなみにアニマルでは「SE」と先日2巻が出た「変女」を連載しています。ちなみに「SE」は名前のとおり、職業であるSEをテーマにした作品となっています。まぁ、作ってるものが“オナホ”なんですけどね。漫画家漫画をやって、オナホSE漫画をやって、さてお次は?というところで出たのが「変女」です。←初出とかを語ると面倒なのでこう書いてます。細かいのは自分で調べてください。

f:id:toldo13:20150830110541j:image

変女=変態女子高生

この作品は就職難の中、なんとか?就職することになった主人公・高村と、就職した先の看板娘・千子ちゃんとのラブコ・・・・メではない気がする。オナコメ?チンコメ?勃起コメディ?まぁ、そんな作品です。←作者の品性が疑われる書き方をしてみました。公式では不思議系JKラブコメディとのことです。

ちなみに高村は住み込みで働くことになりますし、当然のことながら千子ちゃんとひとつ屋根の下で暮らすことになります。そんな高村が働くことになったのは「便利屋」。千子ちゃんと一緒に便利屋で働きつつ、なんやかんやある作品となっています。なお、千子ちゃんは女子高生です・・・・。女子高生とひとつ屋根の下で何も起きないわけないよ、あんちゃん!!





f:id:toldo13:20150830110845j:image

勃ちますか?勃ちませんか?

まぁ、相手が普通の女子高生ならね。

普通に考えれば理想の状況。しかし、相手はただの変態。そんな状況で何かが起こるわけないよ、あんちゃん!!小雪ぃ!

千子ちゃんの特技は男性の勃起状況が瞬時に把握できること。というか、オ○ニーの気配とかも分かる模様。そ、そんな女子高生と一緒に住みたいか?いや住みたい!!俺は住みたい!!!普通なら女子高生側にえっちぃシーンがあって、女子高生が赤面するというセクハラ展開が常。この作品は全く逆で、千子ちゃんによって高村がセクハラされるという展開になってます。まぁ、千子ちゃんが変だからしょうがない。

f:id:toldo13:20150830111043j:image

男子のオ○ニーに興味のない女子などいません

はい、名言いただきましたー。ちょっとマゾラメさんを思い出しちゃいますね。あっちは「血のつながった妹なんているわけない」と言い切ってましたが、まだオタクの妄想乙wwwwと言えるくらいのレベルでした。一方、こちらは・・・・マジでそうなんかなぁ。やっぱり男子のオ○ニーとか興味あるのかなぁ。言ってくれればいつでも教えますが。よし、見せ合いっこし、しよっか・・・?←事案

※書いた後で思ったけど大野さんの発言の方が近いかも。




f:id:toldo13:20150830111155j:image

女子にも容赦無い

ちなみに千子ちゃん。女子にも全く遠慮がありません。前の日にオ○ニーしたかどうかが分かるようです。これが所謂女の勘というやつでしょうか?えっ、普通の女子なら他の女子がオ○ニーやったかどうかって分かるものなんでしょ???

まぁ、本当に分かるかどうかは置いといて、毎回これを言われたらたまったものではありません。ましてや、千子ちゃんから「私も昨日オ○ニーした」というカミングアウトをされても困るでしょう。もちろん俺は女子が前日オ○ニーしたかどうかは知りたいですけど。したって人はTwitterとかで教えて下さい。変な意味はありませんよ、ただただ興味があるだけです。(千子ちゃんと同じ手法で聞いてみる

f:id:toldo13:20150830111234j:image

ぼ、(勃起・・・)

なお、2巻でこんなセクハラをされたのが新キャラの流河ちゃん。高村のことを好いている雰囲気のあるいとこだそうです。三角関係になるかな??と期待しつつ、そのあたりは3巻以降へ。個人的にも超好きなキャラです。赤面が可愛すぎて・・・・というか、俺の中の此ノ木よしる作品は赤面だと思っていたので、ようやく出てきたか!!(ガタッ、といったところ。なんにせよ可愛い。高村の常時チ○コを見て赤面する姿など最高です。

余談ですがキャラデザ的に此ノ木先生っぽくない?とかちょっと思いましたが、よくよく考えるとそこまで此ノ木フリークでもないので、今のトレンドかもしれません。とりあえずめっちゃ可愛いので問題ないです。好きです。




f:id:toldo13:20150830110752j:image

安心してください。挿入ってませんよ。

セーラー服で高いところに登ったり、オ○ニーのためにノーパン移動したりというとんでもない女子高生がいる漫画です。問題はその本人に羞恥心めいたものがないことだと思います。高村はそんな彼女に“恋心”を芽生えさせることはできるのでしょうか。一生このままな気もしますが・・・・。

どうでもいいですが、↑の場面で高村は出すことになります。何が出たのかは読んでのお楽しみということで。




此ノ木よしる先生のTwitter(@y_konogi)もフォローさせてもらっていますが、漫画に子育てに奮闘しているようです。お子さんがこのままいくと純粋培養のオタクになったらどうしよう?とか思うこともありますが、元気なお子さんに育ってくれるといいですね(何様だろうか)。もしかすると子育て漫画とかやると面白いのでは??と思っているので、変女の次あたりにどうでしょう。

2015-08-28

[]慣れ合い

さて久々の注目タイトルの単行本が発売。

わたくしこと無駄話トルドは、残業帰りで夜遅くに更新していると、すでにTwitterで更新報告。あちゃー!と思いつつ文章を書き始めると、Twitterの更新報告ではブロガー仲間のいのけんさん。そのあとすぐに来たのは、おやおや、DAIさん久しぶり。あれれ、フランさんもキター!よくみると、並んでるのは超弩級の漫画ブロガーばかり。いやー、この本はラッキーだなぁ。これだけ猛者がブログで宣伝してくれるんだからw

ま、どう転ぶかは山田さん次第なんですけどねw

肝心の面白さは、絵柄はボーノ、ストーリーはグラッチェ、設定はトレビアン、オチはハイ来ました夢オチです。もうこれは久々に三ツ星出そうかな?と思ったけど、そもそも献本をくれなかったことがマイナス。この業界、押さえるべき人は押さえないと。残念ながら星二つ(私の星二つは他の人の五つ星くらいと思ってください)

そうそう、仲間の漫画ブロガーたちと「ポエムで語る」というグループを作りました。活動は主に有料メルマガです。私は主にみなさんに「2ちゃんで炎上するコツ」を伝えたいと思います。

以上、無駄話トルドでした。ごちw


参考:ヌードル亭麺吉コピペ