Hatena::ブログ(Diary)

パソコン・メモメモ備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

トホホなパソコン生活
この日記で万が一何か役に立ったら「いいね!」か はてなスター★ を付けてもらえるとうれしいです(^_^)
日記内検索 「PocketWifi 関係」「Viliv S5 関係」「HDR-CX12 関係」 「WZR-AGL300NH 関係」 「AVCHD 関係」 「FinePix F30関係」

2016-06-30

[][] HTL23 microSD 不調 その後(3)  HTL23 microSD 不調 その後(3)のブックマークコメント

新しい microSDXC カードは、HTL23 に挿している分には非常に快適である。が、パソコンに接続したカードリーダーに挿すと、フォーマットしますか、ダイアログが出て中身を見ることができない。少々困るのは、HTL23 に挿したまま、PC と USB ケーブルで接続し、HTL23 を外部メモリーモードにすると、同じようにフォーマットするか訊かれる状態。一応、HTC Sync Manager モードならアクセスはできるが、外部メモリーモードで無いと出来ないこともあり、不便。

要するにまともに読めるのは HTL23 しかない状況。ということで、USB の OnTheGo な microUSB-USB 変換ケーブルを使って、モバイル HDD を接続し、HTL23 の ES File Explorer で、ファイルを全コピーすることにした。手元の モバイル HDD は、NTFS フォーマットだったので、バックアップを取って、ExFAT にフォーマットしなおした。64GB もあると、結構コピー先の媒体を探すのも大変。4TB の HDD はごろごろしているが、NTFS でフォーマットされていて HTL23 からは認識できないし。

ということで、待っていればコピーは終了した。microSDXC カードを HTL23 から抜いて PC のカードリーダに挿して、今一度 ExFAT でフォーマットして、モバイル HDD から書き戻した。これを HTL23 に挿し直すと、一応、以前の通り使えているようだ。ただし、一つ問題があった。ES File Explorer でコピーした際、全ファイルのタイムスタンプがコピー時のものになってしまっている。これはちょっと頂けない。さてどうしたものか…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160630

2016-06-29

[] WesternDigital SanDisk 256GB の microSDXC 発売  WesternDigital SanDisk 256GB の microSDXC 発売のブックマークコメント

Impress さんの記事。つい先日 128GB の microSDXC カードを購入したばかりだが、256GB の microSDXC カードもそろそろ販売されるらしい。これまでは事実上 microSDXC カードの最大容量が 200GB という中途半端?な無理矢理感のある容量だったが、倍々ゲームの系列にやっと戻れた感じだ。とはいえ、そろそろフラッシュメモリの大容量化は限界が近づいているのかもしれない。

実は、この記事にも書いてあるが、先月すでに Samsung から 256GB microSDXC カードの発表があった(ITmedia さんの記事)。ただ、6月発売と言いつつ、Amazon ではまだ販売していないようだ。ということで、世界初の microSDXC カードは、Amazon で先に発売した方にその栄誉を与えることにしよう、とか勝手に言ったりして。

どちらも書き込みが 90MB/s で、かなりのもの。結構発熱しそうな気がしたり。あの大きさなので、熱の集中具合も大きいのではないだろうか。一応、読み出しは 100MB/s で 95MB/s の Samsung 製よりもちょびっと速くて、世界最速らしい。誤差範囲とは思うが。

しかし、価格はかなり高いな。先日買った 128GB microSDXC が、4000円余りだったので、その4〜5倍はするということか。容量単価でも倍以上。小生には高嶺の花かな。

スマホドローンにはぴったりか。デジカメにも、そろそろ microSD カードで良いような気がしてきた今日この頃。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160629

2016-06-28

[][] HTL23 microSD 不調 その後(2)  HTL23 microSD 不調 その後(2)のブックマークコメント

microSDXC カードをフォーマットして、ファイルを置き直してみたが、以前より SD カードを見失う頻度が落ちたとは言え、一日に一回程度この現象が起こる。ということで 128GB の microSDXC カードの安いやつを購入した。それでも読み出し速度 80MB/s となかなかのもの(パッケージに読み込み速度、と書いてあったが「読み込み」はメモリーカードのパッケージとしては違和感があるなぁ)。

なんとなく、一度バックアップの意味も含めて、AcronisTrueImage で tib ファイルにして、それを 128GB の microSDXC カードに書き戻した。何も考えていなかったので、元の 64GB の容量として書き戻されてしまった。パーティションを拡大するか、今一度書き戻し直しが必要だが、とりあえずそのまま現在使用中。

で、SD カードを見失う不具合は、現在のところ出ていない(といってもまだ二日余りしか使ってないが)。というか、全体的に動作が軽快になった気がする。カードの読み書き速度が上がったせいなのだろうか。そんなに SD カードに常々使うものが入っていたのか。確かに、SD カードを見失った際は、ホーム画面のアイコンも表示されないアプリがあったりするので、そうなのかもしれない。

もう一つ、昨日はえらくバッテリーの消費が少なかった。普段朝から夜までで、50% 近くは減るのだが、昨日は、夜 10 時頃でもまだ 70% 以上あった。SD カードの入れ替えと関係あるのだろうか。謎だ。

結果的には microSDXC カードの交換は大きい効果があったと言えるだろう。ただ、一つ、128GB の microSDXC カードを PC に直接挿したら、フォーマットのダイヤログがでて中身が見られない。HTL23 では使えているのに。どういうことか。パーティションの拡大も今はできていない。どうしようかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160628

2016-06-27

[][] @nifty ホームページサービス @homepage の引っ越し  @nifty ホームページサービス @homepage の引っ越しのブックマークコメント

小生 @nifty を利用しているのだが、これまで使ってきたホームページサービスが終了するという連絡があったので、引っ越しした。といっても、同じく @nifty が提供しているホームページサービス、LaCoocan へ引っ越しする。何が変わるのか、今一つわかっていないが、手順は細かく説明されているページがあり、その通りにやれば、ひとまず無事に引っ越せたようだ。

特に、引っ越しを前提とした機能等用意されているので、スムーズにできるのは当たり前かもしれない。@homepage を使っていた人専用の無料のプランが用意されていたり、以前のホームページには自動的に引越し先を表示するページに変えられたり、と。

LaCoocan では、アカウントごとにサブドメインが取得できる。Google 検索エンジンには、ドメイン毎にサイトがわかれている方が好まれる、とかいう情報を何処かで見た覚えがある。一つのドメインの下で、ユーザごとにフォルダがあって、そこに各ユーザのホームページがある形はすでぬ古い、ということのようだ。@homepage は後者の形式。ホームページのテーマの認識とかが、ドメインごとに行われるとかなんとか。

と、ごちゃごちゃ書いたが、置いてあるデータ量は微々たるものだったり。カウンタとか置いていないので、どれくらいアクセスがあったのか、これからあるのかも良くわからないが、せっかくなので存続させることにしよう。このブログへのリンクも置いてあるし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160627

2016-06-26

[][] HTL23 microSD 不調 その後(1)  HTL23 microSD 不調 その後(1)のブックマークコメント

昨日は、とりあえず HTL23 の microSDXC カードのバックアップを取った。結局、EaseUS Data Recovery Wizerd を購入してしまった。円高なので、ドル建てて購入したりして。割引クーポンとかも探せばあるかも。ひとまず、Acronis True Image で、microSDXC カードのセクタ毎のバックアップの tib ファイルを作成した。それをマウントして、そのドライブに対して、ファイルの復元処理を行った。おおよそ復元はできたんじゃないかと思われる。まるっぽバックアップが取れて、それを普通のドライブ(リムーバブルディスクにはならないっぽいが)のようにまうんとできる Acronis True Image はなかなか素晴らしい。そして、ExFAT でフォーマットしていても、FAT32 としてファイルをスキャンしてくれる EaseUs Data Recovery Wizerd もなかなか。フォルダ構成もそのまま復元できるのも素晴らしい。

もしかして、一度 microSDXC カードをフォーマットして、全ファイルを入れなおしてから HTL23 に戻せば、何かしら SD カードを見失う問題が軽減されるのでは無いか、と試してみた。まぁ時間は取られるが、お金はかからない。

少年ジャンプPlus のファイルが、ページごとにファイルになっているせいか、大量になっていて、これだけで結構時間がかかる。それほど保存しておきたいファイルじゃないので、さくっと削除してから作業していれば良かったな、とか思いつつ。今回の作業は、結構時間がかかった。microSDXC からの読み出しも結構遅くて、AcronisTrueImage のバックアップも時間がかかったし、EaseusDataRecovery のスキャンも、結構。一番時間がかかった、microSDXC カードへの書き戻しは、寝ている間にやったので、実は余り関係なかったりするが…

そういや Android5.0 は、ちゃんと ExFATmicroSDXC カードにも対応しているのがありがたい。色々ツールを使って、FAT32 でフォーマットする必要も無く。

で、HTL23 での SD カードの不安定性はどうなったかというと… かなり改善された感触はある。ただし、SD カードを見失うことは無くなっていない。すでに1度見失ったが、一日数回は見失っていたのを考えると、改善されたといっていいだろう。フォーマットし直したのが良かったのか、ExFAT にしたのが良かったのかは良くわからないが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160626

2016-06-25

[][] フォーマットしてしまった microSDXC の復元  フォーマットしてしまった microSDXC の復元のブックマークコメント

先日書いたように auスマホ HTL23 で microSDXC カードを良く見失う。そこで、microSDXC カードを別のものと取り替えようかと画策中。

まずはカードを取り出してバックアップしようとした。PC に接続したカードリーダに差し込んで、普通にフリーソフト FastCopy を使って、ざっくり HDD へコピーした。というか、したと思った。コピーを開始して、しばらく放っておいてから見ると、コピーが終わった感じで、コピー先のフォルダを見ると、たくさんフォルダができていた。

よし、と思って microSDXC カードはフォーマットしてしまった。そこで気付いたのが、FastCopyダイアログにエラーのログが… 全部で 50GB くらいファイルがあったようだが、コピーは 40GB くらい。残り 10GB が、コビーされていなかった。なんか途中でスリープしていたらしい。しまったと思っても元の木阿弥。

そこで、以前もやったが、ファイル復元ソフトを使っての、ファイルのレスキュー。これがまた、Windows10 デフォルトExFATmicroSDXC カードをフォーマットしてしまったのだが、実はもともとは FAT32 だったらしい。このせいで、復元の際に、ファイル名なんかを正しく取得しない復元ソフトもあるようだ。

ということで色々試した結果。一番良さそうだったのが、EaseUS Data Recovery Wizerd。ただし、スキャンに結構時間がかかるのと、フリー版だと 1GB までしかリカバリーできない。しかも有料版は高い。一応、1GB 分の一部だけは復元できたのを確認。

ExFAT が駄目かと、今一度 FAT32 にフォーマットしなおして試してみた。色々試した中では、Recuva がファイルを拾えそうだが、スキャンに 1 時間くらいかかるらしい。さて、どれがいいかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160625

2016-06-24

[][] 拙宅 Living PC の不調対策  拙宅 Living PC の不調対策のブックマークコメント

拙宅のリビングの置いている PC は、REGZA 42Z3500 に接続して、過去に撮りためた写真やビデオが集積してある。最近、妻が昔のビデオなんかを見たいというので、時々使っている。Sony のビデオカメラユーザーなので? Sony 謹製の PlayMemories Home(PMH)を愛用している、しばらく起動していると、数分〜数十分間で HDD のアクセスでエラーが出始めるらしく、アクセスランプは点きっぱなしで PMH が固まって、時々復活したり、そのまま青画面になったり。

とりあえず HDD熱暴走とかしているのだろうかと、HDD の取り付け場所を変えたり、HDD を冷やすファンを取り付けたり、色々やってみたが多少安定度が増したような気がしつつも、効果はない感じ。CrystalDiskInfo で SAMRT 情報とか見てみたが、特にエラーぽいものは発生していない。Windows のイベントビューアに Disk エラーが記録されているにもかかわらず。

また、フタを開けながら稼働してみて、気になったのは、チップセットのノースブリッジのヒートシンクが触れないくらい熱いこと。以前も気になっていたので、そこを冷やすファンを取り付けてみたりしていた。が余り効果が無いような。

放っておくとすぐに固まってしまう状況の中、BIOS の設定を色々変えてみたり試して(BIOS が起動する間に固まることも…)、やっと原因らしいものを見つけた。それは、ノースブリッジ等への供給電圧がちょっと高めであること。BIOSオーバークロック用のメニューがあって、ノースブリッジ・サウスブリッジ等の供給電圧の所が AUTO に設定してあった。これのせいで、標準的な電圧より結構高めに設定されていたようだ。とりあえず全部、最低の設定にした。

その後は、とりあえず HDD のアクセスが固まることは無くなったようだ。SATA 関係はサウスブリッジ(SB700)に接続されているので、サウスブリッジがおかしくなっていた可能性が高い。触れないほどあつかったノースブリッジは関係ないかも。

ということで、とりあえずしばらく様子見か。数時間の過去のビデオの再生等では、特に問題は出ていない。いつ固まるかとびくびくしながら使うパソコンほど精神的に嫌なものはない。これでそこそこ安心して使えそうだ。実は何年も前からこの PC は不調だった。以前はネットワーク関係が怪しいと、USBネットワークアダプタを使ったりしていたが改善しなかった。結局サウスブリッジの不調だったということか。なんともはや。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160624

2016-06-23

[][] au スマホ HTL23 で microSD カードが不調  au スマホ HTL23 で microSD カードが不調のブックマークコメント

小生、HTL23 ユーザで、microSDXC 64GB に動画ファイルを入れて、通勤電車で視聴していたりする。今月に入った頃からだろうか、操作中に急に SD カードが抜かれた、みたいなメッセージが出て、microSDXC カードが認識されなくなることが頻発しだした。HTL23 の Android で動いているアプリの中で、microSDXC 内のデータに依存しているものもあるせいか、すぐに再認識されたとしても、かなり挙動が不安定になったり、固まってしまってなかなか操作を受け付けなくなったりしている。

はてさて、これはどうしたものだろうか。まだ購入してから2年経っていない(後2ヶ月位)し、この点以外は、それほど困っていないのと(裏で色々動いているせいか、余りサクサク動かないのは不満だが。一度、初期化してみるかなぁ)、現在の新機種で余り魅力を感じる端末が無いので、もうしばらくは使いたい。ちょっと、microSD の不調は困る。

ずっと、microSDXC カードはスロットから取り出すことは(フタを開けることさえも)無い状態で、症状が出たので余り意味は無さそうだが、カードを一度取り出して、端子面を拭いてみたり、ナノカーボン接点改質剤を塗布してみたが改善はせず。温度のせいかと、冷やしながら使ってみたが、まったく改善せず…

もう一つの対策としては、microSDXC カードを新しくする、というのもある。HTL23 側が悪いのなら、改善はしないのだが、お買い得品を探し中… どうせなら 128GB が欲しいな、とか思いつつ。まともなブランドのものは、4000円くらいが底値だろうか。64GB だと 2000円を軽く割るものもあるようなので、128GB はちょっと贅沢かな。まぁ 200GB は贅沢すぎとして。悩みどころだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160623

2016-06-22

[] Intel 新72コア XeonPhi CPU 「Knights Landing」発表  Intel 新72コア XeonPhi CPU 「Knights Landing」発表のブックマークコメント

4Gamers さんの記事。現状スパコン用に TFlops の数値を稼いでいるのは GPU ベースのものが多い。専用チップを使っているものもあるが、この XeonPhi シリーズは、パソコンで使われている CPUソフトウェア互換性が高いコアが多量に1チップに詰め込まれたものである。その分親近感がある?

小生の勝手なイメージでは、GPU は、大量の演算器が一斉に同じ計算処理を色々なデータに適用するのがベースで、最近は、全演算器では無くて、グルーピングできるようになって、少し柔軟性が出てきたもの。

それに対して、XeonPhi は、それぞれ独立してプログラムを実行する CPU コアの数値演算能力を強化したもの(ある程度の量のデータを一気に計算する)を大量に詰め込んだイメージ。今回の Knights Landing では、200 以上のスレッドを同時に走らせられるそうな。やろうと思えば、全然違う処理を 200 個同時に動かせる、感じなのかな?

どちらも突き詰めていくと、同じような到達点にたどり着くような気がするが、XeonPhi は、異なる処理を複数走らせるための制御部分が大きく、GPU のような演算器モンスターに TFlops で匹敵するのは難しいと思っていた。Knights Landing は Max 6TFlops ということで、チップ当たりの Flops 値がハイエンド GPU に匹敵しているのが、この発表で凄いと思う最大のポイントだろうか。

GPU では、条件分岐で処理の進み先がわかれた場合も、ひとかたまりのデータに対しては同じ処理を適用し続けて、分岐の結果によって、不要になった演算結果を捨てるような事をするそうな。巨大な行列計算とか、あまり条件分岐が無いような場合には、フルパワー近く出せるのだと思うが、大量の粒子が色々な場所で衝突したりしなかったり、みたいな場合は、XeonPhi 的なプロセッサが力を発揮する気がするがどうなんだろう。多分、得意不得意がありそう。

16GB の高速アクセス可能なメモリを、オンパッケージ(Intel さんはこういうの好きだな)にしているのも面白い。どのくらい効果があるのだろうか。

個人的には、もう少し(半分とか 1/4)スペックを落とした民生用のアクセラレーションチップも欲しいな、とか思ったり。はてさて。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160622

2016-06-21

[][] ワイヤレス HMD PC IDEALENS K2  ワイヤレス HMD PC IDEALENS K2のブックマークコメント

Impress さんの記事。こういうハードも出てきて、VR 用 HMD もバリエーションがかなり増えてきた。一番手軽なのは、スマートフォンを取り付けるタイプ。この IDEALENS K2 も、ザクッといえば同じ構成っぽい。ただ、光学系が、HMD 用に最適化されていて、スマホの画面の流用と比べると、視野角等優位点があるようだ。解像度も 2560x1440 の有機 EL ディスプレイで本格的だ。

CPU は1世代前のスマホハイエンド Exynos 7420 だそうな。ハイエンドスマホHMD に特化させたものといっていいように思う。OSAndroid ベースだし。ジャイロやセンサー類の充実度やチューニングは期待していいのだろう。ディレイも PlaystationVR を上回る 17ms で 90fps 描画だそうだし。スマホと違って、いらないアプリが裏で走っていたりする事も軽減されているはず。

これでいて 300g を割る軽さというのも魅力的。バッテリーも搭載していて2時間稼働するとのことだし。できれば、バッテリーは腰のあたりにぶらさげて、HMD 部分はもっと軽くしてもいいかな、と思うが、ケーブルがあると付け外しが面倒だから魅力を落とすことになるかも。

HMD 型のスマホだと思うと、ちょっと10万円レベルの価格は高く感じる。PlaystationVR のように大量に売れるわけではないからそんなものかな。でも、値下がりを期待したい所。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160621