Hatena::ブログ(Diary)

パソコン・メモメモ備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

トホホなパソコン生活
この日記で万が一何か役に立ったら「いいね!」か はてなスター★ を付けてもらえるとうれしいです(^_^)
日記内検索 「PocketWifi 関係」「Viliv S5 関係」「HDR-CX12 関係」 「WZR-AGL300NH 関係」 「AVCHD 関係」 「FinePix F30関係」

2016-09-26

[][] Amazon Fire タブレット交換  Amazon Fire タブレット交換のブックマークコメント

うちの息子が使っていた Fire タブレット( Fire 7 (2015) )だが、扱いが荒いせいか、一年たたずして、microUSB ソケットが壊れてしまったらしい。充電用の microUSB ケーブルのコネクタ部分も通電はするものの金属部分がプラスチック部分から折れて生えている状況。落としたのか踏んだのか。その後、色々いじったせいか、microUSB のソケットの内部の黒いプラスチック片が取れて出てきたり、コネクタが刺さらなくなった(金属端子が邪魔をしているらしい)。

こんなこともあろうかと、Fire用 事故保証プラン を購入していた。2年間の落下・水濡れ等の保証をしてくれるとのこと。と言うことで、電話したら、早速交換してもらうことに。電話の先は、テックマークジャパンという、Amazon の保証を専門にやっている会社らしい。

交換品の到着まで2〜3週間かかる、という話で、実際到着まで15日間かかった。はっきり言って、かかりすぎな感じはする。待ちきれずに新製品買ってしまえ、というプレッシャーを与えるレベルだろうか。今回は、そんなに酷使していない(制限掛けまくりで、アプリインストールも親の許可が必要にしているし、メール・ブラウザさえ止めているので…)ので、マイクラやゲームにしか使っておらず、それほどのダメージは無かったようだが。

Fire タブレットは、設定しておけば、自動でバックアップを取ってくれるらしい。それを新しく届いた方にリストアした。購入していた電子書籍とか、アプリとかは自動的にダウンロード・再インストールされた。ただ、ゲームの進行状況なんかはリストアされない様子。古い方で、ES ファイルエクスプローラーで、Android/Data の下とか、Game/ の下のファイルを PC にバックアップしたのを書き戻した所、アナ雪の Free Fall と Minecraft のセーブしたものはなんとか復活できたっぽい。写真もクラウドバックアップされていたのが復活した。まぁ、特に残すべきものも無かったようだが。

ということで、あとは、古い方を返送するだけ。実は、microUSB ソケットの内部の金属端子の位置をマイナスの精密ドライバを突っ込んで、こちょこちょと直したら、microUSB ケーブルを挿せて、充電もできた。ただ、金属端子を支えているプラスチック片が無いので、いつ曲がってショートしたりするかわからないので、ここは交換しておくべきだろう。

息子には、ものは大事に使うように言い聞かせたが、あんまり堪えてないような。そんなに高いものでは無いが、床に置いておくとかしないようにして欲しいものだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160926

2016-09-25

[][] au HTL23 バッテリーの膨張  au HTL23 バッテリーの膨張のブックマークコメント

最近、某掲示板を見ていると、auスマートフォン HTL23 のバッテリーが膨張する話が良く出ている。他人事だと思いつつ読んでいたのだが、ふと、自分の HTL23 を見てみると、画面の映り込みの一部に歪みがあるような雰囲気。カバーを外して、画面表面のガラスの長辺のエッジを確かめてみると確かに中央が膨らむ方向に曲がっている。これはヤバい。この所、本体とカバーの接触する位置が以前と変わってきているような、という気がしていたのだが、これもバッテリーが膨張して、筐体裏側が膨らみ始めていたせいのようだ。

バッテリーが膨張してくると、色々な所へ悪影響がでてくる。バッテリー自身の性能(容量が減ったり)もあるが、Felica が使えなくなったり、画面が割れたり、の可能性も。モバイル SUICA が使えなくなるとかなり困る。

ということで対策を検討中。一つは、新しい機種に乗り換える事。これが一番カンタンなのだが、現在の端末のラインナップに、これ、という機種が無くて困る。HTV32 が Felica 対応で防水だったら、迷うことは無かったのだが、候補外。GalaxyS7 か AQUOS SERIE SHV33 か Xperia X performance か。SHARP応援するため、SHV34 にしたい所だが、RAM 4GB なのは S7 だけなんだよなぁ。SHV34 で気になるのは、Android7.0 へのアップデートが提供されるか、だろうか。今の SHARP にその余力があるのかどうか…

もう一つは、修理する、という手が。au か修理ショップか、自分でやるか。2 万円近くはかかるみたいで、自分でやるのが一番安いが… 修理ショップでも 17,800円とか(iPhone 修理工房さん)。 au で頼むと 2 週間とかかかるらしいし、問題外かなぁ。

はてさてどうしようか悩む…
f:id:umonist:20160925235320j:image:w360

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160925

2016-09-24

[] Anniversary Update  Anniversary Updateのブックマークコメント

実は、拙宅の PC の 1 台は、すでに Anniversary Update を適用していたりするのだが、今回日頃持ち歩いているメインの PC Dynabook V714 にも、Update を勧めるメッセージが出たので、Update してみた。ただ、少し一筋縄ではいかなかった。

この V714 は 128GB の SSD を搭載しているのだが、二つのパーティションに分割している。そのせいもあるのか、C ドライブの空き容量が足りなくて、Update できないとおっしゃる。外部ドライブを作業場所に指定できるようなので、SD カードスロットに挿している SDXC カードがまだ 30GB 程度空いているのでそれを指定してみた。Update のダウンロードにしばらくかかって再起動したりインストール作業が進んで、出てきたのが、外部ドライブを接続してくれ、的なメッセージ。SDXC カードはスロットから抜いていないぞ、といいたい。なんかうまく SD カードスロットが見えていないのか。

仕方ないので、USB で接続しているバックアップ用の HDD を保存先に指定してもう一度始めると、ダウンロードからやり直すらしい… こんどは、HDD にカチャカチャかなり激しくアクセスしているようだ。なんやかんやで Update に2時間近くかかったんじゃないだろうか。HDD もかなり酷使した感じ。

その後無事に Windows10 が起動した。最初のログオン画面とか、ちょっと変わっている。で、ログオンしてみると、アプリのタイトルバーとか変な色になっていたり。Update した事をアピールしたいのかもしれないが、色々とうっとうしい。気分の問題だけでは無くて、Operaブックマークバーの文字が読みづらくなる、という弊害もあったり。設定のテーマの色で、タイトルバーの色の表示や、スタート、タスクバーに色を付けるのを off にして、以前の雰囲気に戻ったように思う。後は、キーを入れ替えている(Capt Lock <> Ctrl とか)のも元に戻ってしまうので、SwapKey ソフトで設定し直したり。

ということで早速新機能を幾つか試してみた。一つは、WindowsInk、といってもほんの一部だけ。タスクバーに Windows Ink ワークスペースというアイコンがあって、そこから、付箋やスケッチパッド、画面スケッチが呼び出せて、それぞれペンで色々書き込んで、OneNote に送ったりできる。まぁ、それなりに便利に使えそう。ブラウザの Edge で、Web 画面に色々書き込みして保存するのもなかなか使えそうである。Edge、というのが、普段余り使わないだけに残念だが。

もう一つの新機能は、Miracast のレシーバー機能。機能を有効にすると(接続>このPCへのプロジェクション> あたりで)、Android スマートフォンau HTL23 で、miracast レシーバーとして認識されて、画面を表示することは一応できた。ただし、画面更新が時々レベルで、実用性はない… 「Windows PC や Windows Phone の画面を…」とか書かれているので、Android は未保証な感じだろうか。「この PC をプロジェクション用に検出できるのは、接続されている場合です」をオフにすれば、Wifi 無しでも有線で繋げそうなのだが、HTL23 の方が対応してなさげなので試せず。後、V714 だと「このデバイスでは、ハードウェアがワイヤレス プロジェクション用として設計されていないため、コンテンツの表示に問題が生じる可能性があります」とか言われるので、そのせいもあるのかも。ドライバとか更新しても駄目かな?

ひとまず、普通に使えている感じだろうか。問題は出ないだろうか…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160924

2016-09-23

[][] GoPro ドローン Karma  GoPro ドローン Karmaのブックマークコメント

Impress さんの記事。小型アクションカメラで有名な GoPro からドローンが発表された。GoPro だけにカメラ周りはお手の物で、というか、GoPro のカメラをドローンにそのまま装着する感じのようだ。専用のリモコンで、映像をライブで見ながら操作できるらしい。通信Wifi なのかな? 2.4GHz 帯を使うようだが。独自プロトコルかも知れない。

ドローンとしては、折りたためて持ち運びに便利なのが特徴だろうか。広げると、41cm x 30cm x 12cm と、思ったよりは小さい。これで、GoPro カメラとジンバル(スタビライザー)を搭載して 20 分間も飛べるのだから、なかなか凄い。折りたたんでも、22cm x 36cm x 9cm で、そんなに小さくはならないが、一番長い辺が 44cm→36cm になるから意味はある?

最近は、ドローンと言えば DJI みたいな感じらしいが、この Karma はスタビライザーの部分だけを取り出して、GoPro と合わせて手持ちで使えるのもなかなか面白い。カメラメーカーが作るドローンらしいといえるだろうか。

昨今、ドローンの利用は、社会的な問題でなかなかかんたんにいつでもどこでも、というわけには行かなくなってきつつあるが、普段見られない風景を見られるという意味では、非常に興味深いデバイスではある。こういう新製品も活躍の舞台が色々あるといいのだが。

これが十数万円で買えてしまうとは、なかなか世の中進んでいる。次は、VR 用とかの全周カメラを搭載するドローンがさっさと出て欲しいものだ。解像度を確保するために、8K レベルが必要かもしれない。そのためには、バッテリーの進化がまだまだ必要かな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160923

2016-09-22

[][] RICOH 手のひらサイズの短焦点 LED HD プロジェクタ WXC1110  RICOH 手のひらサイズの短焦点 LED HD プロジェクタ WXC1110のブックマークコメント

Impress さんの記事リコーさんのプロジェクタには仕事でお世話になっていたりする。超短焦点プロジェクタでは、縦置きする感じの筐体で、なかなかユニーク。他社のは、本体部分が横置きのせいでその長さも含めると、スクリーンから必要な距離が増えるものがある。レンズを筐体の後ろの方にする工夫とかされていたりはするが、縦置きには敵わないかな。

それはさておき、昨今 LED + DLP で非常に小さいプロジェクタが色々出てきている。DELL の M115HD なんかは、WXC1110 に良く似た雰囲気の製品だが、ひと回り小さく安い一方、450 ルーメン焦点距離が長め、という差はある。WXC1110 は、一回り大きいが、600ルーメンなのと 90cm で 50 インチで、1.6 倍くらい短焦点かな。お値段がちょっとお高いのが気になるが、日本メーカーだから、安さよりも安心感だろうか。

上記超短焦点タイプもそうだが、この WXC1110 も縦置きできるそうな。天井投射とかやりやすい感じか。放熱の問題があるので、なかなか好きな向きにプロジェクターを置くのは色々問題があったりするが、LED になって、その辺りも自由度が上がっているのだろうか。特に、WXC1110 は、縦長画面に投影する事もできるのが嬉しい所。ただ、縦長画面の筆頭、スマートフォンの画面を投射する場合でも、ディスプレイ側が縦長画面を想定した出力ができるのを見たことが無い。たいてい横長画面の真ん中に小さく縦長表示されるだけだ。

世の中には、PC モニタでもピボット機能で縦長に設置したり、大型液晶モニタをサイネージに使うときも縦長にしたり、こういうプロジェクタもあることを考えると、スマートフォンから、画面全体に縦長画面を出力する機能があってもいいものだが。昔は iPad で、本体横画面状態で画面回転をロックして、本体を縦にすると、バグって大きく縦長画面が出せたような気がするが…

話は戻って、この WXC1110 も解像度は 1280x800 ピクセルなのが残念。未だプロジェクタでフル HD はメジャーになれないのか。なんか残念だなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160922

2016-09-21

[] WD SanDisk 1TB SDXC カード  WD SanDisk 1TB SDXC カードのブックマークコメント

Impress さんの記事。まだ、発売時期も価格も発表されていないので、今から騒ぐのは少々時期尚早ではあるが、1TB の大台はなかなか衝撃的である。microSD カードの大容量化もなかなか想像を超える部分があるが、SD カードも、小さいという意味では、そこそこ小さいわけで。

2.5インチ HDD でも、ちょっと厚めのもの(15mm)で 3TB、9.5mm厚だと 2TB くらい。というか 2.5 インチ SSD でも 1TB あたりが一般に売られている上限的な感じだと思う。まぁ、1TB SDXC カードは、価格も相当高いだろうし、プロ用途的なもので、同列に比べるのは違うかな。

1TB にもなるとアクセス速度も気になる所。だが、HDD でも実質 100MB/sec あたりが普通で、200MB/s いくものは殆どないが、4TB の容量が当たり前になってきているので、100MB/sec くらい出れば実用上問題ないのかもしれない。ただ、4K の低圧縮な動画録画の目的には 200MB/sec 程度はあった方がいいようなので、これが目標値だろうか。

SD カードほどの小ささになると、間違って踏んづけただけで壊れてしまいそう。一瞬で 1TB が天国へ行ってしまうかも。金属筐体の丈夫な SD カードが流行ったりするのだろうか。フラッシュメモリの次を担うメモリが色々開発されているが、チップ自体の強度も重視されたりして。逆に柔らかくてすぐ元に戻るような素材が良い、なんてこともあるかな?

小生の持ち歩いている 2in1 PC Dynabook V714 には、フルサイズの SD カードスロットがある。もし、このカードが一般に手に入るようになったら、それを刺せば、すぐに 1TB の内蔵ストレージを持った PC になると。なんのデータを持ち歩くかな?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160921

2016-09-20

[] MS OfficeLens Windows  MS OfficeLens Windows 版のブックマークコメント

ストアの製品のページ

小生、簡易スキャナとして、OfficeLens には良くお世話になっている。スマートフォンで書類を撮影しておけば、おおよそクラウドに勝手にバックアップも取られるし便利。それなりの照明環境が無いといけないが、まぁ、普通のオフィスのデスク上ならまず問題は無いと思う。ただ、書類の折れや曲がりの影響は結構受けるので、できるだけ真っ平らにした状態で使わないといけないのが面倒。行の形とかを見て、その辺りも補正できたらすごいのだが、実際には、実物以上に結構歪んだ書類の画像になる印象。大抵は、文字が読めればいい、程度の記録しかしないので問題は無いのだが。

それと、連写出来ないのも場合によってはうっとうしい。1枚1枚 OK かどうか確認が必要だったりする。保存先も、毎回選ばないといけないようだし。

で、Windows 版なのだが、カメラの解像度が低いからか CPU パワーの違いか、撮影後の処理は一瞬である。逆にカメラの起動が遅いのだが… 次々撮影ができるのも、大容量のストレージを積んでいること前提だからか? とは言え、小生のいつも持ち歩いている Dynabook V714 だと、本体が重くて、撮影時に十分明るくないと手ブレが激しい上に、カメラの性能も低くて解像度も 3Mピクセルで、暗所にも決して強くない。撮影された画像にがっかり、といった所。

まぁ、それでもちょっとしたメモレベルには使えるかな、といった所か。OneDrive や Office 系のアプリとの連携ができるので、まぁ、うまく使えば役に立ちそう。

そう言えば、一般向けの V714 等、東芝の 2in1 PC を購入すると、東芝製のこういう簡易スキャナ系のアプリが最初から入っていたりするそうな。小生の V714 は企業向けモデルなので、入って無くて残念。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160920

2016-09-19

[] iPhone7 機種変  iPhone7 機種変のブックマークコメント

妻の iPhone5S を7 に機種変したので、少し使わせてもらった。というか、まず初期設定させられて…

iPhone は、基本、iCloudバックアップを取っていれば、機種変をしてもほぼそっくりもとの環境にすぐに戻せる。という知識はあったので、iPhone7 を店頭で引き取ってから自宅に帰って、さあやろうとしたのだがやり方がわからず。調べてみると、最初に起動した際に、バックアップからの復元方法を訊いてくるとか。だが、この iPhone はすでにホーム画面が表示される状態だった。

店頭で動作確認のために電源を入れて、確認用の電話番号にかけるところまでやられていたので、バックアップからの復元の段階は勝手にスルーされていたということらしい。ということで、すでに指紋認証とかの設定をやってしまっていたのだが、フルリセットして、工場出荷状態に戻してやり直すことになった。まぁ、フルリセットすれば、最初の電源投入時の、バックアップからの復元の画面も無事に出て、過去の環境を復活することができた。

一部 LINE の引き継ぎはちょっと操作が必要だったようだが(それは妻がやったので知らず…)、普通に使えているらしい。多分、5S から 7 になって、色々と新機能等増えているのだが、それを使いこなすのは追々、ということになるだろうが。

小生も、そんなにいじらせてもらったわけではないので、インプレッションは、やはりホームボタンの変化だけだろうか。最初はかなり違和感があった。ポチっと押すというよりは、押すと、カクンと反応がある感じ。また、机の上に置いたまま操作する際、フィードバックが弱すぎてどうもダブル押しが上手く出来なかった。手に持った状態でなら、フィードバックがしっかり感じられて普通に操作できたのだが。まぁ、なんとなくすぐに慣れた感じ。今では、押し加減がわかっているので、ダブルプッシュもできる。ただ、手に持った際もフィードバックが本体裏に感じられるのは、違和感がある。そういうものだと思えば致命的ではないが。

現在世界最速のスマホということだが、pokemon GO の起動はやはり遅い。あんまり手元の HTL23 より格段に速いように感じられない、というか、同じ程度のような。内蔵ストレージフラッシュメモリ)の速度はそんなに高速化してないとか?

Lightning 接続のイヤホンをためしてみたら、うちの子供たちがその音質になぜか喜んでいた。pokemon GO の BGM 程度でも… 3DS100円ショップイヤホンしか聴いたことが無いからだろうか。余り贅沢を教えない方がいいかも…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160919

2016-09-18

[][] iPhone7 ストラップ その後  iPhone7 ストラップ その後のブックマークコメント

Amazon プライム恐るべし。注文したその日にストラップ TR-LSI-BK が届いていた。ということで、ひとまず iPhone6 で、試してみた。個体差なのかなんなのか、実際に固定するのは、結構難しい… というか、なんとか固定する方法は見つけたのだが、それで正しいのかどうかよく分からず…

まず、ロックボタンを解除(赤い色が見える)状態で、Lightning 端子に奥までしっかり差し込むと、いくら頑張ってもロックボタンをロック位置にすることが出来ない。で、ロックボタンをロックする方向に力を少し加えつつ、全体を Lightning 端子からゆっくりと抜いていくと、途中でロックがかかる。2mm 程度、本体から、差し込む部分が露出した状態。この状態で、一応ストラップで本体をぶらぶらぶら下げてもストラップが抜けない。結構しっかり固定されているようだ。

ただ、ロックの解除は結構軽くて、間違って外してしまわないかちょっと気になるレベル。これであっているのか、良くわからない。箱に書かれた説明だと、結構奥まで差し込む感があるのだが。

シリコンのひもの質感は、小生、結構気に入った。普通の紐よりもなんか先進的な感じがして、iPhone にマッチしている感じ。ちょっと大げさか。

で、昨夜早速入手した iPhone7 にも取り付けてみた。装着具合は、iPhone6 と全く同じ。一度差し込んで、ゆっくり抜きながらロックを掛ける感じ。慣れれば素早くできるのかな。平日は、毎日、iPhone を充電しているので、少なくとも一日1回このロックと解除の操作が必要になる。どうせなら、Lightning 端子の信号をスルーしてくれる機能があれば、素晴らしいのに。かなり高くなりそうだが。

ちなみに、iPhone5S にも挿してみた。こちらも同様、一番奥まで差し込むとロックできず、1mm 程度引き抜いた所でロックできる。iPhone6/7 よりも差込部の露出は格段に少ない。強度的には分からないが、しっかり固定されている感は、こちらの方が上である。iPhone5S 以前用で設計されていたのか、と思う。

荷重なんかの表示もないし、Lightning 端子でのロックにどれくらいの強度があるのかわからないのが、多少不安。小生のように、たんに置き忘れを防ぐためのストラップならいいが、妻のように首にかけるために使うには、どうかな。ロックが外れやすそうなのもあるし… はてさて。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160918

2016-09-17

[][] iPhone7 ストラップ  iPhone7 ストラップのブックマークコメント

やっと予約していた妻の iPhone7 の入荷メールが届いた。今日は無理っぽいので、明日か明後日に買いに行こうと思うが、その前に、ストラップをどうするかを考える必要がある。

妻は今使っている iPhone5S では、Poddities の NETSUKE という製品を使っていて、よく首からぶらさげていたりする。実は小生も社用の iPhone6 には、これを使っている。なかなか良く出来た製品だと思う。残念ながら、iPhone5SiPhone6(多分 iPhone7 も)は本体の形状が違うので使い回すことが出来ない。

ヘッドホン端子があれば、Pluggy Lock が使えるのだが、残念ながら iPhone7 には搭載されていない。iPhone6 を Pluggy Lock にして、NETSUKE を iPhone7 へ使い回す手もあるわけだが。ちなみに使いまわせるのかどうか良くわからない… 恐らく、iPhone7iPhone6 のその部分は仕様が変わっていないと思うのだが。

実は、iPhone6 の NETSUKE を購入する前に、同様に Lightning 端子の横のネジを使うパーツを使っていた。ネジが同じなら iPhone7 で使えるはず。ただ、これはネジ1本しか使わないので、強度的になんとなく不安ではある。

その他に、Lightning 端子を使って、ストラップを固定するパーツも売られている。Lightning 端子は、物理的にロックがかける機構があるとか。普通のケーブルで、それを活用しているものはないようだが。一つ購入してみて、確かめてみよう。Lightning 端子だけに、iPhone7 でも使える可能性が高そうに思うが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umonist/20160917