Hatena::ブログ(Diary)

わくわくフェア学園白書 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年12月31日

2015年 好きな映画BEST10

ここ数年はアイドルさん現場に時間を割くことも多く、映画を見る本数も減りがちだったのですが、今年はさすがに映画を見る時間をもう少し取りたいと思い、意識的に時間の使い方を映画の方にシフトしたりしました。それでも見たいものはまだまだたくさんあるのですけど。

以下はそんな中で見れてよかったなと思う、10本です。

1. マッドマックス 怒りのデス・ロード

f:id:wakuwakufair:20151231085555j:image

映画史に残るかっこいいヒロイン、人を思いやることで人間性を取り戻す青年、少ないセリフでも端的に心情を伝える演出、撮影の素晴らしさ、活劇の面白さ。どこを取ってもよく出来すぎていました。


2. インサイド・ヘッド

f:id:wakuwakufair:20151231085314j:image

人間を司る頭脳の仕組みをわかりやすく解いてみせる面白さに感心しつつ、幼き頃のイマジナリーフレンドや、「カナシミ」の役割についてなんとも言えぬ感謝の気持ちが湧いたりしました。そして主人公である女の子は、今年、乃木坂46の松村沙有理の次に助けたい!と思わせるキャラクターでした。子供にとっては理解が難しい作品かもしれないけれど、わたしは何者なんだろうと思える時には一度は見てもよい映画だと思います。


3. I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

f:id:wakuwakufair:20151231085458j:image

ウェス・アンダーソンのようにキャラクターを正対で捉えるカットや、3Dと2Dをミックスしたような不思議な絵の質感は、原作である4コマの世界観を崩さないように最大限に気を遣われているし、映画版であってもお話のスケールがちいさいこともPEANUTSらしい。小気味好いギャグがたくさん入ってるところもいい。小さいことで思い悩み、うまくいかないことばかりのチャーリー・ブラウンはわたしたちそのものであって、だからこそ彼が迎えるエンディングは心に届いてしまう。


4. ミッション:インポシブル ローグ・ネイション

f:id:wakuwakufair:20151231085609j:image

今年公開されたスパイ映画の中では、キュートさは他の作品に譲るとしても、アクションとストーリーのバランス、キャラクターの魅力(レベッカ・ファーガソン!)や配牌もサスガであるし、あの顔面の下にある映画人としてのトム・クルーズのセンスと頭の良さにつくづく感服してしまう。


5. 君が生きた証

f:id:wakuwakufair:20151231085632j:image

邦題タイトルの印象から受ける、「君が残した歌を後世に残していく」、というような先入観を超えていく内容は、その意味に重さと衝撃を加えていくもので、よく考えられたものだと思う。と言いつつ、あまり内容に触れずに見た方がいい映画なので、なんとも歯がゆいですけど、なるべく見る機会を作る方がいい傑作であることは間違いないように思います。


6. クーデター

f:id:wakuwakufair:20151231085531j:image

異国の地でいきなり絶望的な状況に追い込まれた家族の一夜もの。そのおそろしさと臨場感がただごとではなく、鼓動が早まり、瞳孔が開きっぱなしでした。


7. ヴィジット

f:id:wakuwakufair:20151231085713j:image

祖父母にはじめて会いに行く姉と弟の顛末。シャマランはサーヴィス精神が旺盛な人だと思う。しっかり怖く、不気味ながら、なぜか同時にニヤニヤ笑ってしまう盛り付け。そして弟のタイラー少年は最高のキャラクターである。怖い目にあうとなぜか女性アーティストの名前を叫び(自身の恐怖を和らげる防衛反応か)、苦笑となかなかやるなという微妙な線にあるラップを自信たっぷりに披露する愛おしさ。タイラー君にまた会いてえよ。


8. サンドラの週末

f:id:wakuwakufair:20151231085355j:image

解雇を免れるために、面倒臭いことを遂行していくサンドラの週末。わたしなら余裕で心が折れていますが、生きるためには面倒臭いことを乗り越えていかないといけないのだ。小さな身の丈サイズのお話を、身の丈サイズで演出しながら、きちんと興味を持続させるタルデンヌ兄弟の仕事。


9. アントマン

f:id:wakuwakufair:20151231085737j:image

DVDスルーコメディの常連である、ポール・ラッド君が劇場公開映画、しかもマーヴェルムービーで主役を張る、という晴れ舞台で思わず応援の気持ちも入ってしまいますが、見た目も楽しい陽性なヒーロー映画であって良かった。アベンジャーズに比べて、アントマンは目的がはっきりしていてもやもやしない。最初はおせっかいで面倒臭そうなマイケル・ペーニャが徐々にキュートに見えてきて、かわいいんです。


10. ピッチ・パーフェクト

f:id:wakuwakufair:20151231085411j:image

クラシカルなアカペラグループになりゆきで入ってくる、新しい音楽センスを持った女の子のお話。自意識とチームプレイ。個性的なキャラクターたちと、くだらないジョーク。バイブルとしての「ブレックファストクラブ」。部活ものとしてきちんと盛り上がる決勝大会。ポップコーンを頬張りながら軽く見るには最適。ちゃんと楽しいことは、素晴らしいことです。

「海にかかる霧」、「私の少女」、「ストレイト・アウタ・コンプトン」、「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」、「22ジャンプストリート」、「ラン・オールナイト」、「はじまりのうた」、「ベイマックス」、「ワイルドスピード スカイミッション」、「ビリギャル」、「カプチーノはお熱いうちに」、「ラブ&マーシー 終わらないメロディー 」、「マイ・インターン」、「チャッピー」、「Re:LIFE〜リライフ〜」、「EDEN」、「ハッピーエンドが書けるまで」、 「ゾンビーバー」なんかも興味深く見ました。

では、みなさま良いお年を。

2015年12月29日

2015年 お世話になったアルバム(1位〜25位)

たとえばストーン・ローゼズのライブが唯一神として世界を覆ってしまうことは叶わないけれど、自分だけのアルバムをヘッドフォンで聴いていたのに、ふと顔を上げてみると、みなそれぞれにそのアルバムを聴いている。内省的ゆえにいつの間にか世界の誰かとアクセスしているテン年代の風景。

2015年わたしが気に入ってよく聴いていた25枚です。お世話になってます。

25. Homecomings 「Somehow, Somewhere」

D

つたなく一本調子のところが愛らしいです。


24. Bill Ryder–Jones 「West Kirby County Primary」

D

来年はコーラルと、元コーラルのBeefを期待しています。


23. LUCKY TAPES「The Show」

D

高性能シティ・ポップスでも、敷居の低い親しみやすさで聴きやすい。


22. Wolf Alice「My Love Is Cool」

D

サマソニが呼ぶ新人さん(ハイプの匂いがする)とタカを括っていたら、想像を超えてよかった。


21. 花澤 香菜「Blue Avenue

D

2015年でいちばんブチ上がった記憶は、日本武道館での「恋愛サーキュレーション」です。


20. G.Rina「Lotta Love」

D

東京女子流もはやくエッチくなってほしい。


19. チャットモンチー「共鳴」

D

「ドライブ」に背中を押されながら出勤。


18. Toro Y Moi 「What For?」

D

軽やかな「Run Baby Run」に泣いてしまう。


17. Vessels 「Dilate」

D

ミニマルの構築とふくよかな解放。


16. Deerhunter 「Fading Frontier」

D

達観したサイケデリアを聴いて、人生どうでもいいスラッカー気分になるのはいい息抜き。


15. Cero 「Obscure Ride」

D

新しい「空中キャンプ」になるといい。


14. Squeeze 「Cradle to the Grave」

D

久しぶりに会った友人と飲んだら思いの外楽しくて、ずっと話してた夜のような。グレン&クリスのヴォーカルを聞くと妙に安心する。調子はいいよお。


13. Jamie xx「In Color」

D

The xx本体よりすき。


12. Mark Ronson 「Uptown Special」

D

先人たちの世界観を引き継ぐだけで楽しくやれるのは、「フォースの覚醒」も「クリード」も見習ってほしい。


11. Negicco 「Rice&Snow」

D

好きな子が歌えば、そこは楽園。

続きを読む

2015年12月26日 パッセン1年生が考えた『PASSPO☆ FES.』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

パッセン(PASSPO☆のファン)1年生の者です。

PASSPO☆の存在は今までも知っていましたが、改めて聞いてみたら楽しくて、今年は足繁く現場に通うグループになりました。PASSPO☆はアイドルらしく踊って歌うスタイルが基本フォーマットなのですが、メンバーが楽器を演奏するBAND PASSPO☆というフォーマットもあって、アメリカンガールズロックがやりたいと宣言しているPASSPO☆がキュレーターになって、こんなメンツのフェスをやったら楽しいんじゃないかと、ぼんやり考えてみました。

Lillix - What I Like About You

D

マドンナが手がけていたレーベルマーヴェリックに所属していたカナダのグループ。マーヴェリックからはアラニス・モリセットデフトーンズプロディジーなんかがリリースをしていて、マドンナの目利きぶりはすごいですね。リリックスはとにかく曲がかけるグループで、あっけらかんとした雰囲気もPASSPO☆と相性がいいように思います。この曲は、映画「フォーチュンクッキー」でも使われていて、リンジー・ローハンの後の音楽活動にも強く影響を与えたように思います。


Josie and The Pussycats - Pretend To Be Nice

D

コミック「ジョシーとプッシーキャッツ」を映画化した、『プッシーキャット』のサントラ曲。このパワーポップ具合と、わちゃわちゃした感じはすごくPASSPO☆的だと思う。映画では、 レイチェル・リー・クックがメインの主役でしたが、この映画ではサブだったタラ・リードとロザリオ・ドーソンの方が今ではすっかり売れてしまって、いとおかしを感じます。この曲は、ファウンテンズ・オブ・ウェインのアダム・シュレジンジャーの書き下ろしですが、プッシーキャットはどの曲も絶妙なB級パワーポップ感があって、『プッシーキャット』のサントラと、『フォーチュン・クッキー』のサントラは、「アメリカンガールズロック」というぼんやりしたジャンルの雰囲気を知るには、よいテキストだと思います。


Miley Cyrus - Start All Over

D

twitterのお友達であるかーどさんが、ことあるごとに「もりし(PASSPO☆の森詩織)は日本のマイリー・サイラス」と呟いていたら、最近はPASSPO☆の振付師さんまで、「もりしは日本のマイリー・サイラス」と言うようになってしまいましたけど、なるほど似てますね。PASSPO☆フェスに出てきたら、もりしと並んで歌って欲しいと思います。


The Muffs - Kids In America

D

ザ・マフスはとがったパンクバンドの雰囲気もありつつ、どこかキュートで親しみやすさもあるところがいいですね。この曲はキム・ワイルドのカヴァーで『クルーレス』のサントラに収録されています。MVの彼女たちは、メンバーではないですが、学校でいきがっている女の子の感じがおもしろいです。


Letters To Cleo - I Want You To Want Me

D

レターズ・トゥ・クリオはカレッジチャートで人気がありました。この曲は言わずと知れたチープトリックの名曲のカヴァーですが、映画『恋のからさわぎ』のエンディングで使われていて、映画に爽やかさと甘酸っぱさな余韻を残しています。


That Dog - He's Kissing Christian

D

このバンドは実は90年代のバンドの中では5本の指に入るくらい好きです。おもしろく、かっこうよい。アルバム「Retreat from the sun」は永遠の一枚です。椎名林檎さんが彼女たちをフェイバリットに挙げていたこともあって、なるほどと思ったりもしました。活動当時は、BECKとも、REDD KROSSとも繋がりがあり、バイオリンのペトゥラ・ヘイデンはフーファイターズなどともセッションで参加するような重宝がられるセッションミュージシャンでもあります。


Juliana Hatfield - What A Life

D

ジュリアナ・ハットフィールドのインディーズらしいロックに載せて歌われる歌声がとにかくキュートで、そのミスマッチ感が新鮮で、当時学校でもよく話題になっていました。今も活動していて、相変わらずの声なんですが、ルックスは必要以上に疲れたおばさんみたいになっていて、あぁ…という気持ちにはなりました。


Veruca Salt - Volcano Girls

D

凡庸なガールズロックですけど、フロントの2人のルックスが良くて、ルックスは大事だな思います。今も元気に活動中です。


Michelle Branch - Breathe

D

アヴリル・ラヴィーンが出てくる少し前にヒットしていたミシェル・ブランチさんですけど、曲はよくかけていて、メジャーなガールズロックのお手本のようです。


Ashlee Simpson - Pieces Of Me

D

アシュリーシンプソンのデビュー・アルバム「Autobiography」はアヴリル・ラヴィーンと共にガールズロックが売れる時代にマッチしてめちゃめちゃ売れてました。がらっぱちに振る舞う美形という様はPASSPO☆に通じるところがあると思います。


Joan Jett - Love is All Around

D

ガールズロックのゴッドマザー、ジョーン・ジェットさん。PASSPO☆の増井みおさんもたまにジョーン・ジェットのTシャツを着ていますね。


The Donnas - Who Invited You

D

ザ・ドナズはランナウェイズ直径のオールドマナーなガールズロックバンドですけど、演奏もバッチリでかっこういいですね。


PASSPO☆ - Candy Room / Shiny Road

D

このフェスの最後にPASSPO☆が出てきたらメンバーのプレッシャーが半端ないと思うんですけど、PASSPO☆にはアメリカのガールズバンドが持っているような、わちゃわちゃした楽しさと、ばかばかしいカジュアルな親しみやすさと、それゆえに青春の刹那的な雰囲気があって、不思議とこのメンツにもマッチする気がするんです。

2015年の元旦にはじめて見たPASSPO☆ワンマン。全曲披露する6時間を超えるライブでしたが、その量だけでなく、内容の熱さも、楽しさも、涙もあり、今年いちばんの現場でした。PASSPO☆を見れて良かったです。

多くの女の子がギターを手に取ってガールズロックを奏でてきたように、PASSPO☆を見た若い女の子が、鬱屈した生活の中で楽器を取ることを選び取り、やがてガールズロックを歌い出すこともあるかも知れない。わたしたちには玉井杏奈がいる。玉井杏奈がいるということは、わたしたちにはジョー・ストラマーがいることと同じことで、世の中には信じられる者がいるということです。

2015年11月28日

「音楽映画」ベストテン

今年の『男の魂に火をつけろ』の映画ベストテンは、「音楽映画」ベストテンということで参加したいと思います。

ジャンルとして、好きなSF映画や、好きなホラー映画などについて考えたことはあっても、好きな「音楽映画」という括りを今まで考えたことがなかったし、映画を観終わったあとに、「これは、いい音楽映画だ」みたいな感想を持ったりしたことがなかったので、これはちょっと困ったなと思いました。ストーリーがいいことがいいのか、歌がいいことがいいのか、曲がいいことがいいのか、「音楽映画」の規範ってなんなんでしょうね。よくわからない。

わたしは小学校の頃からテレビで放映される「映画」や、MTVで見る「音楽」に夢中になって、大きな影響を受けて育ったので、「音楽映画」として映画の完成度よりも、自分にとって大きなトピックになった映画を挙げたいと思います。

ハード・デイズ・ナイト [DVD]ハイ・フィデリティ 特別版 [DVD]アメリカン・グラフィティ [DVD]ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]スクール・オブ・ロック (字幕版)

オズの魔法使(初回限定生産) [DVD]メリーポピンズ スペシャル・エディション [DVD]ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール 光沢プリントジャージー・ボーイズ [DVD]ブルース・ブラザース [DVD]

1. ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!(監督:リチャード・レスター1964年

2. ハイ・フィデリティ(監督:スティーヴン・フリアーズ/2000年)

3. アメリカン・グラフィティ(監督:ジョージ・ルーカス1973年

4. ヘドヴィグ・アンド・アングリーインチ(監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル/2001年)

5. スクール・オブ・ロック(監督:リチャード・リンクレイター/2003年)

6. オズの魔法使(監督:ヴィクター・フレミング1939年

7. メリー・ポピンズ(監督:ロバート・スティーヴンソン、ハミルトン・S・ラスク/1964年

8. ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(監督:スチュアート・マードック2014年

9. ジャージー・ボーイズ(監督:クリント・イーストウッド2014年

10. ブルース・ブラザース(監督:ジョン・ランディス1980年

1位は、『ビートルズがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!』。ビートルズは学生時代から聞いていましたが、映画は社会人になってから『ハード・デイズ・ナイト』としてリバイバル公開されてるのを見に行って、異常に興奮した思い出があります。ビートルズという世界最高のポップバンドが、映画でも素晴らしいものを残しているというところがすごいと思います。熱狂するファンをやりすごして、忙しなくステージにやってくると、バチっと演奏を決めてしまう恰好良さに痺れてしまう。それでいて展開されるのはひたすらゆるいコント。シリアスにもなれるバンドなのに、映画がコメディっていうのがなんともいいのです。グラフィカルに処理されるエンディングもセンスがよい。映画として特にメッセージがあるわけでもない。でも見るのが楽しくて、アルバムを聴くように、何度も見てしまう。「ポップアルバム」みたいな映画です。

2位は『ハイフィデリティ』。『スパイラルタップ』がバンドあるある映画なら、これは「リスナーあるある映画」としての金字塔だと思う。身の回りのことでもなんでも「ベスト」を作って順位つけしたり、音楽を聴きすぎるとなぜか自意識も大きくなってしまう。彼らを見てると自分を見ているようで苦笑いしてしまいます。

アメリカングラフティ』は、50年代のアメリカのカルチャーの憧れが詰まっています。映画を見た翌日にはサントラを買いに行き、ボウリングシャツとかいいよねと、日本の田舎の中学生をもかぶれさせてしまうマジックがある。当時はMTVで同時代の音楽ばかりを聞いていたわたしにポップスの歴史を遡る楽しみを促した映画で、これはたぶん大人になってはじめて見たのではそうならなかったはずで、若い時に見る映画の影響力を考えさせられます。

『メリーポピンズ』は、この映画の製作の裏側を描いた『ウォルトディズニーの約束』(これもいい映画)を見た後に、見直すとまた味わい深く見ることができて良かったです。

『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』は今年公開された、ベル&セバスチャンのスチュアート・マードックの監督作品。映画ファンからの評価はまぁまぁといったところで、ポップスファンからは大きく支持されているような気がします。ここに出てくる主人公たちは「3分間のポップス」というものをある種、神聖なものとして、それに救われようとしたり、手を伸ばそうとしているように見える。「3分間のポップス」が自分にとっていかに大事なものか一度でも感じた事がある人なら、彼らの眩しさ、儚さを見て、胸が締め付けられたりするんじゃないかと思ったりします。

また映画の中で、登場人物が音楽の意味を見つけたり、音楽に救われたりするとなんだか嬉しい気持ちになるし、そういう映画を見るたびに、音楽への向かい方、折り合い方を見直させられるのです。そういう意味では、『君が生きた証』『はじまりのうた』『FRANK』『SRサイタマノラッパー』なんかも大事な音楽映画です。

2015年06月26日 2015年上半期にお世話になったアルバム このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今年の音源はitunesの「2015年ALL」というプレイリストにぶちこんでいろいろ聞いてるんですけど、今年はいいアルバムがたくさん出てますね。以下はわたしが特に好きなアルバムです。

Blur『The Magic Whip』

D


Hot Chip『Why Make Sense?』

D


Toro Y Moi『What For?』

D


TV Girl『French Exit』

D


Cristina Quesada『You Are The One』

D


Alpaca Sports『Sealed With A Kiss』

D


Sufjan Stevens『Carrie & Lowell』

D

続きを読む

Follow @wakuwaku_fair