たまらん坂

(地理)
たまらんざか

東京都国立市東3丁目から国分寺市内藤2丁目に抜ける多喜窪通りにある坂の通称。昭和初期に東京商科大学(現在の一橋大学)の学生達があまりにも急な坂なために「この坂きつくてタマランタマラン」と言ったことに由来すると言われている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ