とびひ

(サイエンス)
とびひ

病気 病名
伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)の俗称。
主に子供の病気。

黄色ぶどう球菌が皮膚で繁殖して起こる病気で、症状としては みずぶくれ、ただれ等。皮膚接触により広がる。

治療法は抗生物質の服用等。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ