なまはげ

(一般)
なまはげ

「泣く子はいねが」と言ってひとの家に入ってきて、酒や料理の接待を受けると機嫌が良くなってしまう、なぞの生命体。またその「なまはげ」が家々を訪れる行事のこと。大みそかに秋田・男鹿半島で行われる(もとは小正月)。
1978(昭和53)年には「男鹿のナマハゲ」の名称で国重要無形民俗文化財に指定された。

(社)男鹿市観光協会主催で「なまはげ」の文化を伝承すべく「ナマハゲ伝導士認定試験」を行っている。



[rakuten:akitatokusan:10002262:detail]

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ