ガブリエル

(一般)
がぶりえる

Gabriel
大天使の一。
聖告天使と呼ばれ、キリスト教のガブリエルは聖母マリアに受胎告知を与えた天使とされる。西洋魔術では水の大天使とされ、カバラではイェソドに配属される。
司る役割が非常に多く、大変忙しそう*1な天使であるが、それだけ人気も高い。
宗教美術では中性的な姿で描かれることが多く、女性であるとする説もある。これはガブリエルが神の玉座の左側に座していることに由来している(昔のユダヤ社会では主人の妻が左側に座するとされていたため)。
タロットカードでは、審判のカードに描かれる。

また、キリスト教圏では男性人名としても好まれている。綴りはGabriel、Gabrielle、Gavrielなど。女性形はガブリエラ


関連:ミカエル ラファエル ウリエル メタトロン アークエンジェル

*1:例えば誕生と妊娠を司っているため、母親の子宮に入った魂を九ヶ月間見守る役割があったりする

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ