グッドナイト&グッドラック

(映画)
ぐっどないとあんどぐっどらっく

Good Night, and Good Luck.

  • 2005年|アメリカ、日本、フランス、イギリス|モノクロ|93分|画面比:1.85:1

解説

赤狩りの嵐が吹き荒れていた1950年代アメリカ。CBSテレビでアンカーマンを務めていたエド・マローを主人公に、アメリカの良心を問う社会派作品。
ジョージ・クルーニーの監督2作目は、自身の父もアンカーマンだったことから、題材への思い入れも並々ならぬもぬがあったよう。クルーニーと共同で脚本を書いたグラント・ヘスロヴは、『トゥルーライズ』でシュワルツェネッガーの同僚工作員を演じていた俳優でもある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ