ツシマヤマネコ

(動植物)
つしまやまねこ

学名:Prionailurus bengalensis euptilurus
日本の対馬にのみ生息する、絶滅の危機にあるヤマネコ
DNAによる系統解析などから、朝鮮半島に分布するベンガルヤマネコが祖先と考えられている。

概要

1971年、国の天然記念物に指定され、1994-1996年の調査では80頭くらいと推定されている。1994年3月に「絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づく保護対象種(希少種)の指定第1号となり、2007年のレッドリストでは「絶滅危惧IA類」となっている。
ニホンカワウソが絶滅種とされた現在、日本の哺乳類のなかで、最も危険な状況にある。


関連語 リスト::動物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ