ツール・ド・フランス

ツール・ド・フランス

(音楽)
つーるどふらんす

70年代より活動を続け、「テクノの神」と称されるバンド、Kraftwerkの代表曲の一つであり、また、彼らの最新アルバムのタイトルでもある。



Kraftwerkのメンバーは極度の自転車マニアとしても知られ、ツール・ド・フランスをテーマにしたシングル、その名も「Tour De France」を1983年にリリースする。


このシングルはテクノファンだけでなく、ヒップホップシーンでも大ヒット、ヒップホップの伝説的映画「Breakdance」で、ターボがホウキを持ってこの曲をバックに踊るシーンは有名。



2003年には、現代のテクノ・エレクトロニカを前面に押し出したリメイク版ともいえるシングル「Tour De France 03」をリリース、そしてついに全編自転車ネタの「Tour De France Soundtracks」という自転車ファン涙もののアルバムをリリースしている。
このアルバムは、2003年ツール・ド・フランスの公式アルバムにもなっている。



なお、過去のツール・ド・フランス公式アルバムに、「Tour De France」(1983年版)のKarl Bartos(1990年にKraftwerkを脱退した)によるリミックスバージョンが収録されたこともある。


ツール・ド・フランス

(スポーツ)
つーるどふらんす

毎年7月にフランスおよび周辺国を舞台にして行われる自転車ロードレース。1903年から開催されている。Le Tour de France。

概要

3週間ほどをかけてフランスをだいたい一周する。総距離は3600キロほど。近年はフランス国外に出ることが多くなり、2007年にはドーバー海峡を渡って、ロンドンでスタートが切られた。
見所は、アルプスやピレネーの山岳ステージと、数回ある個人・チームタイムトライアルのステージ*1、そして最終日のシャンゼリゼ周回ステージ*2
2005年の大会では、アメリカのディスカバリーチャンネルのランス・アームストロングが前人未踏の総合7連覇を達成した。

歴代優勝者

開催回 開催年 優勝者(チーム名)
第101回 2014年 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア・アスタナ)
第100回 2013年 クリス・フルーム(イギリス・スカイ)
第99回 2012年 ブラッドリー・ウィギンス(イギリス・スカイ)
第98回 2011年 カデル・エヴァンス(オーストラリア・BMC)
第97回 2010年 アンディ・シュレク(ルクセンブルク・サクソバンク)
第96回 2009年 アルベルト・コンタドール(スペイン・アスタナ)
第95回 2008年 カルロス・サストレ(スペイン・サクソバンク)
第94回 2007年 アルベルト・コンタドール(スペイン・ディスカバリーチャンネル)
第93回 2006年 オスカル・ペレイロ(スペイン)*3
第92回 2005年 優勝者無し
第91回 2004年 優勝者無し
第90回 2003年 優勝者無し
第89回 2002年 優勝者無し
第88回 2001年 優勝者無し
第87回 2000年 優勝者無し
第86回 1999年 優勝者無し
第85回 1998年 マルコ・パンターニ (イタリア)
第84回 1997年 ヤン・ウルリッヒ (ドイツ)
第83回 1996年 *4
第82回 1995年 ミゲル・インデュライン (スペイン)
第81回 1994年 ミゲル・インデュライン (スペイン)
第80回 1993年 ミゲル・インデュライン (スペイン)
第79回 1992年 ミゲル・インデュライン (スペイン)
第78回 1991年 ミゲル・インデュライン (スペイン)
第77回 1990年 グレッグ・レモン (アメリカ)
第76回 1989年 グレッグ・レモン (アメリカ)
第75回 1988年 ペドロ・デルガド (スペイン)
第74回 1987年 ステファン・ロッシュ (アイルランド)
第73回 1986年 グレッグ・レモン (アメリカ)
第72回 1985年 ベルナール・イノー (フランス)
第71回 1984年 ローラン・フィニョン (フランス)
第70回 1983年 ローラン・フィニョン (フランス)
第69回 1982年 ベルナール・イノー (フランス)
第68回 1981年 ベルナール・イノー (フランス)
第67回 1980年 ヨープ・ズートメルク (オランダ)
第66回 1979年 ベルナール・イノー (フランス)
第65回 1978年 ベルナール・イノー (フランス)
第64回 1977年 ベルナール・テブネ (フランス)
第63回 1976年 ルシアン・ファンインプ (ベルギー)
第62回 1975年 ベルナール・テブネ (フランス)
第61回 1974年 エディ・メルクス (ベルギー)
第60回 1973年 ルイス・オカーニャ (スペイン)
第59回 1972年 エディ・メルクス (ベルギー)
第58回 1971年 エディ・メルクス (ベルギー)
第57回 1970年 エディ・メルクス (ベルギー)
第56回 1969年 エディ・メルクス (ベルギー)
第55回 1968年 ヤン・ヤンセン (オランダ)
第54回 1967年 ロジェ・パンジョン (フランス)
第53回 1966年 ルシアン・エマール (フランス)
第52回 1965年 フェリーチェ・ジモンディ (イタリア)
第51回 1964年 ジャック・アンクティル (フランス)
第50回 1963年 ジャック・アンクティル (フランス)
第49回 1962年 ジャック・アンクティル (フランス)
第48回 1961年 ジャック・アンクティル (フランス)
第47回 1960年 ガストネ・ネンチーネ (イタリア)
第46回 1959年 フェデリコ・バーモンテス (スペイン)
第45回 1958年 シャルリー・ゴール (ルクセンブルク)
第44回 1957年 ジャック・アンクティル (フランス)
第43回 1956年 ロジェ・ワルコビャック (フランス)
第42回 1955年 ルイゾン・ボベ (フランス)
第41回 1954年 ルイゾン・ボベ (フランス)
第40回 1953年 ルイゾン・ボベ (フランス)
第39回 1952年 ファウスト・コッピ (イタリア)
第38回 1951年 ユーゴ・コブレ (スイス)
第37回 1950年 フェルディ・クブラー (スイス)
第36回 1949年 ファウスト・コッピ (イタリア)
第35回 1948年 ジーノ・バルタリ (イタリア)
第34回 1947年 ジャン・ロビック (フランス)
第33回 1939年 シルベール・マエス (ベルギー)
第32回 1938年 ジーノ・バルタリ (イタリア)
第31回 1937年 ロジェ・ラプビー (フランス)
第30回 1936年 シルベール・マエス (ベルギー)
第29回 1935年 ロマン・マエス (フランス)
第28回 1934年 アントナン・マーニュ (フランス)
第27回 1933年 ジョルジュ・スペシエ (フランス)
第26回 1932年 アンドレ・ルデュク (フランス)
第25回 1931年 アントナン・マーニュ (フランス)
第24回 1930年 アンドレ・ルデュク (フランス)
第23回 1929年 モーリス・ドゥワエル (フランス)
第22回 1928年 ニコラ・フランツ (ルクセンブルク)
第21回 1927年 ニコラ・フランツ (ルクセンブルク)
第20回 1926年 ルシアン・ビュイス (ベルギー)
第19回 1925年 オッタビオ・ボテッキア (イタリア)
第18回 1924年 オッタビオ・ボテッキア (イタリア)
第17回 1923年 アンリ・ペリシエ (フランス)
第16回 1922年 フィルマン・ランボー (ベルギー)
第15回 1921年 レオン・シウール (ベルギー)
第14回 1920年 フィリップ・ティス (ベルギー)
第13回 1919年 フィルマン・ランボー (ベルギー)
第12回 1914年 フィリップ・ティス (ベルギー)
第11回 1913年 フィリップ・ティス (ベルギー)
第10回 1912年 オディル・ドフレイエ (ベルギー)
第9回 1911年 ギュスターブ・ガリグー (フランス)
第8回 1910年 オクアブ・ラピズ (フランス)
第7回 1909年 フランソワ・ファベール (ルクセンブルク)
第6回 1908年 ルシアン・プチブルトン (フランス)
第5回 1907年 ルシアン・プチブルトン (フランス)
第4回 1906年 ルネ・ポチエ (フランス)
第3回 1905年 ルイ・トゥルスリエ (フランス)
第2回 1904年 アンリ・コルネ (フランス)
第1回 1903年 モーリス・ガラン (フランス)


ツール・ド・フランス (講談社現代新書)

ツール・ド・フランス (講談社現代新書)

ツール・ド・フランス100回 グレートヒストリー (ヤエスメディアムック387)

ツール・ド・フランス100回 グレートヒストリー (ヤエスメディアムック387)

*1:2006年は個人タイムトライアルのみ

*2:シャンゼリゼゴールは1975年から

*3:フロイド・ランディス(アメリカ)のドーピング疑惑に伴い、繰り上がり

*4:ビャルネ・リース (デンマーク)の優勝は、薬物違反の告発を受けて、2007年に抹消された。それに伴う2位選手の繰り上がりなどは無し。

ネットの話題: ツール・ド・フランス

人気

新着

新着ブログ: ツール・ド・フランス