デルタブルース

デルタブルース

(スポーツ)
でるたぶるーす

(父)デルタブルース

生年月日 2001年5月3日生まれ・牡・鹿毛
生産者 ノーザンファーム(北海道早来)
ダンスインザダーク
ディクシースプラッシュ
母の父 Dixieland Bandディキシーランドバンド
馬主 (有)サンデーレーシング
管理調教師 角居勝彦(栗東)
競走成績 32戦6勝(うち海外2戦1勝・地方1戦0勝)2009年6月引退
主な勝ち鞍 菊花賞 ステイヤーズS メルボルンC
備考 2004年JRA賞最優秀父内国産馬



デルタブルースは栗東トレーニングセンター角居勝彦厩舎に所属した引退競走馬。GI級競走は菊花賞、オーストラリアのメルボルンCを制した。

2003年・2004年(2〜3歳シーズン)

2003年11月にデビュー。6戦目となる2004年4月の福島競馬3歳未勝利戦に勝つと、格上挑戦となる青葉賞13着後は自己条件の特別競走を使われた。10月の九十九里特別で1000万下を勝ち、続いて格上挑戦ながら抽選を突破し菊花賞に出走。当時公営園田競馬所属の岩田康誠騎手を背に8番人気で優勝した。続くジャパンカップは3着、有馬記念を5着と好走し一流馬の仲間入りをした。2004年JRA賞最優秀父内国産馬を受賞。

2005年(4歳シーズン)

春は全休し11月のアルゼンチン共和国杯5着で復帰、続くステイヤーズSに優勝し重賞2勝目。有馬記念は11着と大敗した。

2006年(5歳シーズン)

天皇賞(春)を目指し京都記念、阪神大賞典を使われそれぞれ5着、3着。天皇賞(春)は勝ち馬ディープインパクトの10着と大敗しこのレースで脚部不安を発症、休養に入った。秋シーズンは豪州メルボルンCを目指し遠征、10月のコーフィールドC3着からメルボルンCに出走すると、7番人気ながら優勝し海外GIを制覇。同厩舎のポップロックとあわせ日本馬ワンツーフィニッシュとなった。帰国して出走した有馬記念は6着に終わった。

2007年・2008年・2009年(6〜8歳シーズン)

2007年は阪神大賞典から始動し古馬長距離路線を歩んだものの、ジャパンCなどで掲示板に載ったのみで勝ち星には恵まれなかった。2008年は春シーズンを全休し、帰厩した秋も脚部不安を理由にレースへの出走は無かった。2009年の阪神大賞典で復帰し天皇賞(春)、目黒記念と使われたが着外に終わり、2009年6月11日に競走馬登録を抹消、引退した。今後は北海道苫小牧市のノーザンホースパークにて乗馬となる予定。

デルタブルースの血統



ダンスインザダークサンデーサイレンス
*Sunday Silence
HaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
ダンシングキイ
*Dancing Key
NijinskyNorthern Dancer
Flaming Page
Key PartnerKey to the Mint
Native Partner
ディクシースプラッシュ
*Dixie Splash
Dixieland BandNorthern DancerNearctic
Natalma
Mississippi MudDelta Judge
Sand Buggy
Ocean JewelAllegedHoist the Flag
Princess Pout
Lady OffshoreSir Ivor
Bonnie Google

リスト::競走馬

新着ブログ: デルタブルース