ハチロク

ハチロク

(一般)
はちろく

1914年から1929年の間に687両が製造された、大正〜昭和初期を代表する鉄道省*1旅客用蒸気機関車「8620型」の愛称。
本線からの引退後も京都の梅小路蒸気機関車館に8630号機が動態保存されている他、JR九州が58654号機を復活させ、熊本県のJR豊肥本線で1988年8月〜2005年8月の間「SLあそBOY号」を牽引して親しまれた。

*1:1914年時点では鉄道院。後の国鉄、現在のJR。

ハチロク

(一般)
はちろく

トヨタ自動車から1983年〜1987年にかけて販売された、
「カローラ・レビン」「スプリンター・トレノ」の愛称。
頭文字Dの主人公車としても有名。


スポーツグレードの形式名がいずれも「AE86」であるためこう呼ばれる
*1
1トンに満たない軽量ボディに当時としてはパワフルな名機「4A-G」エンジン(1600cc)を搭載し、
軽快な吹け上がりとFRならではの操縦性で多くの走り屋達を魅了した。
ボディタイプは3ドアハッチバックと2ドアクーペの2種類。
グレードはベースグレードのGT、豪華装備のGT APEXと、スパルタン仕様のGTVの3グレードが存在した。
新車の発売終了から20年近くが経過しているにも関わらず、程度の良い中古車であれば
新車価格に匹敵するような高値で取り引きされている人気車である。

*1:なお、1.5リッターの廉価グレードも存在し、こちらの形式名は「AE85」となる

ネットの話題: ハチロク

人気

新着

新着ブログ: ハチロク