86

(一般)
はちろく

富士重工業(スバル)との共同開発でトヨタ自動車より2012年4月6日に発売されたスポーツカー。車両型式は「DBA-ZN6」
名前の由来は「かつて一世を風靡したAE86型カローラレビン/スプリンタートレノ(通称:ハチロク)のように、お客様に愛され、育てていただきたい」という想いから命名。
スバルBRZとは姉妹車の関係にある。


2007年6月にトヨタ・MR-Sが生産終了になった事に伴い、スバルとの共同開発でのトヨタの新スポーツカーとして開発が始まった。
「比較的低価格でスポーツドライビングを楽しめるクルマ」「そこそこのパワーで、クルマ本来の運転する楽しさ」「ハイテクや制御に頼らないクルマ本来の気持ちよさ」をテーマに、当初は「FT-86」のコードネームでモーターショーにコンセプトモデルが出品されていた。
2011年11月27日に正式名称を「トヨタ86」とする事と、正式な発売日が発表された。

また発売と同時に「AREA86」という86に精通した専門スタッフが常駐した店舗を全国150ヶ所に設置し、各種相談やグッズ販売やコミュニティー形成の場として運用している。


スポーツカーとして理想的な走りを追求するため、以下のようなメカニズムが採用されている:

  • 水平対向エンジンをフロントミッドシップに搭載した、世界初の水平対向エンジン搭載のFRレイアウトを実現
  • スバルが開発したFB20型エンジンをベースに、トヨタの直噴技術である「D-4S」を組み合わせた新開発の水平対向4気筒・NAの2.0Lエンジン(FA20型)を採用
  • ターボなどの過給機、4WDメカニズム、ハイグリップタイヤといった最先端・高性能デバイスを排し、クルマの持つドライバビリティーを前面に押し出した
  • 新開発のアイシン製6速MTおよび6速ATを採用

なおスバルBRZとは一部の内装レイアウトの違い、グレード毎のオプション装備、サスペンションのチューニングなどで差別化されている。


主要諸元は以下の通り:

駆動方式:FR


全長:4240mm
全幅:1775mm
全高:1285mm


ホイールベース:2570mm
トレッド・前:1520mm
トレッド・後:1540mm


車両重量:1190〜1250kg
乗車定員:4名
室内長:1615mm
室内幅:1490mm
室内高:1060mm


最小回転半径:5.4m
最低地上高:130mm


サスペンション・前:マクファーソンストラット式コイルスプリング
サスペンション・後:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング


ブレーキ・前:ベンチレーテッドディスク式
ブレーキ・後:ベンチレーテッドディスク式(一部グレードではディスク)

エンジン型式:FA20
種類・シリンダー数:DOHC・水平対向4気筒
シリンダー内径・行程:86mm×86mm
総排気量:1998ml
圧縮比:12.5


最高出力[kW(PS)/rpm]:147(200)/7000
最大トルク[N・m(kgm)/rpm]205(20.9)/6600


燃料供給装置 :筒内直接+ポート燃料噴射装置<D-4S>
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
タンク容量:50L

トランスミッション:アイシン製6速マニュアルトランスミッション(スーパーインテリジェント6速オートマチック)


変速比 :
  
第1速:3.626(3.538)
第2速:2.188(2.060)
第3速:1.541(1.404)
第4速:1.213(1.000)
第5速:1.000(0.713)
第6速:0.767(0.582)
後退 :3.437(3.168)
最終減速比:4.100(一部グレードでは3.727)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ