ブラケット

(サイエンス)
ぶらけっと

一般に量子論で用いられる記法で,ディラックが提唱。
ある状態ベクトルを|ψ>とあらわし,ケットベクトルと呼ぶ。
そのエルミート共役なベクトルを<ψ|と書く。これをブラベクトルと呼ぶ。
これらの積は<ψ|ψ>と書かれ,これは|ψ>と|ψ>の内積を意味する。すなわちこの例の場合は|ψ>のノルムの二乗を表している。
ある状態ψから,ある状態φに粒子が変化するときの確率の振幅を,<φ|ψ>と書くことができる。
名前の由来は,「ブラ」と「ケット」で「ブラケット」になることから。駄洒落である。

ブラケット

(一般)
ぶらけっと

【bracket】
角括弧

ブラケット

(コンピュータ)
ぶらけっと
  1. コンピュータの機能拡張ボードを本体に取り付けるときに使う金属製の部品。
  2. 歯列矯正の治療を行う際に、1本1本の歯の表側(稀に裏側)に接着される器具。金属製、セラミック製、プラスチック製のものなどがある。
  3. 一般的に、部品を固定する為の部品の事。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ