ホロヴィッツ

ホロヴィッツ

(音楽)
ほろびっつ

Vladimir Horowitz(1903-1989)

ピアニスト

ロシア生まれ.亡命してのちはアメリカで活躍した

年譜

  • 1903年10月1日:ロシア,ベルディチェフ生まれ.
  • 1915年9月:キエフ音楽院セルゲィ・タルノフスキーのクラスに移動編入
  • 1919年11月:セルゲィ・タルノフスキーの後任ブルーメンフェルドに師事
  • 1926年:ベルリンでデビュー.名前もヨーロッパ風に改名.すまわちヴラディミール・サモリオヴィッチ・ゴロヴィッツをヴィラディミール・ホロヴィッツに改めた*1
  • 1923年:リストのピアノ協奏曲1番をグラズーノフ指揮レニングラードPOと演奏
  • 1924年:ラフマニノフピアノ協奏曲3番をヴァレリア・ベルディアエフ指揮レニングラードPOと演奏
  • 1926 パリ社交界デビュー
  • 1927年:
    • 10月:ブラームスピアノ協奏曲2番をカール・ムック指揮ハンブルグ・フィルハーモニックと演奏
    • 11月:ベルリンのベートーヴェン・ホールで全ショパン・プログラムでリサイタル.批評家には不評.
    • 12月:「ハンブルグ号」でアメリカへ出発.
  • 1928年:
  • 1930年:ラフマニノフピアノ協奏曲3番をウィレム・メンゲルベルグ指揮ロンドン交響楽団と演奏
  • 1931年:ホロヴィッツ、ピアティゴルスキーミルシュテインピアノ三重奏デビュー
  • 1933年:トスカニーニ指揮ニューヨーク・フィルによるベートーヴェン連続演奏会
  • 1934年:
  • 1935年:
    • 1月:イギリス、アイルランド演奏旅行
    • 3月:トスカニーニ指揮NYPOとブラームスピアノ協奏曲1番演奏
  • 1936年:
    • 2月:ワルターとブラームスピアノ協奏曲1番を演奏
    • 9月:盲腸の手術を受ける.その後一回目の演奏活動停止して引退、隠遁.
  • 1937年:ヴェネツィアにて義姉ワリーの家で私的演奏会。
  • 1938年:
  • 1953年:ミネアポリスの演奏会後、大腸炎で入院.二回目の演奏会活動停止.
  • 1957年:
    • 1月16日:義父トスカニーニ死す。
    • 6月:22歳の長女ソニアが海岸でモーター・スクーターによる瀕死の重傷。録音活動停止。
  • 1962年:コロンビアに3年契約で移籍,最後の録音.これが1962年度のグラミー賞をとる*2
  • 1965年:12年ぶりにカーネギーホールで歴史的復帰演奏会.
  • 1966年:カーネギーホールで演奏会.
  • 1968年:CBSでTV・コンサートを録画.TV放送最初のクラシック・ピアノ・リサイタルとなる.
  • 1969年:ボストン・シンフォニー・ホールでのリサイタルを最後に演奏会から引退.三回目の演奏活動停止.1971年4月まで録音活動も停止.
  • 1974年:
  • 1978年:
    • 1月:オーマンディとNYPOとの協演でラフマニノフピアノ協奏曲3番を演奏(オーケストラ協演は25年ぶり).
    • 2月:ホワイトハウス(東の間)・リサイタル.このとき当時のアメリカ大統領カーターはホロヴィッツ氏は国宝ですと宣言.
  • 1979年9月:メータ指揮NYPOでラフマニノフの3番をNBC放送系で生放送(衛星でヨーロッパへも同時中継).
  • 1981年:メトロポリタン歌劇場リサイタル.
  • 1983年:来日
  • 1986年:モスクワにて演奏会.来日
  • 1989年:11月5日:アメリカ・ニューヨークで死去。享年86歳。

語録

ピアニストにはホモセクシュアルとユダヤ人と下手糞しかいない.→”There are three kinds of pianists: Jewish pianists, homosexual pianists, and bad pianists”
これで私が1番だ(ウィリアム・カペルの死に際して)

作品

  • カルメン幻想曲(編曲)
  • 星条旗よ永遠なれ(編曲)

その他

  • 世界中のピアニストから神様扱いされたちょっと尋常じゃない人。
  • 超絶技巧のテクニックを駆使した編曲家としても有名。
  • 彼の信奉者、追随者は後を経たず、ちょっと検索するといくらでも彼を称えたHPは出てくる。
  • 日本には1983年1986年に来日したが、1983年の初来日時は不調なことも手伝って、吉田秀和によって「ひびわれた骨董」なんて評された。

amazon:ホロヴィッツ

*1:サモリオヴィッチはロシアのしきたりに従って父の名サミュエルに由来

*2:一週間で12万枚のセール

新着ブログ: ホロヴィッツ