マクローリン展開

(サイエンス)
まくろーりんてんかい

マクローリン展開
 関導数y=f(x) の関数y^'=f^'(x) の導関数を2階導関数といい、f^''(x),\frac{d^2}{dx^2}f(x),y^",\frac{d^2y}{dx^2}
と表す。さらに2階導関数の導関 3階導関数といい、f^'''(x),\frac{d^3}{dx^3}f(x),y^"',\frac{d^3y}{dx^3} 表す。一般にn-1 階導関数をn 階導関数とf^n(x),\frac{d^n}{dx^n}f(x),y^n,\frac{d^ny}{dx^n}いいと表すf^n(x)y^n の表し方はn が大きいときも使う。
 高い階数の導関数を用いてテイラーの定理を呼ばれる次の定理を得られる[tex:a

マクローリン展開

(サイエンス)
まくろーりんてんかい

原点を中心としたテイラー展開。

リスト::数学関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ