マハタ

マハタ

(動植物)
まはた

ハタ科。
別名カンナギ。
真羽太。
本州周辺でもっともふつうのハタ。体長約1.5m。目の後下方に1〜2本の棘があり、後鼻孔が大きく、老成魚以外は体側に約7本の濃い褐色帯がある。
魚類やエビ、カニ類などを食べる。
ハタ類の養殖は難しいとされていたが、それは、親類の育成と成熟が難しいことと、魚食性の強い種であり稚魚の共食いしてしまうことなどによった。近年では養殖技術が進歩してきているようだ。

新着ブログ: マハタ