ムーアの法則

(コンピュータ)
むーあのほうそく

Intelの共同創設者、ゴードン・ムーアが1965年に提唱した『半導体チップの集積度は、およそ18カ月で2倍になる』という法則。

転じて、コンピュータのCPUの性能は18ヶ月で2倍の性能になる、という意味で用いられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ