モンテスキュー

(社会)
もんてすきゅー

フランスの法律家、1689〜1755。1725年に高等法院長を辞してのちヨーロッパ各地を旅行し、そのあと著述に専念、啓蒙精神に基づく『法の精神』(;→三権分立を主張)、大胆な社会批判の風刺小説;『ペルシア人への手紙』などを書いた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ