封建社会

(社会)
ほうけんしゃかい

封建制下にある社会。
いわゆる近代社会(あるいは古代社会)に対して、中世の社会を漠然と指す語として使われることもある。
この場合の「イメージ」としては、奴隷制度の古代社会、万人が権利上は平等な市民社会としての近代社会に対しての、封建的特権とか従士契約とか恩貸地制とか農奴とか「御恩と奉公」とかが存在する社会、という位置づけであると思われる。

厳密を期すのであれば、封建制度が普及し、それが社会の実相を規定している必要があると思われるが、そこまで実際の研究がなされている場合ばかりでもないので話としては存外難しい。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ