ラ・ジュテ

(映画)
らじゅて

La jet�e

  • 1962年|フランス|モノクロ|28分|画面比:1.66:1

概要

第三次世界大戦後のパリ。戦争を生き延びたわずかな人々は勝者の支配層と、敗者の奴隷に分かれて地下で暮らしていた。奴隷を使った人体実験によって科学者達は時間旅行を試みるが、ことごとく失敗し、被験者は廃人か死人となってしまう。だが少年時代にオルリー空港で見た女という記憶に取りつかれた男だけは成功し、正常なまま無事に帰還する。幾度も繰り返される時間旅行により、遂に男は女と再会を果たすが。
ナレーションを乗せてモノクロ写真を連続して映し出す「フォトロマン」という手法で描かれた、時間と記憶を巡るSF映画。映像作家、写真家のクリス・マルケルの代表作。

トリビア

  • 劇中にワンシーンのみ数秒動画の部分がある。
  • 東京の新宿・歌舞伎町に「ラ・ジュテ」というバーがあり、映画ファンが集まる場所となっている。
  • 映画「12モンキーズ」はこの映画の長編リメイク。

DVD予告編

本編

関連作品


ラ・ジュテ -HDニューマスター版- [DVD]

ラ・ジュテ -HDニューマスター版- [DVD]

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ