ヴィアティン三重

(スポーツ)
う゛ぃあてぃんみえ

桑名市・四日市市を中心とする三重県全域を本拠地とするサッカークラブ。
運営法人は株式会社ヴィアティン三重ファミリークラブ
2012年、Jリーグ百年構想の趣旨に賛同するサッカークラブ「ヴィアティンFC」として設された。三重県サッカーリーグに参加。
2013年、チーム名を「ヴィアティン桑名」に変更。J3リーグ参入を目指し、Jリーグ準加盟を申請したが、受理されなかった。
2014年、三重県リーグ1部で優勝。東海社会人サッカートーナメント大会Bブロックでも優勝し、東海社会人サッカーリーグ2部昇格を果たした。
2015年よりチーム名を「ヴィアティン三重」と改称。東海リーグ2部で優勝し、1部昇格を果たした。
2016年は東海リーグ1部でFC刈谷、鈴鹿アンリミテッドFCに次ぐ3位に終わったものの、全国社会人サッカー選手権大会では3位に入り、全国地域サッカーチャンピオンズリーグの出場権を獲得。全国地域サッカーチャンピオンズリーグでは、FC今治に次ぐ2位に入り、日本フットボールリーグ(JFL)昇格を決めた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ