三豊市

三豊市

(地理)
みとよし

香川県三豊市は、香川県西部にある地方自治体。
2006年1月1日、三豊郡仁尾町高瀬町豊中町山本町財田町詫間町三野町の新設合併により誕生。新市名は、各町が所属した三豊郡から。これにより三豊郡は消滅した。
面積は222.66km²、人口は69,330人*1 *2
北東部は象頭山(琴平町)、大麻山、弥谷山などに接し、南東部は讃岐山脈の中蓮寺峰、若狭峰、猪ノ鼻峠、六地蔵峠などを境に徳島県に接している。北西部は、瀬戸内海に突き出た荘内半島があり、その南部には、砂浜の海岸線が続いており、粟島、志々島、蔦島などの島嶼部もみられる。中央部には三豊平野が広がり、東部から西部に向かって財田川、東部から北部に向かって高瀬川などの河川が流れ、豊かな田園地帯を形成している。また、三豊平野にはため池が多数点在し、新市の地勢の大きな特色となっている。

全国地方公共団体コード(市町村コード)

37208-1

*1:2014年3月1日現在

*2:高松市、丸亀市に次いで県内第3位

ネットの話題: 三豊市

人気

新着

新着ブログ: 三豊市