Hatena Blog Tags

上田義彦

(アート)
うえだよしひこ
  • 写真家

1980年代より広告を中心に活躍。サントリーのウーロン茶、伊右衛門、無印良品、資生堂の広告など。
妻は女優の桐島かれん。2006年には妻と子供たちを13年間撮り続けた写真集「at Home」を出版した。
写真家の小泉佳春がアシスタントをつとめていた。
関連語 リスト::写真家

写真集

上田義彦写真集 at Home

上田義彦写真集 at Home

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

『椿の庭』(2020年/128分/日本/監督・脚本・撮影・編集:上田義彦/出演:富司純子富司純子・シム・ウンギョン・鈴木京香・チャン・チェン/公開2021年4月)映画の中心は、そうした一つひとつの家具、これが本当に素晴らしい。また部屋のしつらえ、配置なども。そして季節が変わるごとに表情を変える庭。気がつけば、富司純子演じる絹子さんもまたその一つとなって見つめられ、消えていく。対照的なのは孫娘の渚のシム・ウンギョン。枯れて消えていく家と庭と絹子さん、それに巻き込まれていくかに見えながらそこからすっくと立ちあ

映画の備忘録 7月6日 『椿の庭』(2020年/128分/日本/監督・脚本・撮影・編集:上田義彦/出演:富司純子富司純子・シム・ウンギョン・鈴木京香・チャン・チェン/公開2021年4月) 最初の5分みて、ラストまでもつかな?と思った。写真家らしいという言い方が適切かどうかわからないが、かなり思い入れのある映像が続いたからだ。 庭に椿が咲き誇る一軒家。長年連れ添った夫を亡くした絹子は、夫と子どもたちとの思い出が詰まったその家で娘の忘れ形見である孫娘の渚と暮らしていた。夫の四十九日を終えたばかりの春の朝、世話していた金魚が死んでしまう。金魚は椿の花で体を包まれ、庭の土へと還っていった。庭に咲く色と…