八百比丘尼

八百比丘尼

(一般)
はっぴゃくびくにやおびくに

人寿800歳に達したとされる長命の比丘尼のこと。人魚の肉など特に変わったものを食べたため、娘の姿のまま老いることなく八百歳まで生存したという比丘尼の話。

全国を旅したという伝説が各地に残っている。若狭(わかさ)国小浜に結びつけて説くものが多い。

新着ブログ: 八百比丘尼