刻印

(一般)
こくいん

マーキング(刻印)は、おそらく人類が所有と言う概念を確立したときにはじまり、その後、単純に“印す”という意味合いから、現在では、生産者の製造物責任を問う社会的意識の高まりや、環境保全や資源の有効活用(リサイクル)の必要性から、トレーサビリティ(製造履歴管理)のための工業用マーキング(刻印)へとその意味合いを変化させてきました。

製品の性能面ではマーキングは不要なものですが、とりわけ品質管理面で必要不可欠なものとなってきており、近年マーキング(刻印)の需要は増加傾向にあります。

腕時計・カメラなどの高価な製品には、品質保証の証として古くからマーキング(刻印)されていました。また、公共料金徴収に関わる機器類(ガス・水道・電気メータ)にも必ず個別管理用の偽造できない特殊なマーキングが使用されています。

出展:THEマーキングより(http://www.kokuinki.jp

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ