創世記

(読書)
そうせいき

Genesis(英)


旧約聖書の「はじめに」の部分。モーセが著者とされる「モーセ五書」の一。

天地創造神話からスタートし、アダムとイヴと楽園喪失と、ノアの方舟、カインとアベル、バベルの塔などが語られ、アブラハムイサクヤコブといった族長たちの物語が続き、最後にヨセフ(ヤコブ/イスラエルの末子)の物語で終わる。
ヨセフの子孫はエジプトで奴隷の境遇となり、次のパートの出エジプトを迎えることになる。

創世記→→出エジプト記

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ