北海道&東日本パス

(地理)
ほっかいどうあんどひがしにほんぱす

青春18きっぷと同じように、普通(快速も含む)列車の普通車に乗り放題の特別企画乗車券。
7日間*1で10,850円だが、2008年春季に限り9,500円で販売。

青春18きっぷとの違い

  1. 利用可能範囲はJR北海道、JR東日本(東京メトロ千代田線の北千住〜綾瀬間についてもJR常磐線と見なして利用できる)及び、IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・北越急行の全線。*2
  2. 青森−札幌間の急行「はまなす」は、実際に利用する区間の急行券(必要なら座席指定券・寝台券)を別途購入することで利用出来た*3
  3. 青森−函館間に限り、特急列車の自由席は実際に利用する区間の自由席特急券を別途購入するだけで利用出来。うち、蟹田−木古内間の停車駅相互間のみを利用する場合に限り、青春18きっぷと同様に本券のみで利用でき、追加料金は不要。
  4. パスの本券のみで青森−新青森間の特急列車の自由席を利用することはできない(青森−新青森間の普通乗車券が別途必要)。
  5. 7日間バラバラで使えず、連続7日間でしか使えない。
  6. パスの本券は直接自動改札機に通すことが可能。
  7. ユースホステルの優待割引特典が付いている。

*1:2010年春季までは5日間であった。

*2:かつては富士急行も利用できたが(「フジサン特急」を利用する場合、特急料金が不要となる富士山駅〜河口湖駅間のみ利用する場合以外は、別途特急券が必要。)、2016年春季から利用できなくなった。

*3:2010年春季までは、自由席利用に限りパスの本券のみで利用でき、別途料金がかからなかった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ