十八史略

(読書)
じゅうはっしりゃく

中国史の簡略な歴史書。中国史の始まりである史記から宋代までを扱う。
十七史に宋史を加えて十八史とし、それをダイジェスト版でまとめたもの*1
もともとは元代の曾先之が編んだ2巻本。これに明代に注釈が加えられ、7巻本となった。

*1:もっとも、ソースに関しては正史以外にも拠っていることが判明しているが

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ