原始仏教

(一般)
げんしぶっきょう

釈迦の死後およそ100年から200年間までの間の初期の仏教のこと。別名として初期仏教。
現在では上座部仏教(テーラワーダ仏教)がその直接の流れを受け継ぐ。

参考: 初期仏教 - Wikipedia

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ