Hatena Blog Tags

吉井勇

(読書)
よしいいさむ

歌人、劇作家。
明治19年(1886)東京生まれ。早稲田大学中退。
明治38年「東京新詩社」に加わり、「明星」に歌を発表。やがて「東京新詩社」を脱退し、北原白秋らと「パンの会」を結成し、耽美派文学の一翼として多彩な活動を展開。明治42年に森鴎外監修のもと、石川啄木らと「スバル」を創刊し、編集にあたる。翌年、第一歌集「酒ほがひ」を刊行して歌壇的な地位を得、以後「昨日まで」「祇園歌集」「人間経」など多くの歌集を出版した。
一方、新劇運動に刺激され、「スバル」に戯曲「午後三時」を掲載して、劇作家としての出発をとげ、「夢介と僧と」「狂芸人」等ぞくぞくと戯曲を発表。歌業を中核として、戯曲、小説、随筆、歌謡と幅広いジャンルにわたった活動を続け、多くの著作を残した。
昭和23年からは歌会始の選者を務め、昭和35年(1960)74歳で死去。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

富士を詠んだ短歌3  富士颪(おろし)ひょうぎょうと吹き凍りたる湖(うみ)のもなかに波青くあがる 前田夕暮  不二ヶ嶺はいただき白く積む雪の雪炎(せつえん)たてり真澄む後空(あとぞら) 北原白秋  しづけさは湖(うみ)にうつれる富士のかげ一鳥(いってう)飛ばず一魚踊らず 吉井勇  富士の嶺の上に到るやただに消ゆるうすべに色に雲のいくひら 若山喜志子  富士ヶ嶺は奇(くし)びの山か低山(ひきやま)の暮れ入る時を赤富士と燃ゆ 吉野秀雄

5月5日子供の日は,稲村ヶ崎まで行って来ました. 一番近いのは江ノ電稲村ヶ崎駅ですが,鎌倉高校前で降りて,海を見ながらの散歩. 鎌倉高校前で降りると,さすが連休,浜には人も多く出ていました.中国・韓国の若者にとても人気のスポットになっています.スラムダンクの影響も大と聞いています. 七里ヶ浜からは,江の島と小動岬の間の海の向こうに,富士山がきれいに見えました. 浜の一番奥には,砂浜に咲く花々も. 七里ヶ浜から稲村ヶ崎の間は砂浜はほとんどなくなり,岩場が主,というより道路ギリギリまで海があると言った方が良いかもしれません. 稲村ヶ崎は,公園になっていて(鎌倉海浜公園稲村ヶ崎地区),富士山を見る絶…