吾妻線

(地理)
あがつません

吾妻線は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線で、渋川駅〜大前駅間(55.3km*1)を結ぶ全線電化・単線の路線。

歴史

元々は草津近辺の硫化鉄鉱の採掘のため、渋川〜長野原(現:長野原草津口/群馬県嬬恋村)〜太子(群馬県六合村)間が1945年に開業。*2ただし戦時中に強引に開山したために鉄鉱石の品位が低く、1960年代に閉山。そのため長野原〜太子間は存在の意義を失い1970年に廃止。
道の緩やかな大津回りの新国道292号線が建設され、草津へのメインルートがこちらになると、長野原線のルートも西寄りに変更され、長野原〜万座・鹿沢口〜大前間の開業に伴い、名称も「吾妻線」に変更された。
「日本一短いトンネル」である樽沢トンネル(7.2m)があることでも知られていた。しかし、川原湯温泉駅(長野原町)とその前後の区間が八ッ場ダムの建設で水没する*3ことから、水没範囲を含む岩島駅〜川原湯温泉駅〜長野原草津口駅間の約10kmを新しいルートの線路に付け替え、樽沢トンネルは2014年9月24日の最終列車をもって使用が中止された。

概要

全通は1971年3月7日。
渋川駅〜大前駅間を全通する列車は、1日あたり下りが4本・上りが5本しかなく、半数以上の列車が、大前駅の1つ手前にある万座・鹿沢口駅で折り返す。

優等列車

長野原線時代から草津方面への観光列車が運転され、非電化時代は蒸気機関車が80系電車を牽引、電化後は急行・特急列車、現在は185系電車が上野〜万座・鹿沢口間に運転されている。

駅一覧

駅名 よみ
“えき”は略
渋川駅 しぶかわ
金島駅 かなしま
祖母島駅 うばしま
小野上駅 おのがみ
小野上温泉駅 おのがみおんせん
市城駅 いちしろ
中之条駅 なかのじょう
群馬原町駅 ぐんまはらまち
郷原駅 ごうばら
矢倉駅 やぐら
岩島駅 いわしま
川原湯温泉駅 かわらゆおんせん
長野原草津口駅 ながのはらくさつぐち
群馬大津駅 ぐんまおおつ
羽根尾駅 はねお
袋倉駅 ふくろぐら
万座・鹿沢口駅 まんざ・かざわぐち
大前駅 おおまえ


リスト::鉄道路線

*1:2014年9月30日までは55.6km

*2:旧国道292号は太子周りで草津に向かっている。なお長野原線は、ほぼ旧国道292号線に沿っていた。

*3:ただし、樽沢トンネル自体は水没区間には含まれていない

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ