呉班

呉班

(社会)
ごはん

三国時代蜀漢の人物。字(あざな)は元雄。後漢大将軍何進に仕えた呉匡の子。呉懿の族弟。

劉備に仕え領軍となった。夷陵の戦いでは馮習と共に孫呉の将の李異・劉阿らの軍勢を撃破し、陳式と共に水軍を率いた。

劉禅の代にも重用され、諸葛亮北伐を開始した時、これに従軍して曹魏司馬懿の軍を破り、また魏延に従い高翔と共に曹魏の歴戦の老将軍張郃の軍勢を撃破するなど、大いに活躍した。

官職は呉懿に次ぐ地位にあり、次第に昇進して驃騎将軍・仮使節となり、緜竹侯に封じられた。性格は男伊達であったという。

三国志演義』では計略にかかって矢を受けて戦死しているが、創作である。

リスト::三国志関連

新着ブログ: 呉班