太陽黒点

(サイエンス)
たいようこくてん

[英] sunspot
太陽黒点とは、太陽の表面に観察される黒く見える点のことであり、周囲(約6000℃)より温度が低く(約4000℃)、周囲よりも弱い光なので黒く見える。単に黒点とも呼ぶ。
太陽黒点は、約9.5〜11年毎に増減を繰り返しており、発生原因は太陽の磁場であると考えられているが、この活動変動は地球の気候環境にも影響を与えているとされる。
また、太陽黒点は太陽の自転とともに東から西へ移動することが知られており、1ヶ月ほど存在する寿命の長いものがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ