孫尚香

(読書)
そんしょうこう

孫堅の娘、孫策・孫権の妹に当たる。三国志の孫夫人。
「尚香」の名は史書にはなく、これは後世の京劇で創作されたものである。「三国志演義」では、名は仁、としているが、これは孫堅の庶子・孫朗の別名からとったものである。
政略結婚で劉備に嫁いだ。兄に似て剛勇なところがあり、いつも侍女に刀を持たせて側に置いていたので劉備はいつも恐れていたという。
また、弓腰姫の異名でも知られる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ