宇美八幡宮

(地理)
うみはちまんぐう

福岡県粕屋郡宇美町にある神社。八幡宮の一つ。

祭神は、応神天皇、神功皇后、玉依姫命、住吉大神、伊弉冉尊、以上の五柱。別表神社。

当地は応神天皇の出生の地であるとされ、古くより安産の信仰がある。境内の巨樟は「衣掛の森」「湯蓋の森」と呼ばれるが、その呼び名は神功皇后とその御子応神天皇の出生伝説と関連があるとされる。

福岡の人たちは、妊娠五ヶ月目の戌の日の安産祈願を当宮で行うことが多い。

周辺

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ