安藤美姫

安藤美姫

(スポーツ)
あんどうみき

元フィギュアスケート選手(女子シングル)。世界フィギュア2011 金メダル。
愛称は「ミキティ*1「アンミキ」
2002年12月、ISUジュニアグランプリファイナルにてISU公式戦で女子シングル史上初の4回転サルコウジャンプに成功した。
女子シングルの選手としてISU公式戦において四回転ジャンプを成功させたのは、世界でも安藤美姫ただひとりである(2011年5月現在)

2006年トリノオリンピックは15位と不本意な成績に終る。
2006-2007シーズン、コーチをニコライ・モロゾフに変え、世界選手権初優勝を果たす。
2007-2008シーズンは肩の故障などで不調が続き、世界選手権ではフリースケーティング途中で異例の棄権に終わった。
2010年 バンクーバーオリンピック5位入賞。
2010-2011シーズンは6年ぶり3度目の全日本選手権優勝、四大陸選手権で女子シングル史上4人目の200点越えを達成、4年ぶり2度目の世界選手権優勝。
2011年5月時点では、ISU World Standings 1位。
2011-12年シーズングランプリ(GP)シリーズは欠場。
2013年1月1日、トヨタ自動車を退社。
2013年4月に第一子となる女児を出産。
2013年12月、第82回全日本フィギュアスケート選手権において7位に終わり、ソチオリンピックの出場権を獲得できなかったことを受けて、現役引退を表明。

Profile

生年月日
1987年12月18日
出身地
愛知県名古屋市
身長
1m61cm
体重
49kg
所属
トヨタ自動車→新横浜プリンスクラブ

プログラム

SP FS EX
2010/2011 Thunder Broken Sorrow Egyptian in the Night
演奏:ナッシン・バット・ストリングス
振付:ニコライ・モロゾフ
ピアノ協奏曲 イ短調
作曲:エドヴァルド・グリーグ
振付:ニコライ・モロゾフ

主な成績

2002-2003 全日本フィギュアスケートジュニア選手権 優勝
ISUジュニアグランプリファイナル 3位
全日本フィギュアスケート選手権 5位
世界ジュニアフィギュアスケート選手権 2位
2003-2004 全日本フィギュアスケートジュニア選手権 優勝
ISUジュニアグランプリファイナル 優勝
全日本フィギュアスケート選手権 優勝
世界ジュニアフィギュアスケート選手権 優勝
世界フィギュアスケート選手権 4位
2004-2005 全日本フィギュアスケート選手権 優勝
ISUグランプリファイナル 4位
世界フィギュアスケート選手権 6位
2005-2006 ISUグランプリファイナル 4位
全日本フィギュアスケート選手権 6位
トリノオリンピック 15位
2006-2007 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ 優勝
ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯 2位
ISUグランプリファイナル 5位
全日本フィギュアスケート選手権 2位
世界フィギュアスケート選手権 優勝
2007-2008 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ 2位
ISUグランプリシリーズ NHK杯 4位
全日本フィギュアスケート選手権 2位
四大陸フィギュアスケート選手権 3位
世界フィギュアスケート選手権 棄権
2008-2009 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ 3位
ISUグランプリシリーズ スケートカナダ 2位
ISUグランプリファイナル 6位
全日本フィギュアスケート選手権 3位
世界フィギュアスケート選手権 3位
2009-2010 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯 優勝
ISUグランプリシリーズ NHK杯 優勝
ISUグランプリファイナル 2位
全日本フィギュアスケート選手権 4位
バンクーバーオリンピック 5位
世界フィギュアスケート選手権 4位
2010-2011 ISUグランプリシリーズ 中国杯 優勝
ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯 優勝
ISUグランプリファイナル 5位
全日本フィギュアスケート選手権 優勝
四大陸フィギュアスケート選手権 優勝
世界フィギュアスケート選手権 優勝

その他エピソード

「トリビアの種」で1000回転したが、目を回さなかった。
生年月日が同じである歌手の絢香と親交が深い。

書籍

空に向かって

空に向かって

安藤美姫物語-I believe- (KC デザート)

安藤美姫物語-I believe- (KC デザート)

*1:元々はモーニング娘。・藤本美貴の「美貴」+ハローキティの「キティ」で、藤本美貴の愛称だが、マスコミによって普及した。

ネットの話題: 安藤美姫

人気

新着

新着ブログ: 安藤美姫